知るコト知るコト
家のコト 2016.05.20

『5月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~美しい人の代名詞“芍薬(シャクヤク)”~

贈る人も、贈られる人も幸せな気持ちになるお花だから・・・自分にだってプレゼント。
毎日の暮らしの中でホッとひと息つきたい瞬間、きっと手助けをしてくれますよ。

そんな“おうちに連れて帰りたい”オススメのお花たちをご紹介。
月ごとの「旬花」をお楽しみください。

今月のお花は『芍薬(シャクヤク)』
最近では「Peony」ピオニーと呼ばれ、コスメや香水でも多く使われる芍薬の香り。まん丸としたツボミからこぼれ落ちるように花びらを広げる芍薬は、まさに“美人の代名詞”と呼ぶに相応しい素敵な花言葉があるんです。

unspecified2

“立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花” 美人の代名詞『シャクヤク』―『5月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

芍薬の花は、すらりと上に真っすぐ伸びるので、その姿が和服を着た女性の美しい立ち振る舞いと重なったといわれています。
この言葉ができたのは江戸時代だそう。芍薬も牡丹も百合の花も、慎ましやかな理想の女性の象徴のような花ですね。

花言葉は「恥じらい」「はにかみ」「清浄」「威厳」。
日中は艶やかに花を咲かせ、夕方になると花びらを閉じてしまう芍薬の花。
それが「女性が恥ずかしがっているように見える」ことから、この花言葉がついたそうです。

世紀の美女「小野小町」に愛された花―『5月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

unspecified3

小野小町は、平安時代に名を馳せた美女。歴史の教科書でもお馴染みですね。今もなお、絶世の美女として語り継がれています。
美しく才女であったために、数々の男性から求婚されました。

深い愛の物語「百夜通い伝説」

これは、小野小町に求婚する数多い男性の中でも最も深い愛を寄せた男性のお話。
何度も恋文を送り続けた深草少将に届いた、小町からの返事。それは、「昔庭で大事に育てていた芍薬の花が少なくなってしまった。毎晩、芍薬を一株ずつ植えて100株になったら契りを交わす」というもの。
それからというもの、少将は毎日野山に芍薬を探しに出かけては、芍薬を植え続けたという、愛の深さを物語るお話です
素敵な人にここまで深い愛情を注がれたら、女性としてこんなに幸せなことはないですよね。

お花屋さん直伝 きれいに花を咲かせて長持ちする!「水揚げ」のコツ―『5月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

1.下葉を中心に落とします

たくさんついている葉は、下葉を中心に取り除きます。葉からの蒸散を減らし、花に十分に水があがるようにします。
unspecified6

2.茎の長さは花瓶の高さに合わせて

茎の長さは、花瓶の高さに合わせてカットします。“花瓶の2倍の長さ”を目安にすると活けやすくなります。
unspecified7

3.茎は斜めにカット

茎は花バサミやナイフで斜めにカット。鋭角に切ることで吸水面積が広くなり、水の吸い上げが良くなります。
unspecified9

4.蜜を拭き取ります

つぼみから出る蜜でガクが固まり、開花出来なくなる原因に。水で濡らした布などで優しく拭き取りましょう。
unspecified4

5.つぼみを優しくほぐします

指の腹を使って、つぼみを包むようにして優しくもみます。やわらかくほぐして、花が開きやすくします。
unspecified5

6.たっぷりの水で活けましょう

水は常にたっぷりと。フレッシュフラワーフード(切花鮮度保持剤)を使うと、花もちが良くなります。
unspecified8

昔々から女性に愛され、様々な言い伝えを今に残す『芍薬』。
その美しく甘い香りを1輪お部屋に飾れば、自然と、優雅で慎ましやかな立ち振る舞いが身につくようになるかも。

縦のラインを意識して長めの花瓶に1輪活けたり、逆に小さめの花瓶に違う種類のお花やグリーンと合わせて色のコントラストを楽しむのもオススメ。
また、芍薬だけをどっさり活けて、香りも存分に感じられる贅沢な飾り方も。その場合は、丸い花瓶に活けると、どこから見ても芍薬を楽しめるのでリビングにぴったりです。

さあ、今日から芍薬のある生活を楽しんでみてはいかがでしょうか?

文/parkERs
“日常に公園の心地よさを”
花屋で培った感性と専門性で公園のようなやすらぎと心地よさをデザイン。
parkERsロゴアウトライン

その他のおすすめ記事

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

『夏にお家に連れて帰りたいお花レシピ』~こぶりなものから品格あるものまで多様な顔をもつ”蘭(ラン)”~

『夏にお家に連れて帰りたいお花レシピ』~こぶりなものから品格あるものまで多様な顔をもつ”蘭(ラン)”~

『4月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~フワフワの花びらとまぁるいフォルムが可愛い“ラナンキュラス”~

『4月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~フワフワの花びらとまぁるいフォルムが可愛い“ラナンキュラス”~

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

編集部おすすめ記事

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』