知るコト知るコト
新しいコト 2016.04.14

泣くことでリラックスできる『涙活で心のデトックス』

最近、いつ本気で涙しましたか?
実は涙を流すことには、ストレス解消や癒やしの効果があり、その効果は「眠る」ことと同じだと言われています。
おすすめの泣き方や涙の成分についての豆知識まで話題の『涙活』についてご紹介します。

思い切って泣いてみよう

誰かがいると無防備に泣けませんが、ひとりならば思い切って泣いてみましょう。
日頃のストレスや我慢していたこと、泣くことで解消できるかもしれません。思い切り泣くためのひとり時間をあえてつくってみることで意外とスッキリできるのです。では、なぜ泣くことで気持ちがすっきりするのでしょうか。そのメカニズムをご紹介します。

涙にも種類がある

涙には、色んな種類があります。
ドライアイ防止などの眼球を保護するために流される“基礎分泌の涙”、玉ねぎを切った時や眼にゴミが入った時に流れる“刺激性の涙”、そして、悲しみや感動で流す“情動の涙”です。
ストレス解消に効果があるのは、この中の“情動の涙”なのだそう。
つまり、玉ねぎで泣いてもストレスは一向に解消されないのです。

気持ちも違えば涙の味も違う

涙の成分の98%水分です。
残りの2%は、タンパク質やナトリウム、リン酸塩などです。

悔しい時や怒りからくる涙には、ナトリウムを多く含みしょっぱく感じます。悔し涙がしょっぱいとは理にかなっているのです。
そして、悲しい時・嬉しい時の涙は、水っぽく甘く感じるのだそうです。
d07433943c2e7432c94dc985f4d2fd60_s

泣くことは眠ることと同じ!?

自分の意志とは関係ないところではたらく自律神経。
自律神経には、昼間の活動している時に優位になる“交感神経”と、眠っている時やリラックス時に優位になる“副交感神経”からなります。
ストレスを感じた時は、この交感神経が極端な緊張状態になっており、リラックスができない状態が続きます。
つまり、ストレス解消で一番分かりやすいのは、眠ってしまうこと(勝手に副交感神経にスイッチが切り替わる)ですが、睡眠以外に、勝手にスイッチが切り替わるただ一つの方法が、実は“泣く”ことなのです。
前述のとおり、ただ涙を流すのではなく、“情動の涙”を流すことが重要です。

笑うよりも泣くほうがいいときも

医学的に見てストレス解消にも免疫力UPにも、笑うよりも泣くことの方が効果が高いと言われています。
ただし、効果の違いは多少あるようで、笑うと「元気が出る」感じ、泣くと「すっきりする」感じなのだそうです。
ただ泣いてばかりもいられない!という人は「笑う」と「泣く」を上手に使い分けるのがベストですね。

涙活で泣く時のポイント

涙の量は関係ない

ストレスMAXだからと言って長時間・大量に涙を流す必要はありません!
涙が少しでも出たら副交感神経にスイッチが切り替わった証拠なので、量は関係ないのです。

共感できる素材を見つける

“情動の涙”とは、共感によってもたらされるものです。
つまり自分のこれまでの人生における経験や考え方のツボにはまる感動映画や音楽などをもっておくといいですね。

無理に我慢しない

泣くのを我慢することは新たなストレスにつながります。
時には、プラス思考を捨てて「本当はこう思ってた」と向き合ってみましょう。
思うように感情を表に出せない人は、お風呂がおすすめですよ。
ぬるめのお湯にゆったり浸かって、上半身の力を抜き意識的に深呼吸を繰り返してみましょう。リラックス状態でより泣ける気持ちがアップします。

時には、人前で泣いてみる

少し心理学的な観点からのお話になりますが、
人目を気にせずに号泣できるということは抑制していた箍が外れている状態です。
これは、1人で泣くよりも発散度が高いようですよ。
とは言うものの人前で泣くのは難しいのであくまで極たまにそういう時があるといいかもしれませんね。

涙活に参加してみよう

一人で泣くより、時にはみんなで。一度、体験してみるのも良いかもしれません。
1か月に2~3分だけでも能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動。 離婚式プランナー寺井広樹氏が提唱。 泣ける映画・音楽・詩の朗読など毎回テーマを変えて 月に1~2度、「涙活」を開催しています。
www.ruikatsu.com

モヤモヤっとした気分の時は泣いてみましょう。
泣くのは負けではありません。受け入れないことのほうがきっと負けなのです。
さぁ、泣く準備はできましたか?

記事/Me times
Me times
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

2020.09.15

きのこをたっぷり使って満足度アップ!市販のソースで時短メニュー『きのこのペンネ』

2020.09.14

万能!具沢山の作り置き調味料『旨だれ』

2020.09.14

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2020.09.13

【食育のコト】新米を楽しもう!

編集部おすすめ記事

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

2020.09.08

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

2020.09.07

手こねでシンプル『フワあま!ちぎりパン』

2020.09.06

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』