作るコト作るコト
料理 2017.03.12

何にでもつかえる『万能野菜だし ベジブロス』をつくってみよう

ベジブロスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
近年注目が集まっているこちらは、いままでは捨てていた野菜のくずでつくったスープのこと。抗酸化作用があり、免疫力を向上させる効果もあるとされるファイトケミカルという機能成分が詰まった、栄養満点なスープなのです。

捨てていた部分に栄養が凝縮-『万能野菜だし ベジブロス』

皮は土の中の害虫や細菌、紫外線から身を守るために、そして種やヘタはこれから成長するために、栄養が詰まっています。舌触り良く、おいしくいただくためにそういった部分は捨てられていますが、従来くずとされてきた部分にこそ野菜の底力があります。
野菜の細胞内にあるファイトケミカルは加熱によって細胞外へ溶け出す性質があるので、ベジブロスなら、生野菜ジュースよりも効率的に摂取できますね。

『万能野菜だし ベジブロス』のすごいところ

(1)料理の「だし」として活躍

野菜ならではの甘みや風味が染み出した、まろやかな味わいが特徴。和食でも洋食でもどんな料理にも合い、味に深みが出ます。

(2)野菜を有効活用できる

ベジブロスの材料は、野菜の皮やヘタ、根元といったいつもは捨てている野菜の「くず」。野菜をほぼ丸ごと活用できるため、ゴミも減らし無駄をなくすことができます。

(3)免疫力がアップ

ベジブロスのだしに含まれる植物由来の成分「ファイトケミカル」には、免疫細胞の働きを高める作用があります。体が吸収しやすいスープだから栄養をまるごといただけます。

(4)抗酸化力がアップ

強力な抗酸化力を持つといわれるファイトケミカルは、人の体を老化させる最大の要因、活性酸素の働きを抑えてくれます。アンチエイジングにも効果的です。
何にでもつかえる『万能野菜だし ベジブロス』をつくってみように使う野菜

『万能野菜だし ベジブロス』の材料(1リットル分)

・野菜の切れ端 両手いっぱい分
・水 1300ml
・料理酒 小さじ1

『万能野菜だし ベジブロス』の作り方

1. 大きめの鍋に水を入れ、よく洗った野菜の切れ端を入れる。

2. 火をつける前に、料理酒を加える

3. 弱火で20~30分間煮る。(アクはファイトケミカルなので、取らない)

4. 火を止めて、ざるなどで濾す。

『万能野菜だし ベジブロス』を美味しく作るポイント

・たくさんの種類の野菜のくずを使うと、それぞれの野菜が持つうまみの相乗効果で、よりおいしく仕上がります。

・香りが良くなるセロリやパセリ、味・色が良くなる玉ネギの皮は必ず入れたい野菜くずです。

・粗熱を取って冷蔵庫で1週間程度保存できます。冷凍なら2~3カ月ほどもちますよ。製氷皿などに小分けにしても使いやすいです。(離乳食のスープとしても使えます)

捨てていた部分だけでこんなに美味しいスープができるのかと驚きです。さまざまな野菜の、あらゆる部位を「ベジブロス」に変身させることで、野菜の栄養を丸ごと余すところなくいただけて、なおかつゴミも減らせてメリットづくし。
さぁ、野菜くず集めからはじめてみましょ。
何にでもつかえる『万能野菜だし ベジブロス』で作った野菜スープ
レシピ/管理栄養士 片山けいこ
IMG_4099
食のマーケティング会社で開発・管理運営など多岐にわたり経験。
保育園栄養士、行政の母子保健での講師を経て、現在はフリーランスとして、サイトへのレシピ・コラムの執筆、ケータリングやプチギフトの制作、料理教室、ワークショップなどフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らない あたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在2歳と0歳の母。

スライド1
うれしい・たのしい・UTIGOHAN k-meals,
Facebookページ

その他のおすすめ記事

野菜の繊維もそのままに『あったかスープでデトックス』

野菜の繊維もそのままに『あったかスープでデトックス』

乾燥しているいまが干しどき!『干し野菜のススメ』

乾燥しているいまが干しどき!『干し野菜のススメ』

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

2020.11.15

唐揚げに飽きたら…子どももリピート『オーロラチキン』

2020.11.12

【納豆のコト】納豆ができるまで

編集部おすすめ記事

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

2020.11.21

旬野菜でダイエット&アンチエイジング!『冬は大根1本丸ごと食べよう』

2020.11.21

簡単‼︎ねっとり甘い『焼き芋アイス』

2020.11.20

土鍋で作るとお焦げがおいしい『アサリと生姜の炊き込みご飯』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』