得するコト得するコト
まめ知識 2016.04.14

気をつけたいお口の中のコト『知覚過敏にならないお口の作り方』

冷たいものを食べたときにキーンと染みる「知覚過敏」。
実は日本人の3人に1人が知覚過敏と言われています。その原因は毎日の歯磨きが間違っているからかもしれません。セルフチェックと正しい歯磨きの仕方を知って、予防対策していきましょう。

歯がしみたら、知覚過敏?

知覚過敏は、歯の内部の神経に刺激が伝わることで、染みたり、痛みを感じる症状です。
歯はエナメル質で覆われており、その内側に「象牙質」と呼ばれる歯の柔らかい部分があります。
通常はエナメル質で覆われていますが、エナメル質がはがれたり、歯周病などで歯茎が下がってしまったりすると、象牙質が露出し、歯の神経に直接刺激が伝わる原因となるのです。

セルフチェックをしてみましょう

歯がしみる症状は、3人に1人は悩まされる症状でもあります。ご自身の症状をチェックしてみましょう。
下記項目のうち、一つでも当てはまると知覚過敏の疑いがあります。

・冷たいものや熱いもので歯がしみる
・歯ブラシの毛先が当たるとしみる
・酸っぱいものや甘いもの歯がしみる
・歯肉が下がって歯の根元が露出している
・しみる痛みは、10秒以内で治まる
・歯ぎしりをすることがある
・冷たい風をあてたときに歯がしみる

虫歯?知覚過敏?違いは痛みの持続時間

虫歯と知覚過敏は、症状がとても似ています。大きな違いは、知覚過敏の痛みは10秒以内で治まるのに対し、虫歯は慢性的•持続的に痛み続くこと。
虫歯と知覚過敏は治療法が違いますので、症状が悪化する前に歯医者さんで検査と診断をしてもらいましょう。

自宅でできる知覚過敏の予防法

知覚過敏は、歯磨きの習慣とグッズを変えることで、自宅でも予防や対策が可能です。

1.柔らかい歯ブラシで優しく磨く

歯ブラシの硬さは柔らかいものを選び、優しく磨きましょう。
エナメル質は本来とても硬いものですが、少しずつ小さな傷がつき削れてしまう可能性があるのです。
歯に溜まった「歯垢」はエナメル質を溶かす恐れもあるので、歯と歯の間、歯と歯茎の間を丁寧に磨きましょう。

2.研磨剤の配合率が低い歯磨き粉を選ぶ

歯磨き粉の選び方にも注意しましょう。
歯磨き粉には「研磨剤」が配合されているものがほとんどで、長期的に大量の歯磨き粉を使用しているとエナメル質が削れてしまいます。
パッケージに低研磨・無研磨と書いてある物を選びましょう。

また、「知覚過敏防止歯磨き粉」という歯磨き粉もおすすめです。象牙質の細い管をふさぐ成分によって、刺激が神経(歯髄)に伝わりにくくなります。正しく歯磨きをすると、1~2週間で症状がよくなることがあります。

歯科衛生士さんからのひとこと

1〜2週間で治らない場合には、知覚過敏だと思ったら虫歯だったというケースや、歯のくびれを埋めるなどの治療やマウスピースが必要になるケースがあるので、歯医者へ行くことをおすすめします。

意外とほったらかしになりがちなお口の中。悪くなってからではなく、日頃からお口の中にも気を使ってあげたいですね。

文/Dr.Note
参考記事:世の中の3人に1人が知覚過敏?簡単診断と予防法!
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2021.05.28

和えるだけ!生で食べて栄養たっぷり『新玉ねぎのおかかサラダ』

2021.05.27

手作りの味は格別『生いちごのマシュマロ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類