知るコト知るコト
新しいコト 2020.05.15

敷いても健康 食べても健康『い草を食卓に取り入れてみよう』

畳の歴史は古く、600年ほど前から日本の生活に欠かせないものとなっています。「古事記」の中にも「皮畳」「きぬ畳」「管畳」などのことばが記せられているほど古くから親しまれてきた畳。この畳の原材料となるのが大地を思わせる香りのする「い草」です。
最近の研究により、「い草」には体に良い働きがあることが明らかになってきました。そんな食べられる「い草」のあれこれをご紹介します。
1917540_795994947171249_4640804112129908116_n

強い抗菌力

古来より薬草としても用いられてきた歴史もある「い草」は、腸管出血性大腸菌O-157をはじめ、O-26、O-111、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、枯草菌、ミクロコッカス菌に対して抗菌作用があることがわかっています。
私たちの体に必要な腸内細菌には作用せず、抗菌性はそのまま腸に達しますので、食中毒の未然防止を目的とした活用としても期待されています。

豊富な食物繊維

特に注目されるのが、「い草」に含まれる食物繊維の多さです。食物繊維は、近年第6の栄養素として脚光を浴びるほど重要なものですよね。
い草に含まれる食物繊維は、レタスの約40倍、サツマイモの18倍であるともいわれています。

い草には100gあたり、なんと63gもの食物繊維が含まれています。
緑黄色野菜の代表とも言われるほうれん草と比較しても、約2倍とその多さに驚きますね。

活性酸素を消去する作用も

活性酸素はガンや動脈硬化、アトピー性皮膚炎、老化など、疾患の約90%の原因といわれています。その活性酸素のひとつであり、中でも「毒性」が強いといわれている、スーパーオキサイドラジカルを消去することが明らかになりました。
活性酸素の消去できる能力は、有名な緑茶の約10倍、青汁の原料であるケールの約5倍にあたります。

食べ物としての利用法

い草はそのまま食べるのではなく、粉末に加工されたものを利用するといつもの食生活にとても取り入れやすくなります。
開けてみると香ばしい香り、ほっと落ち着くようなリラックスできる香りに驚くはず。青臭さもないのでクセなくどんな食事にも合いますよ。
例えば、きな粉や抹茶の代わりとしてヨーグルトにかけてみたり、お菓子作りのときに小麦粉に少し混ぜてみたり、い草のパンを作ってみてもおすすめです。
12107038_796001840503893_1898357502784865758_n

い草が食べられるものなのかと、初めは少し驚くかもしれません。でもその栄養成分はお墨付き。おいしく、健康的に食べられるのならこんなに嬉しいことはありませんね。
豊かな香りで畳に囲まれているような、ゆったりとした気持ちにさせてくれる「い草」を食べたら、お疲れのカラダ内側からリラックスさせてくれるのかもしれませんよ。

文/株式会社 モノフィールド
13150024_1010117755733895_320089512_n
ホームページ
私達は株式会社モノフィールドを、本当に良いモノやサービスを提供できる会社に育てていきたいと考えております。
この情報が溢れている現代社会に “価値あるものに正当な評価を” 得れるようにして行くことが使命であると考えています。
これからも沢山の方々と交流を持ちながら、発展して行きたいと思います。

その他おすすめ記事

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』

子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』

暮らしの中に、ちいさな畳の空間を『畳マウスパッド』

暮らしの中に、ちいさな畳の空間を『畳マウスパッド』

和漢の恵み『100%い草の粉末で健康な暮らしを』

和漢の恵み『100%い草の粉末で健康な暮らしを』

改めて見直したい『日本の暮らしに寄り添うい草のコト』

改めて見直したい『日本の暮らしに寄り添うい草のコト』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

編集部おすすめ記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』