得するコト得するコト
まめ知識 2016.05.25

ニキビのメカニズムを知って『つるつるお肌のつくり方』

やっぱり目指したいのは、お化粧をしなくてもいいつるぴかお肌。すっぴんのお肌がきれいだと、鏡を見るだけでにこにこ笑顔が増えてしまいますよね。
お肌を悩ませるニキビが発生して悪化する過程には、様々な要因が関係しています。原因と、それぞれ原因が作用するメカニズムを知ることで、ニキビのないつるつるお肌への第一歩を目指しましょう。

ニキビの発生と悪化の原因って!?

ニキビは角栓で毛穴が詰まり、その中に皮脂が溜まる事で発生します。ですが、その発生と悪化には、様々な要因が関係しています。そのメカニズムとそれぞれの原因に応じたケアの仕方を知ることが大切です。

過剰なストレス

過剰なストレスを受けると、自律神経が乱れ、交感神経の活性化によって男性ホルモンやノルアドレナリンの分泌が促されます。

これらのホルモンはニキビができやすい肌質の原因になるので、「ストレスが美容の敵」というのは、科学的にも根拠のある言葉なのです。

ストレスのケア・緩和方法

ストレスの緩和には、リラックスすることが大切です。38〜40℃くらいのぬるめのお湯で、20分程度の入浴や半身浴がオススメです。

また、気温の変化もストレスの要因になるので、季節の変わり目には温度調整ができる衣服を準備することも対策になります。

ホルモンバランスの乱れ

ニキビなど肌トラブルの最大の要因は、何と言ってもホルモンバランスの乱れです。
男性ホルモンは、皮膚のバリア機能を低下させ、皮脂を増やし、角質を増やして肌を固くしてしまいます。
そのため毛穴が詰まり、そこに皮脂がたまることで、ニキビができてしまいます。

ホルモンバランスの整え方

ホルモンバランスを整えることがニキビケアの第一歩になります。
ホルモンバランスが崩れる原因は、ストレスや不規則な生活。規則正しい生活習慣や食生活を心がけましょう。
ストレス対策には、先ほど紹介したように、自分に合ったリラックス方法やストレス発散を取り入れましょう。

 肌の保護機能もある皮脂

皮脂はニキビの主因として悪者扱いされがちですが、肌をバリアする役割を持っています。
皮脂がニキビの発生・悪化の原因となるのは、角栓で毛穴が詰まることで出口を塞がれ、そこに溜まってしまうためです。

皮脂の過剰分泌を抑える方法

皮脂の多い場合は、ゴシゴシと強引に皮脂を落とすような洗顔は避けましょう。そして、十分な保湿が重要です。
強く洗うことで肌が傷つくと、肌を保護するために皮脂は多くなってしまいます。保湿によって肌のバリア機能を高めることができます。

肌の乾燥

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、角栓もできやすくなります。そうなると、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
そして、乾燥した肌の表面を保護しようと、皮脂の分泌も多くなるため、ニキビができやすくなってしまいます。

肌の乾燥を防ぐ保湿策

乾燥による皮膚のバリア機能の低下を防ぐには、徹底的な保湿ケアが大切になります。
また、紫外線によるダメージを防ぐために、日焼け止めクリームも使いましょう。

睡眠不足

いまや、「睡眠不足はお肌の敵」は常識となっています。睡眠中に、肌は受けたダメージを回復するので、睡眠不足は回復力の低下になります。
また、睡眠不足自体がストレスの要因にもなってしまいます。

眠りの質を高める方法

成長ホルモンによって新陳代謝が活発になる「ゴールデンタイム」は22〜26時です。
しかし、最近では入眠後の3〜4時間だとも言われています。早寝を心がけつづ、入眠直後に熟睡できるよう、寝る3時間前に入浴するのがオススメです。

文/Dr.Note
参考記事:ニキビができる原因って知ってる?ニキビのメカニズムを知ろう。
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.10.29

秋の味覚といえば…!サクサク!『さつまいものかき揚げ』

2020.10.25

あまじょっぱいてりやきに黄身がとろ~り『お月見ばーぐ』

2020.10.23

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

2020.10.21

お弁当にもおやつにも!ひんやり甘酸っぱい『サツマイモの檸檬煮』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.19

置いとくことでより美味しくなる常備菜『ナスとホタテの南蛮漬け』

2020.10.19

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

2020.10.17

覚えておきたいおやつレシピ『バナナキャラメルマフィン』

2020.10.17

うつ病も食事で改善できる 『栄養士おすすめの食材&レシピと食事のポイント』

編集部おすすめ記事

2020.10.30

とろける蕪にほっこり『蕪とサーモンの豆乳味噌汁』

2020.10.30

ニンニク角煮のアレンジレシピ『自家製チャーシューと秋野菜の混ぜご飯』

2020.10.30

いまさら聞けない「ヨガやると結局どうなるの?」

2020.10.29

秋の味覚といえば…!サクサク!『さつまいものかき揚げ』

2020.10.29

二夜の月と片見月とは?秋の実りに感謝する行事「お月見」のこと

2020.10.28

冷凍野菜を活用!簡単『かぼちゃのプリン』

2020.10.27

糀のコト『甘酒スムージーから始まる1日』

2020.10.26

パリッ!とトロける『かぼちゃのクレームブリュレ』

2020.10.24

手軽で簡単!美味しく健康になれちゃう『煎り玄米』とアレンジレシピ

2020.10.23

ゆでっぱなしで美味しさバツグン『ゆで栗』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.27

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう