得するコト得するコト
まめ知識 2016.06.16

女性ホルモンと月経周期からみる『効果的なダイエットのすすめかた』

わたしたち女性のカラダを司っているとも言われる女性ホルモン。女性ホルモンの分泌は、ダイエットをする上でも大きな関係があるのです。ダイエットに適切な月経の周期はいつなのでしょうか?体調のみならずココロも左右してしまう女性ホルモンと上手に付き合って、上手く利用してみませんか?

ホルモンバランスの周期を知る

女性のカラダは、ホルモンバランスの変化によって卵胞期、排卵期、黄体期、そして月経という4段階の周期があります。

月経周期は正常範囲は25~38日で個人差がありますが、基礎体温を記録すると女性ホルモンの周期やリズムがつかめるようになります。

周期と女性ホルモン分泌量

kenko_img03_e6d3b894-44d3-4838-805a-4766caa676f4.jpg
出典:http://www.karadakarute.jp/

女性ホルモンは、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類があります。
それぞれの分泌量は時期によって変化します。

①卵胞期:月経終了~排卵前
エストロゲン分泌量増加

②排卵:排卵日前後3~5日間
プロゲステロン分泌量増加

③黄体期:排卵後~次の月経まで
プロゲステロン分泌量増加、エストロゲン分泌量低下、

④月経:月経がはじまった日から約1週間
エストロゲン、プロゲステロン共に一定

ダイエットに向いている時期はいつ?

月経が終わってから排卵までの「①卵胞期」が、ダイエットに適した時期です。

この時期は、排卵と妊娠への準備を促すために、心とからだを整える役割を持つ「エストロゲン」が増加しています。
エストロゲンの分泌が増えると、イライラやむくみがとれ、気持ちも前向きになると言われています。エクササイズやダイエットを集中的に頑張るには絶好の時期なのです。

ダイエットに不向きな時期はいつ?

排卵後から次の月経までの「③黄体期」は、心も身体も不安定になります。

この時期は、受精卵を着床しやすくするなど、妊娠や出産に欠かせない役割を持つ女性ホルモン「プロゲステロン」が増加します。

プロゲステロンの分泌がさかんになると、イライラしたり、甘いものが欲しくなったり、疲れやすかったりという傾向が見られます。
食欲のコントロールがしにくくなり、からだに水分をためこんでむくみやすく、体重が増えやすくなるのです。

女性のダイエットの注意点

ダイエットをする場合は適正範囲の体脂肪率を心掛け、健康で女性らしいボディーラインを保つことが大切です。
女性のからだはデリケートです。自分のからだのリズムを知ると無理のないダイエットができます。ダイエットチャンス期を逃さずに効果的なダイエットを行ないましょう。

女性のカラダとココロを左右してしまう女性ホルモンとの関係。仕組みを理解して上手に付き合えば、ちょっと暮らしが楽になるのかもしれませんね。

文/Dr.Note
参考記事:今さら聞けない!女性ホルモン、月経周期に関わる効果的なダイエット
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類