得するコト得するコト
まめ知識 2016.04.27

こんな習慣が冷え性につながる『原因を知って冷え性からサヨナラしよう』

夏でも冬でも、手足が冷えやすいという悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。少しずつ暖かくなって、冷房のついた環境にいることが少しずつ増えてくるころ。なぜ、冷え性になってしまうのか、冷え性の原因にはどのようなものがあるのか、豆知識をご紹介します。

そもそもなぜカラダは冷えるのか

夏や冬、年中悩まされる冷え性はなぜ起こるのでしょうか?冷え性は主に、手足の毛細血管が収縮し、血行が悪くなることによって起こります。

私たちの身体には、寒さを感じると手足の毛細血管を細くして、外へ体温を逃がさないようにする機能があります。手足は冷たくなっても、身体の中心の温度を保とうとする、いわば防御システムが働くのです。
ところが、いつまでも血管が収縮していると、毛細血管に血液が行き渡らない状態が続くため、手足を中心に身体が冷たくなってしまうのです。これが冷え性の正体です。冷え症をまねく日常の行動や習慣には何があるのか、原因を探ってみましょう。

原因その1 食生活の乱れや偏食

冷え性には、食生活が関係すると言われています。例えば冷え性の人には、食事時間が不規則、外食が多い、食事の偏りが見られるといった共通点が指摘されています。

くわえて女性では、ダイエットによる食事制限や、それによる貧血も冷え性の原因として考えられるとされています。また、痩せ型の人は冷え症になりやすいとも報告されています。

原因その2 エアコン等の冷風や薄着

夏の冷え性の原因になるのが、クーラーなどによる冷房です。エアコンで体が冷えると、体温を逃がさないように交感神経が働いて血管を収縮させ、冷えなどの症状が起こると考えられています。

また、薄着も冷え性の原因になります。カーディガンやひざ掛けを携帯し、冷えへの対策をとりましょう。
1309daaf23f6e3c8e4a77039d67b34da_m

原因その3 運動不足と筋力の低下

運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くさせます。運動をすると血行が促進され、体温が上がるため、冷え性の改善に効果が期待できます。

また、筋肉量が少ないと熱エネルギーをつくる機能が低下して、冷えの原因になります。身体機能を上げるためにも日々の適度な運動を心掛けましょう。

原因その4 精神的ストレス

過度なストレスは交感神経を緊張させ、血管の収縮によって血流が悪くなることから、冷えが起こると考えられています。

ストレスをためないことが大切ですが、趣味などで心をリフレッシュする習慣をもうけ、ストレス解消に意識的にとりくみましょう。

原因その5 睡眠不足

睡眠不足でも自律神経が乱れ、血流の悪化などによって冷え性が起きてきます。

毎日最低限の睡眠時間を確保する、休日もできる限り睡眠サイクルを崩さないなど、自律神経を乱さないように注意しましょう。

原因その6 ホルモンバランスの崩れ

ストレスや過度なダイエットなどで、心身をコントロールするホルモンバランスが崩れると冷え性に影響する恐れがあります。

女性ホルモンが減ると、体温を調節している脳の視床下部にも影響して、手足の冷えにつながります。

原因その7 レイノー現象

冷え性には、病気が原因と考えられる場合があります。レイノー現象は、手足の先の血管が、急速かつ左右同時に収縮することでおきる現象です。一時的に血流が悪くなるため、指先の色が白くなり、次第に紫色から赤色へと変化するものです。

〈お医者さまからひとこと〉

レイノー現象は病気に伴って起こることがあり、若い女性にも発症の可能性が高い膠原病など、治療が必要な病気が隠れている可能性があります。冷えに加えて、このような色の変化がある場合は、病院で診察を受けることをおすすめします。

原因その8 自律神経失調症

代表的なものでは「突然立った時に立ちくらみがする」など、自律神経の機能が損なわれた状態が、自律神経障害(失調症)です。
冷え症は交感神経の緊張によって、末梢の血管が収縮し、血液の流れが悪くなっている状態とされています。そのため、病院で自律神経失調症といわれることがあるのです。

何か当てはまりそうのものはありましたか?
ひとくちに冷え性といってもその原因はさまざま。できることから見直して、豊かで健康的な毎日を過ごしていきましょうね。

文/Dr.Note
参考記事:要保存】冷え性の原因を全て紹介!冷え性の基礎知識
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

編集部おすすめ記事

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』