得するコト得するコト
ファッション 2016.06.27

梅雨の季節を楽しみたい『おしゃれの見せどき、雨の日スタイル』

梅雨真っ只中の日本列島。しばらくは、じめじめ、むしむしの毎日が続きますね。せっかくおしゃれをしても、湿気で汗ばんだり、梅雨寒に震えたり。突然、雨に降られたりしたら、もう最悪。お天気のせいでファッションを楽しめないなんて残念ですよね。梅雨だからこそ、雨の日を楽しむおしゃれのコツとコーディネートの方法を抑えて、心楽しく過ごしましょう。

ボトムスは長さがポイント

水たまりの跳ね返りでボトムがびしょびしょ…なんていう経験がみなさんもあるはず。トレンドからベーシックになりつつあるホワイトのパンツは、初夏に爽やかで素敵ですが、やっぱり青空の下履くのが一番。

雨の日は濡れても目立ちにくい、暗めのボトムを選ぶようにしましょう。

泥のシミは落ちにくいので注意が必要です。畳めるレインブーツなどを利用して、会社に着いたら足元だけチェンジするのも策ですね。

ただ、濡れを目立たなくするため、ボトムスもトップスも暗めにしてしまうと、全身真っ黒に。どんよりした天気の中、気分もどんよりしちゃうので、少しでも明るい色を取り入れて気を遣いたいですよね。チラ見せするインナーや、靴・バックなどの小物で明るめのカラーアイテムを取り入れて気分は晴れやかに過ごしましょう。周りからの印象も良くなりそうですね。

雨の日の素材選び

テカテカしたサテン素材などは上品でシルエットが素敵だけど、濡れると水の痕が目立ってしまうのが悲しいところ。コットンや麻などの自然素材で、目の粗い生地のアイテムを選ぶのがおすすめです。

乾きやすいというメリットもあるので、梅雨の時期も爽やかに過ごせます。

どうしても着たい、でも汚したくない、そんなときは防水スプレーを使ってみましょう。バックや靴も買ったらすぐ、綺麗なうちに防水スプレーをかけておくのがオススメです。水をはじくだけでなく、汚れも付きにくくしてくれます。レザー品は濡れると傷んでしまったり、シミになったりするので、濡れやすいバッグはレザー品を避け、ビニール製のバックにすると、気にせず持てますね。ビニール製のクリアバッグは涼しげにも見せてくれるので季節感もばっちりです。

043d82384f8c3770402a1f3206182298_m

やっぱり助かるレインアイテム

【レインシューズ】

最近は、レインシューズもいろんなタイプがでているので、ファッションに合わせて普段の靴と同じように楽しみましょう。

会社に一足ベージュ系のベーシックカラーのレインパンプスを置いておくと、突然の雨でも大丈夫。また、どんな服にも合わせやすいので、急な来客があった時でも安心ですね。

【傘】

雨の中帰ってきて濡れた傘をそのまま、次の雨の日まで放っておいていませんか?

せっかくのお気に入りの傘も濡れたままにしていると、湿気が多いこの季節は嫌なニオイが発生してしまうことも。

雨の日の必須アイテムなのに、いざ使おうと思ったらお気に入りの傘から異臭が…なんて、気分が落ち込んでしまいますよね。

面倒でも、なるべく早めに陰干しして、雨の日の憂鬱の原因をつくらないようにしましょう。日に当ててしまうと日焼けして変色の原因になるので、必ず陰干しするように注意してください。

玄関に干したり、お風呂場で乾かすのもいいですね。
9d41aabd193b812ed91a547bf1de0a78_m

どうせ梅雨だから…とやり過ごすのではなく、雨の日だからこそおしゃれのポイントを意識して楽しみましょう。

 

※配送料金の一部 (税込324円)をお客様にご負担いただくこととなりました。

文/ エアークローゼット
ac_logo-b-2

エアークローゼット 企業概要

これまでにない、新しいファッションとの出会いを。
エアークローゼットは、月額制の「期限なし」で「何度も」新しい洋服との出会いを楽しめる、ファッションレンタルサービスです。
新しい”あたりまえ”をつくろう(Creating new lifestyles for smiles :)
時代の流れとともに変化し続ける人々のライフスタイル。
慣れ親しんだ世界観に新しいものが取り入れられ、それがあたりまえになっていくことで作られていくライフスタイル。
一過性のトレンドではなく、長く人々に愛され、ライフスタイルに溶け込んでいくようなサービスを作ることで、この世界にひとつでも多くの笑顔を生んでいきます。

airClosetホームページ
airCloset Facebookページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

2020.09.15

きのこをたっぷり使って満足度アップ!市販のソースで時短メニュー『きのこのペンネ』

2020.09.14

万能!具沢山の作り置き調味料『旨だれ』

編集部おすすめ記事

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』