作るコト作るコト
料理 2016.06.02

ちょっぴりスパイスと塩麹がナイスバランス『そら豆ココット』

見た目のかわいさとは裏腹に、混ぜて焼いただけのお手軽レシピ。塩麹のやさしい旨味と塩気にちょっぴりナツメグを効かせてスパイシーに。旬のそら豆と一緒にお口いっぱい頬張ってみると、それぞれの味が絶妙にまとまって思わず笑みがこぼれてきそう。
13275512_1102276989831514_926530145_o

材料(4人分)

そら豆…12粒(1人あたり3粒程度目安)
卵…2個
豆乳…280ml
塩こうじ…小さじ4
ナツメグ…4振り

作り方

1. オーブンを180℃10分に予熱しておく。
2. ボウルに卵を割り入れ泡立て器でよく混ぜ、豆乳・塩こうじ・ナツメグを加えさらに混ぜる。
3. 2を耐熱カップに入れ、さやから出したそら豆を加える。
4. 温まったオーブンで焼く。

レシピ/笠原奈津美
IMG_3086
ブログ
facebook
インスタグラム

〈ライタープロフィール〉

埼玉県出身。立教大学卒。白血病を患ったことをきっかけに「食」の大切さに気づく。大学職員として働く傍ら、〔社〕日本インナービューティーダイエット協会にて、体の内側から美しくなるための料理を学び、東京にて料理教室を主宰する。
2015年に香川県へ移住。高松市内にて発酵食料理教室「ふんわり糀家(こうじや)」を主宰。1レッスン2名だけのプライベートな発酵食レッスンは募集開始当日に満席に。西日本放送の番組「シアワセ気分」にて特集され、話題を集める。

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.03

旬のみどりを食卓に。『モロッコいんげんのカリッとごま和え』

2020.06.03

甘いものが食べたいと思ったときにさっと作れる『サクサク食感のサクリスタン』

2020.06.03

みょうがが味のアクセントに『揚げ鯖のサラダ』

2020.06.02

いつものデザートに食物繊維を 『きなこのバナナヨーグルト』

2020.06.02

誰かに見せたくなる 『こんがりバナナのハニートースト』

2020.06.02

バター醤油の香りと塩気がとうもろこしの甘さより引き立たせる!『とうもろこしのバター焼き醤油』

2020.06.01

ケノコトおすすめ!ビールに合う簡単おつまみレシピ特集

2020.06.01

朝5分で出来る『簡単アボカドのタルタルトースト』

2020.05.30

コロコロ食材をごそっとスプーンでいただく『ソーセージとお豆のポトフ』

編集部おすすめ記事

2020.06.04

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

2020.06.03

切った時に涙が止まらない!泣かせ上手な玉葱の秘められた力とは

2020.06.02

材料3つ10分で作れる『もちきび入りタルト・ソレイユ』

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.12.30

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』