知るコト知るコト
家のコト 2017.03.31

本当に必要なものってなんだろう『持ち物を見直すシンプルライフのコツ』

「ミニマリスト」や「断捨離」といった言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。いま、ミニマリストといって、シンプルライフを目指す人が急増しています。これを機にあなたの持ち物を見直してみませんか。本当に必要なものが見えてくるかもしれません。

見直しから見えてくるコト―『持ち物を見直すシンプルライフのコツ』

目標は“自分が何を持っているのかすべて把握すること“です。
「え、それって当たり前じゃないの?」と思いますが、実はそうじゃないことの方が多いのです。
自分の部屋に何があるのか把握しきれていないことで、余計な収納スペースを使っていたり、いくつも同じものを買ってしまったり、だいぶ前に買った消耗品の使いかけがあったり…なんてことはありませんか?

持ち物の見直しを実践してみよう―『持ち物を見直すシンプルライフのコツ』

持ち物のカテゴリごとに見直しをかける方法もありますが、そうすると家の中を何回かひっくり返さないといけないことになり、「正直、面倒」という事態になり途中で心が折れかねません。
おすすめの見直し方法は、場所ごとに始めることがポイント。

“これからもよろしくね“する子=「取っておく物」
“今までありがとう”する子=「捨てる物」

を決めていく方法です。
キッチンくらいから始めて、クローゼットなどじっくり悩みたい場所は後半にゆっくり取り組むといいでしょう。

見直す場所を決めたら、まずはあきらかにゴミだとわかるもの、また使用期限が過ぎていたり中途半端に残ってしまったりしているものから手をつけていきましょう。
「いつか使うかも」「役に立つかも」と何ヵ月も手つかずの状態で放置しているものの8割は、はっきり言ってこの先も使いません!
さらっと捨ててしまいましょう。
本当に必要なものってなんだろう『持ち物を見直すシンプルライフのコツ』ゴミを捨てているところ

実用性+ココロにとっての必要性―『持ち物を見直すシンプルライフのコツ』

その作業が終わったら、いよいよ本格的な見直し作業に移ります。
自分の持ち物のうちいつもバッグの中にいれていたり毎日ふれていたりするようなものは、今回は対象外。
対象となるのは、普段つかっていないけどまだ使えるから置いてあるもの、身に着けないものです。それらが本当に自分にとって必要かを判断していくことが作業の中心となります。もちろん、実用性だけではなく自分の心のために必要かも重要な基準ですのでお忘れなく。
大切なことは、”納得して決断することと焦って捨てることは大きく違う”ということを忘れずに作業することです。

見直し手順―『持ち物を見直すシンプルライフのコツ』

1.見直すものの使用頻度を考える。

一ヵ月に1度以下のものをAグループ、そうでないものをBグループに分別。

2.Aグループのものを見直していく。

【ポイント】
所有欲を満たしているだけのものではないか、ものがあることによって安心しているだけではないか、ということを考えながら実際の使用シーンを想定して、とっておくか捨てるか判断するとよいでしょう。
使用シーンを想定することにつまってしまったものは、あなたの手を離れる時がきたものが大半です。
また「2か月待ってみて、それでも使わなかったら捨てる」という条件をつけるのもgood。

3.Bグループのものを見直していく。

【ポイント】
こちらは比較的使用頻度の高いものとなっています。
見直す上でのポイントはAグループと同様ですが、大胆さより少し慎重さをだしてみましょう。

4.お別れしようと判断したものを捨てるor売るorあげるか決め、実行。

最後の4が一番大切です。
せっかく分類したのにそのまま、なんてことにならないようにちょっとだけがんばりましょう。

持ち物を見直してみることは、単純に整理整頓ができるというメリットがあるだけではありません。見直しをかけるうえで

本当に自分の大切にしたいもの、自分にしか価値がわからないもの

がきっと出てくるはず。
自分の大切なものはいったい何なのか認識し直すいい機会です。
好きなものや大切なものだけに囲まれた暮らしはきっと、より充実した毎日を送る手助けとなってくれるかもしれませんね。

記事/Me times
13020475_908061889304828_2064966987_n
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

お花に隠れたメッセージ『花言葉と裏花言葉』

お花に隠れたメッセージ『花言葉と裏花言葉』

おしゃれな観葉植物『エアプランツをインテリアに取り入れてみよう』

おしゃれな観葉植物『エアプランツをインテリアに取り入れてみよう』

すぐにでも真似したい!日常生活の中で『ながら美容のススメ』

すぐにでも真似したい!日常生活の中で『ながら美容のススメ』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼