得するコト得するコト
まめ知識 2017.04.19

一日に摂っていい塩分ってどれくらい?『塩分量の正しい知識を知ろう』

わたしたちの体は水分で6割構成されています。その水分は汗や尿となって排出されますが、一緒にミネラルなども排出されてしまうので、日々「塩分」を摂取することは必要なのです。
でも摂りすぎてしまうと、むくみや高血圧、心疾患につながることもあります。いったいどれくらいの塩分を摂っていいのでしょうか。1日に摂っても良い塩分量についてしっかり基礎知識をつけて、健康な食卓も意識していきましょう。
一日に摂っていい塩分ってどれくらい?『塩分量の正しい知識を知ろう』スプーンにすくわれた塩

わたしたちは摂りすぎている?-『塩分量の正しい知識を知ろう』

塩分を摂り過ぎるとあなたがむくみ、心疾患や脳梗塞などを引き起こす確率が上がっていきます。
しかし、一口に「減塩しましょう!」と言っても、「何グラム以下にするのが良いのか」を知らなければ行動のしようがありません。
この上限値、日本では厚生労働省が規定しています。それに対して日本人が一日に摂っている塩分の平均値は、それを上回っているのが現状です。

一日に摂取して良い塩分量とは

塩分などの目標量は厚労省の「日本人の食事摂取基準」という資料に記載されています。
成人男性:8g未満
成人女性:7g未満
高血圧患者:6g未満

この「日本人の食事摂取基準」は5年に一度改定されており、減塩の必要性は年々強くなっていっているようです。

実際どれくらい摂っているのか-『塩分量の正しい知識を知ろう』

厚労省の「平成24年 国民健康・栄養調査」を見ると、日本人の塩分の平均摂取量は
【男性:11.3g】
【女性:9.6g】

となっています。

つまり2015年改訂版を基準に考えると、平均値から【男性では3.3g】【女性では2.6g】の減塩が必要になるのです。

さらに厳しいガイドラインも-『塩分量の正しい知識を知ろう』

WHO(世界保健機関)が2013年1月31日に発表した新ガイドラインでは、一日に摂取する塩分の目標値はなんと【5g未満】とされています。

また日本高血圧学会では減塩目標を【1日6g未満】としていますが、これは「血圧が正常な人では6g未満にしなくても良いという意味ではない」と警告をしています。

日本では2016年時点で【成人男性:一日8g未満】【成人女性:7g未満】と定められていますが、これは「平均摂取量が9.6~11.3gの人たちが一気に6g以下にするのは無理だろう」ということで暫定的に決められたものであって、そこがゴールではないとのことです。
健康のためにこの【6g未満】や【5g未満(WHO)】に合わせていくと、およそ今平均の半分にしなければなりません。

目標量が設定されているとはいえ、今現状の摂取量から急に半分にするというのは結構無理な話ですよね。やっぱり食事はある程度塩分があるからこそ美味しく感じられるもの。
美味しく感じられないと、食事が楽しくなりません。
大切なのは、目標に向かって減塩を意識するということ。
どれもこれも薄味にするのではなく、味にメリハリをつけていくと上手に減塩はじめられますよ。

参考記事:一日に摂っていい塩分ってどれくらい?抑えるべき塩分の上限値

文/Dr.Note
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

その他のおすすめ記事

管理栄養士直伝!『理想的な朝ごはん』のすすめ

管理栄養士直伝!『理想的な朝ごはん』のすすめ

日中の食欲を抑えてくれる?『朝ごはんがもたらす効果』

日中の食欲を抑えてくれる?『朝ごはんがもたらす効果』

朝にやること『いつもの食事にプラスαでダイエットの近道に』

朝にやること『いつもの食事にプラスαでダイエットの近道に』

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

コメント

  1. Dillanger より:

    Your post has lieftd the level of debate

コメント欄


人気の記事

2022.01.26

味が簡単に決まる!『ランチョンミートのミネストローネ』

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

編集部おすすめ記事

2022.01.25

袋で簡単!『味噌ヨーグルト床』

2022.01.25

甘辛で美味しい!『長ネギとトッポギの炒め煮』

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類