得するコト得するコト
まめ知識 2020.05.08

貧血や高血圧まで『アスパラガスのもつ秘めたチカラ』

今の時期、国産のアスパラガスがよく出回っていますね、そう旬の時期だからです。
アスパラガスには実は豊富な栄養素が含まれることをご存知でしたか?理化学研究所が、アスパラガスに含まれる物質に、「血圧を下げる効果があるかもしれない」という報告もあります。アスパラガスに秘められた身体への良い成分、効果について紹介します。
75f9b2a27a265994b56b187f82100710_m-re

貧血に効果!「ビタミンB群」と「鉄分」

アスパラガスには、ビタミンB群が多く含まれています。その中の一つである葉酸は、赤血球を作るのに不可欠な栄養素です。
また、赤血球を構成する鉄分も含まれているため、貧血に効果的な栄養素が多いと言えます。

美容効果もあり、高血圧を予防する「ルチン」

アスパラガスには「ルチン」というビタミン物質が多く含まれています。
ルチンは一般的に「高血圧を予防する」「毛細血管を強化する」などと言われており、グレープフルーツやそばにも含まれています。
また、ルチンには抗酸化効果もあるとの報告もあり、美容にも良い結果をもたらすことが期待されています。

血圧上昇対策に効果ある新成分?「アスパラプチン」

アスパラガスに含まれている「アスパラプチン」という成分が、血圧の上昇を促進する酵素(ACE)を阻害すると理化学研究所が発表しました。
ただし、人での効果はまだ実証されていないため、今後の研究結果に期待しましょう。
参考:血圧上昇に関与する酵素を阻害する新規含硫黄代謝物を発見

アスパラプチンを摂るなら、ホワイトとグリーン!

アスパラプチンは、パープルアスパラガスではなく、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスに比較的多く含まれています。

ちなみに、栄養価ではグリーンアスパラガスの方がホワイトアスパラガスよりも圧倒的に優れているので、健康という目的においては、「グリーンアスパラガス」を取入れることをオススメします。
0968e7740a60a549c3823254593645cc_m-re

健康的にアスパラを食べるための調理方法

アスパラガスをゆでる時は長いまま、ゆでるのがポイントです。小さく切ってゆでてしまうと、水溶性ビタミンが一層溶け出してしまうからです。
たっぷりの沸騰した熱湯に根元の方からゆでるのがおすすめです。

上記でまとめたようにアスパラガスには「高血圧予防」「貧血予防」「抗酸化による美容効果の期待」など様々な効果があります。
比較的、安価な野菜なので、習慣化して食べていきましょう。

アスパラガスにはグリーン、ホワイト、パープルなどがあり、味や食感、栄養素の特徴も様々です。今回はグリーンアスパラガスを主にご紹介しましたが、それぞれの特性を活かして用途によって使い分けたいですね。

文/Dr.Note
参考記事:貧血、高血圧、美容にも良い!?今話題のアスパラガスを徹底分析!
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

その他おすすめ記事

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

春の食材『アスパラガスをつかった作り置きおかず』

春の食材『アスパラガスをつかった作り置きおかず』

貧血や高血圧まで『アスパラガスのもつ秘めたチカラ』

貧血や高血圧まで『アスパラガスのもつ秘めたチカラ』

体を元気にする『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』

体を元気にする『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』

組み合わせおかずシリーズ【さけ×アスパラガス】『鮭とアスパラのアーリオオーリオ』

組み合わせおかずシリーズ【さけ×アスパラガス】『鮭とアスパラのアーリオオーリオ』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2021.01.06

おもちがおやつに変身!『洋風ナッツもち』

2021.01.05

おせちで簡単おもてなしお菓子『栗きんとんでマロンパイ』

編集部おすすめ記事

2021.01.15

【七十二侯のコト】第六十九候「雉始雊」

2021.01.14

美味しい時期はたったの2ヶ月!自宅で美味しいタラの白子を味わおう

2021.01.14

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

2021.01.10

豆腐のまんぷくおかず『豆腐の韓国風ステーキ』

2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

2021.01.07

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

2021.01.06

七草粥だけじゃもったいない!旬の「せり」を食卓に取り入れよう

2021.01.05

【七十二侯のコト】第六十七候「芹乃栄」

2021.01.03

暮らしの歳時記を知るコト『鏡開き』

2020.12.31

【七十二侯のコト】第六十六候「虹蔵不見」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』