得するコト得するコト
まめ知識 2017.03.05

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』

小さいころ食べていた給食の主食はどんなご飯でしたか?
圧倒的に麦ごはんだった、という方がほとんどではないでしょうか?成長期である子供時代の食生活はとっても大切。健やかな子どもたちの成長を祈って、きっと給食の栄養士さんは栄養バランス良く献立を作っていてくれたのでしょう。

噛みしめるごとにプチプチっとした麦の食感。最近になって改めて、その麦の良さが認められつつあります。
大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』白米がよそってあるお茶碗

『知られざる麦のチカラ』をまるごといただける、麦ごはんのパワー

麦に多く含まれる栄養といえば食物繊維。
食物繊維は、健康を守るために重要な働きをする成分で、不足すると生活習慣病や大腸癌などの病気を引き起こす一因になる、と言われています。
大麦には、この食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維と一口に言っても「水溶性」「不溶性」の2種類あり、それぞれ効果は異なるので両方をバランス良く摂る必要がありますが、大麦はその量的なバランスがとれています。
それに加えてその他の栄養価も白米に比べて大含まれているのです。
大麦をお米に混ぜて炊く麦ごはんは、繊維不足な現代人にとって、まさに理想的な主食なのです。
大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』もちぷちごはんを手に持つ女性

『知られざる麦のチカラ』―大麦ともち麦の違いって?

もち麦とは大麦の一種です。
白米にうるち米(普段食べている米)と、もち米があるように、大麦にもうるち麦と粘りのあるもち麦があります。

もち麦は名前の通り、普通の大麦よりもっちりとした食感。そして100gあたり10g以上もの食物繊維を含んでいるのが大きな特徴です。白米の食物繊維は100gあたり0.5gですから、その含有量は白米の20倍もあるのです。

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』升に入っている生の麦ごはん

『知られざる麦のチカラ』―もち麦のここがスゴイ

もち麦で最も注目すべき点は、もち麦の食物繊維の大部分を占めている「β(ベータ)-グルカン」という粘りの強い成分です。
この成分はキノコや酵母にも含まれ、同じ大麦ならうるち麦よりもち麦のほうがより多く含まれています。
そのβ-グルカンに、もち麦のスゴイ秘密があるのです。

β-グルカンのもつ効果

・胃や腸の中で他の食べ物と混ざり合い、脂質や糖質の消化吸収を抑えるはたらき
・食後の血糖値抑制効果
・悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを減らさない
・腸の免疫力を高めて大腸ガンの予防効果

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』手に生の麦ごはんを持っているところ

『知られざる麦のチカラ』の取り入れ方

大麦やもち麦の食べ方として代表的なのが、白米に混ぜて麦ごはんですよね。でもそれだけでなく、サラダやスープなど様々な料理に使うこともできます。
調理方法は、沸騰したお湯に麦を入れ15分ほど茹でます。
茹でた麦をざるにあけて、そのままサラダやスープに入れるだけ。手軽に麦を摂取することができます。お米と同じ要領でリゾットに使ってもよいですね。
一度に多く茹でておき、冷凍保存も可能なので小分けにして日々の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』生の麦ごはんが食卓に置かれているところ

毎日を元気に健康であり続けたいから、カラダにいいものは積極的に取り入れていきたいですよね。モノや情報がありふれた現代社会だけど、結局戻るところは、昔から続けられてきた生活なのかもしれません。
「いつもちょっと健康に」をキーワードに、無理ない健康生活始めていきたいですね。

記事/株式会社 神明
お米を届けて、日本一。神明
白米プラスロゴ
白米プラスのココがこだわり!
「おこめをもっとおいしく」をキーワードに、お米に新しい「価値」を加えた新ジャンルのブランドです。 (商標登録済)
日本の食文化を支えてきたお米には、本来産地や銘柄、年産だけではない奥深さがあります。 また食味や食感、色や香り、健康的な側面など、多彩な表情を持っています。 お米を知り尽くした神明がこれからのお米について考え立ち上げたブランド、それが「白米プラス」です。 白米に「新たな価値」をプラスすることで広がる“食べる楽しさ”、“選ぶ楽しさ”を感じていただけます。
13151880_820219044748839_908257245641993375_n
【ご購入はこちら】 気軽に健康を楽しめる「まるで白ごはん」
【ご購入はこちら】もっと雑穀感を「もちぷちごはん」

その他のおすすめ記事

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

和のこころを大切に『ご飯は左。食卓から見えるありがとうの意味』

和のこころを大切に『ご飯は左。食卓から見えるありがとうの意味』

一杯のお茶碗においしさの価値を『日本人だからこだわりたい、ごはんのコト』

一杯のお茶碗においしさの価値を『日本人だからこだわりたい、ごはんのコト』

米のことは米屋に聞け『日本が誇るおいしさの追求』

米のことは米屋に聞け『日本が誇るおいしさの追求』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.09.26

鶏むね肉でも満足!ボリュームおかずに『みそだれチキン』

2021.09.22

とろけるナスがおいしい常備菜『ナスのはちみつマリネ』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

2021.09.05

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2021.09.05

作り置き常備菜シリーズ『豚小間照りバーグ』とアレンジレシピ

編集部おすすめ記事

2021.09.26

栄養たっぷり!『おかわかめとミニトマトのナムル』

2021.09.25

あると便利!いろいろ使える発酵胡麻ダレで『切り干し大根の胡麻ダレ和え』

2021.09.24

旨味がギュッと詰まった黒いペースト『マッシュルームのペースト』

2021.09.22

自家製万能調味料『パンチみそだれ』

2021.09.21

実も花も食べられる!ズッキーニをおいしく食べるための下処理方法

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

2021.09.14

「かぼちゃ」を丸ごと1個買ってみよう!硬いかぼちゃを切りやすくする方法

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』