参加するコト参加するコト
過去のイベント 2016.05.11

【開催レポート】“日常にワクワクを”『旬カラーを取り入れたスタイリング×フラワー』airCloset × parkERsコラボワークショップ

ケノコトでは、定期的に「触れるコト」を開催しています。
日々の暮らしがもっと楽しく、素敵になるコトを体験して、それがおうちでも出来るように。

今回の触れるコトは、“トレンドカラー”をキーワードに「フラワー」と「ファッション」をmix。
女性の「大好き!」がいっぱい詰まったワークショップとなりました。

トレンドカラーをお花で楽しむくつろぎtime

会場に入って真っ先に目に飛び込んできたのは、かわいい3色のお花。
一人ひとりの席にハサミと一緒にセットされています。
そう、ひとつめのワークショップはフラワーアジンジメント。
IMG_5947②

『ベビーピンク』のバラ、『スカイブルー』のデルフィニウム、そしてココットのような可愛らしい花器は『ホワイト』。今年のトレンドカラーにちなんだ色のお花と花器を用意して下さいました。

まずは、三角△をイメージして、オアシスにバラを挿します。
バラの茎は硬いので、斜めにカットすることで吸水力がアップ。メインとなるお花を三角形に配置することで、バランス良く見えるのだそう。
13087867_814032188700858_2568292922396416744_n

次に、挿したバラの隙間にラベンダーとミントを挿していきます。
今回使用したミントは「アップルミント」という品種。香りを嗅ぐと、ほのかにりんごのような香り・・・?!
他にも「パイナップルミント」や「オレンジミント」などもあるそうなので、見つけたら香りを楽しんでみて下さいね。

そして最後にオアシスを埋めるように、デルフィニウムを挿していきます。
IMG_5971②
「スーパープラチナブルー」と呼ばれる品種で、光沢のある美しいブルーが特徴。見た目にも爽やかで、この時期にぴったりのお花。

出来上がったアレンジメントは、皆さん各々の個性が表現された、世界にひとつだけのもの。
きれいにラッピングをして、すてきなお土産の完成です。
ws3

トレンドカラーを取り入れたスタイリングのコツ

お花を楽しんだ後は、プロのスタイリストさんによるスタイリングセミナー。
トランクいっぱいにお洋服を詰めて持って来て下さいました。
ws5

やっぱり知りたいのは、今年のトレンドカラーの取り入れ方。

例えば、オフホワイトのワンピース。それだけでもちろん素敵だけど、ついワンパターンになりがちですよね。
そんな時のお助けアイテムはジレ。ベビーピンクのジレを羽織れば、清楚な雰囲気のワンピースもまた違った表情に。アクセサリーはロングネックレスをチョイスするとバランス良くまとまります。
ws2

今年はオフショルダーも人気。肩幅が広くて気になっている人はぜひ試してほしいファッションだそうです。また、お腹のぽっこりが気になる・・・という人には前にドレープのあるトップスがオススメとのコト。品良くおしゃれに見せながら、体型のお悩みもカバーしてくれるお洋服はこれからの薄着の季節に重宝しそう。
ws1

ファッションはお洋服に限ったことではありません。

スキンケアやメイクだって、おしゃれに大事な要素。
今回は男性の方も多くご参加頂いたので、男女共通で役立つテクニックを伝授して頂きました。

年を重ねるにつれて気になってくるのが「たるみ」や「くすみ」。ちょっとした習慣で改善出来るそうですよ。
例えば髪を洗う時、洗う前にエアーブラシでとかしてからシャンプーするとリフトアップ効果を発揮。シャンプー液は直接髪につけず、手にとって軽く泡立ててからマッサージするように洗います。
ws7

「くすみ」は滞っている流れを良くしてあげることがポイントです。
頬骨をグーでマッサージして、痛いと感じる場合はリンパが溜まっている証拠。あごを上から下へ、同じようにグーでマッサージをすると二重あごの防止にも。
ws8

それからメイクの失敗でありがちな、マスカラのダマ。
原因は、ついやってしまうあの行為にありました・・・マスカラをつける時にブラシを上下にシャバシャバしてしまった経験、ありませんか?
実は、ブラシを上下に動かすことで空気が入り、マスカラが乾燥してダマになりやすくなってしまうそうです。
でも乾燥してしまっても大丈夫!適当な大きさの容器にお湯を入れ、そこにマスカラ本体を漬ければ溶けて復活。
これでバサバサまつ毛ともサヨナラですね。
ws10

トレンドは季節によって3ヶ月に一度は変化します。
そう考えると、お花もファッションもメイクも生もの。
自分自身や日常のコトにたっぷり「旬」を取り込んで、ハッピーな毎日を過ごしませんか?

文・撮影/ケノコト編集部

airCloset
ac_logo-b-2

parkERs
parkERsロゴアウトライン

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.05.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2022.05.12

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2022.05.09

卵・乳製品・砂糖不使用『みりんレーズンのスコーン風』

2022.05.01

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

2022.04.17

春を長く味わおう『筍のピクルス』

2022.04.13

小麦粉なしで作れる!甘くて優しい味『ココナッツミルクシチュー』

2022.04.01

春のいちごメニュー4『いちごの甘酒』

2022.03.31

春のいちごメニュー3『いちごとブルーチーズのサラダ』

2022.03.31

外はサックリ!中ふんわり♪『ブロッコリーの切り株トースト』

2022.03.30

春のいちごメニュー2『いちごと生ハムのカルパッチョ』

編集部おすすめ記事

2022.05.20

パセリが主役!私のとっておき万能レシピ『南米のチミチュリソース』

2022.05.17

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2022.05.17

パサつかない!我が家の定番『豚ヒレ肉のしっとりロースト』

2022.05.15

初夏の一品『ピリ辛きゅうり』

2022.05.05

春限定!『新玉葱とスモークサーモンのマリネ』

2022.05.04

ささっと仕上げる!時短レシピ『メカジキのソテー』

2022.05.03

春のいちごメニュー5『いちごと塩麹のドレッシング』

2022.04.20

簡単調理で春を堪能♪『のらぼう菜のチーズじゃこ和え』

2022.04.20

砂糖・乳不使用のビーガンおやつ『サクサクココナッツクッキー』

2022.04.17

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

月間人気記事

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2022.01.16

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.09.01

自宅でもおいしいシャトーブリアンの焼き方とは?調理器具別の焼き方もご紹介

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ