得するコト得するコト
まめ知識 2020.06.03

切った時に涙が止まらない!泣かせ上手な玉葱の秘められた力とは

玉葱を切る時に割り箸をくわえてみたり、ゴーグルをつけたりして目が痛くならないように努力している方も多いのではないでしょうか。
目が痛くなる原因は身体の中ではいろいろな効果を発揮してくれているんですよ。
024

 実は良いやつ!目が痛くなる原因物質

玉葱の成分で注目されるのはネギやニラ、ニンニクと同じくユリ科の野菜に共通する「硫化アリル」というイオウ化合物が豊富なこと。
これが、玉葱を刻んだときに目に染みる、においと辛みの成分です。

玉葱は通常、冷暗所で乾燥させて保存します。冷蔵庫に入れる必要はありませんが、細かく刻むときは事前に冷蔵庫で冷やしておくと、目を刺激する硫化アリルの飛散が少なくなって扱いやすくなりますよ。

硫化アリルの一部が体内に吸収されてアリシンとなり、ビタミンB1と結合してビタミンB1の吸収を高めます。
ビタミンB1が豊富な食材である豚肉と一緒に炒めれば、よりビタミンB1の吸収を高め、披疲労回復効果がパワーアップします。
160-re

ひと手間かけてさらに血液サラサラに

玉葱のポリフェノールであるケルセチンは血栓をはじめ動脈硬化を抑えて、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病の予防の味方になります。

硫化アリルの効果はそれだけではありません。
加熱すると甘味成分に変わり、さまざまな料理の味わいに奥行きを出します。
ただ加熱すると硫化アリルの力は失われてしまうので、疲労回復や血液サラサラ効果を期待するなら、生食が一番。

スライスオニオンは水にさらすと、水に甘味が逃げて苦味が残るので、布巾で包み流水の下で水洗いしましょう。

1254-re

実だけじゃない!ポテンシャルが高い薄皮

薄皮が茶色いのはケルセチンがという色素の含まれているから。
ケルセチンには血液サラサラ効果や血圧、コレステロール値を下げる効果があるため、漢方では皮も煎じて服用そうです。

玉葱はもともと収穫した時から茶色なわけではありません。
収穫してから1か月ほど乾燥させたことにより茶色くなります。
購入するときは、よく乾燥して、透明感のある茶色い皮に包まれているものを選びましょう。
頭部を触って柔らかさがあるものは、表面は新鮮そうに見えても、中が変質している場合があります。

「新玉葱」と呼ばれる春先に出回る玉葱は収穫してからすぐに出荷されるため、まだ色づいていません。
甘くて、みずみずしく、辛味が少ないためサラダのような生食にピッタリ!
ただし、あまり日持ちはしないのでまとめ買いには気を付けてください。

184-re

栄養は身体に取り入れてすぐに効果を発揮しないため、「涙が止まらない」「目が痛くなる」という印象が強い玉葱ですが、いろんな力を持っています。
「冷たくして切る」だけでも少しは抑えられるので、少しでもマイナスなイメージが取り除かれると嬉しいです。

文・写真/影山奈々恵

プロフィール

食未来リンク 副代表
影山奈々恵

a

管理栄養士×フォトグラファーとして幅広く活動。
保育園で活きた食育や給食・おやつを通して「なんでも食べる子ども」を育んでいるだけでなく、生産者と消費者の架け橋となる食未来リンクの副代表を務め、様々な食に関わることや音楽家による演奏会にて、「ありのまま」や「日常」を大切にし、その瞬間を切り撮る。

影山奈々恵Facebookページ
食未来リンクFacebookページ

その他おすすめ記事

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

初夏に食べたい!『トマトと玉ねぎのお浸し』と、簡単活用術

初夏に食べたい!『トマトと玉ねぎのお浸し』と、簡単活用術

かける!漬ける!合わせる!色々使える『新玉ねぎの万能ソース』

かける!漬ける!合わせる!色々使える『新玉ねぎの万能ソース』

にんにくダレを絡めて『春キャベツと新玉ねぎの肉巻き』

にんにくダレを絡めて『春キャベツと新玉ねぎの肉巻き』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

栄養がかたよりがちなトースト『納豆マヨチーズトースト』

2020.07.02

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

2020.07.01

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2020.06.30

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

2020.06.28

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたい『アボカドとキムチの韓国風納豆ごはん』

2020.06.28

包丁をつかわずにできる 『人参とツナのさっぱりサラダ』

2020.06.25

ワインに合わせたいおばんざい『ザワークラウト』

編集部おすすめ記事

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2020.06.26

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

2020.06.26

美脚を目指す!むくみとさよなら『ふくらはぎのセルフマッサージ』

2020.06.22

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

2020.06.18

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』1.梅雨でもからだの中は快適!を叶えてくれるたべもの。

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』