知るコト知るコト
新しいコト 2016.04.19

笑う門には福来たる!内臓心理学からみる『ただ笑うだけで得られる効果』

「笑う門には福来たる」
辛い時の対処法。それは、まず笑ってみること。つらい時こそ無理やりにでも笑うことで体の内側(内臓)から元気になっていくのです。でも難しいことよりもまずは、単純に笑ってみることをおすすめします。

内臓が感情を作り出す”内臓心理学”の考え方

普通、「人は悲しい時に涙が出てくる」と考えられています。
しかし、心理学者のジェームスとランゲはこれと逆の「人は、悲しいことがあったとき、涙を流していることに気が付いた途端に悲しみが増して号泣する」という説を唱えました。

例えば、悲しみでなくても
「相手を殴るとさらに怒りが増す」
「面白くなくても、周囲が笑うと面白くなってくる」
というように内臓からの情報が人間の感情を作り出すんだとか。

ですから、辛い時こそ笑うことで、本当に笑えるようにるのでしょう。
笑ってるうちに悩んでることがちっぽけなことだと思えるようになるかもしれません。
ec69f157b15029200ef635e83d717ec1

顔だけでもまず、笑ってみて

辛い時、どん底な時こそ、無理やり口角を上げて「ははは」と声に出して笑ってみてください。
これには即効性があり、ネガティブな思考回路が一瞬ぷちっと切れます。
ということは、自発的に笑いを繰り返すことでネガティブな思考回路が減ってくる効果があるのです。

笑うことで得られる効果

1. 免疫力UP

笑うって健康にも良いことが証明されています!
NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化されるのことで、免疫力が上がるんだそう。
具体的には、がん細胞や風邪などのウイルスを撃退してくれるそうです。

2. 血行促進

思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態。体内に酸素がたくさん取り込まれるため、血のめぐりがよくなって新陳代謝も活発になります。
引用: www.sawai.co.jp

3. 脳の働きが活性化

脳の海馬は、新しいことを学習するときに働く器官。笑うとその容量が増えて、記憶力がアップします。また、”笑い”によって脳波のなかでもアルファ波が増えて脳がリラックスするほか、意志や理性をつかさどる大脳新皮質に流れる血液量が増加するため、脳の働きが活発になります。
引用: www.sawai.co.jp

4. 可愛くなれる

いつも笑顔の女性って不思議と愛着が湧きやすくて可愛く見えたりしますよね。
目指せ!笑顔美人!

笑いは伝染する

家族や友人、恋人が笑っていると何故だか自分も笑ってしまったりしますよね。
ひとりで笑うもよしですが、皆で笑うのも笑いの力が大いに働くのでおすすめです♪
お笑いライブに行ってみるのもいいかもしれませんね。

笑うだけで、心も体も元気になれますよね。
『辛いときこそ笑う』ことで『笑う門には福来たる』です。
いつも笑顔でいる人って、輝いているように見えませんか?
内臓心理学的な対処法で、いつも笑顔の習慣、試してみてはいかがでしょうか。

記事/Me times
13020475_908061889304828_2064966987_n
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.22

ミキサーで混ぜて焼くだけ!『ブルーベリーヨーグルトケーキ』

2021.06.21

さわやかな辛みが癖になる『実山椒オイル』

2021.06.21

おうち時間を美味しくゆったり♪『旬の真蛸でもちもち鍋炊きおこわ』

2021.06.20

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

編集部おすすめ記事

2021.06.22

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2021.06.20

季節の手しごと『大葉ジェノベーゼ』

2021.06.20

夏を感じる!とっても美味しい『さっぱりチヂミ』

2021.06.19

ガーリック香る!『ホワイトポテトサラダ』

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』