知るコト知るコト
家のコト 2016.05.25

改めて見直したい『日本の暮らしに寄り添うい草のコト』

香りを嗅いだだけでほっと気持ちが安らぐ場所、それは畳のある生活ではないでしょうか。生活環境が変わり、住宅様式が変わった今、畳の部屋よりもフローリングの部屋の方が多いというのが主流ではないでしょうか。

でも私たちが心から気持ちも体も安らげるのは、「和室」といわれる畳のある空間なのかもしれません。そんな畳について改めて考えてみませんか?
名称未設定

畳の原料「い草」―『日本の暮らしに寄り添うい草のコト』

畳の原材料として約1,100 年以上前より用いられているい草。私たち日本の暮らしに欠かせないものとして、古くから家屋の畳として親しまれてきました。
もともとの原産地はインドであり、シルクロードを経て朝鮮半島に入り、日本に伝わったといわれています。

い草は天然の抗菌素材―『日本の暮らしに寄り添うい草のコト』

日本最古の医書には、江戸時代まではイグサを「薬草」として使用していたことが記述されています。現在でもその研究は進められ、腸管出血性大腸菌O157・サルモネラ菌・黄色ブドウ球菌などの食中毒細菌・バチルス菌・ミクロコッカス菌などに対して抗菌作用のあることが明らかになっています(防菌防黴学会誌2002)
名称未設定

足の臭いにも効果がある?!―『日本の暮らしに寄り添うい草のコト』

畳の上を裸足で歩くのはとても気持ちが良いと感じたことありませんか?足で畳を踏む感触、フローリングよりも気持ちが良くて優しさも感じられます。
足の臭いの原因は、汗から出るアンモニアと、足裏に付着している微生物の腐敗臭です。いまは研究段階ですが、い草は足の微生物に対しても抗菌効果が認められたことから、畳で足の臭いも軽減できるのではと期待されています。

リラックス効果をはじめ、い草のもつチカラ―『日本の暮らしに寄り添うい草のコト』

なんといっても、い草の最大の特徴はその香りですよね。畳の香りって、心がほっと安らいで落ち着いた気持ちになりませんか?森林浴が気持ち良いように、緑がいっぱいの作物であるい草にも同じ効果が期待されます。つまり「室内で森林浴」気分が味わえるということです。

リラックスの要は香り成分だった―『日本の暮らしに寄り添うい草のコト』

『い草香り成分』フィトン

森林浴の香りであるフィトン。これがい草の香りのもつ主成分です。新しい畳の和室の空気は森林浴効果がある、というのはこの成分が多いからなんですね。

『い草香り成分』バニリン

バニラの香りのバニリンです。意外かもしれませんが新しい畳にはこの香りが含まれています。鎮静効果があり、ストレスを軽減すると言われているんですよ。
名称未設定2
社会が変わり、家族の形が変わり、生活様式が変わって、畳のある生活が少しずつ減ってきている事は事実です。でも畳を敷いている和室の空気はこんなに私たちを癒すチカラを持っているのです。
ちゃぶ台を囲む生活とまでは言わずとも、畳上の生活を取り戻す事で、私たちが置き忘れた、古き良き日本を取り戻すができるかもしれませんね。

 

文/株式会社 モノフィールド
13150024_1010117755733895_320089512_n
ホームページ
私達は株式会社モノフィールドを、本当に良いモノやサービスを提供できる会社に育てていきたいと考えております。
この情報が溢れている現代社会に “価値あるものに正当な評価を” 得れるようにして行くことが使命であると考えています。
これからも沢山の方々と交流を持ちながら、発展して行きたいと思います。

その他のおすすめ記事

子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』

子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』

日本の風土にあった天然素材『素足で過ごしたい畳のある生活とお手入れ法』

日本の風土にあった天然素材『素足で過ごしたい畳のある生活とお手入れ法』

和漢の恵み『100%い草の粉末で健康な暮らしを』

和漢の恵み『100%い草の粉末で健康な暮らしを』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類