作るコト作るコト
料理 2016.05.20

おかわり!が止まらない『新ごぼうのかやくごはん』

関西地方では、炊き込みご飯のことをかやくごはんと呼びます。味ごはん、なんて呼んだりもしますよね。白いごはんもいいけれど、たまに食卓に上がるかやくごはんて何だか特別な感じがしませんか?薄口醤油で味付けした食材を炊き込んで優しい味わいが口いっぱいに広がります。
「おかわり!」の声が今にも聞こえてきそうです。

材料

・新ごぼう 1本
・鷄もも肉(ムネ肉でも可) 100g
・にんじん 1/3本
・油揚げ 1枚

〈調味料〉

・薄口醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・ごま油 少々
13177432_923312421113108_7176754136434614418_n

作り方

1. ごぼうをささがきにして水にさらす
2. 人参と油揚げは5mm幅の短冊切りにする
3. 鶏肉は一口小に切る
4. フライパンにごま油をいれ材料を全て炒め、全体に油が回ったら調味料をいれる
5. 強火で炒め煮汁を飛ばすように炒める
6. 浸水しておいた米に水を50cc抜き、5をいれる
7. 炊飯前に、味を見て足りなければ薄口醤油とみりんで調味し炊飯する

ポイント

・新ごぼうは水にさらしすぎると香りや風味もとれてしまうので、軽くさらすようにする(水が茶色にならない程度)

編集部がえらんだ ごぼうを使ったお役立ちレシピ集

レシピ/出張料理人 ひな
00000017_prof
「ひなや」出張料理人。
大阪生まれ兵庫京都育ちの関西人。
「食は愛」の家訓のもと育つ。
鎌倉を中心に関東圏で京都の家庭料理「おばんざい」をケータリング。

ブログ「ひなやのごはん」
ひなやfacebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

2020.09.15

きのこをたっぷり使って満足度アップ!市販のソースで時短メニュー『きのこのペンネ』

2020.09.14

万能!具沢山の作り置き調味料『旨だれ』

編集部おすすめ記事

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』