知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2016.07.01

日本の丁寧な暮らし方『打ち水で自然な”涼”をとり入れて』

LINEで送る
Pocket

梅雨が明けると一気に気温が上昇し、いよいよ夏本番の到来です。
日差しが強くなっていくだけでなく、ジメジメと湿度も高まってきます。蒸し暑さで目覚め、外へ出れば太陽はジリジリと肌を焦がし、日陰を選んで歩いても熱気で汗が止まらないなんてこともしばしば。
エアコンは手放せないけれど、電気代が嵩んでしまうし、身体が冷えすぎてしまうのが悩みどころです。
そこで改めて見直したいのが、日本人が昔から生活に取り入れてきた涼の取り方です。
中でも江戸時代から庶民の習慣であった「打ち水」に注目してみましょう。
13499881_1141092939287860_1580119649_o

打ち水ってなぁに?

打ち水とは昔から伝えられてきた生活の知恵で、文字通り「道に水を打つ(撒く)こと」です。
これは夏場だけではなく、季節を問わず行うものです。
それではどうして水を撒くのでしょうか。

理由1.地面から出る熱気を抑え、涼しさを演出するため。

理由2.地面を濡らすことで、空中に塵や埃が舞うのを防ぐため。

理由3.家の前に打ち水することで、「場を清めてお客様をお迎えする」というおもてなしの心を表すため。

13493695_1141092672621220_644709280_o

打ち水の効果

打ち水は視覚的に涼しく感じられるだけではありません。
「気化熱」という原理によって、実際にマイナス1~2℃の気温低下の効果があると言われています。

Q.気化熱って?

地面に水を撒くと、水を蒸発させるために必要なエネルギーが地面の熱から奪われます。これを「気化熱」と言います。
「髪を乾かさないで寝ると風邪を引く」と言われるのも同じ原理で、髪の水分を蒸発させるために体温が奪われてしまうのが気化熱。打ち水はこの仕組みをうまく使った涼の取り方なのです。
13493459_1141092632621224_546490102_o

Q.打ち水に効果的な時間帯は?

・早朝(日が昇り、気温が上昇する前までの時間)

・夕方(日が傾き始めて暗くなる前までの時間)

この時間帯に打ち水をすることで、涼しさをより長く継続させることができます。

Q.逆効果の時間帯は?

日中の気温が高い時間帯に打ち水をしてもすぐに蒸発してしまい、湿度が上がって不快度が増すため逆効果です。
697ddc0c0688c71bbcdbfa737094d0f0_m

涼しげな日本の夏の風情

日本人は古来から五感で涼を感じる工夫をしながら暑い夏を乗り越えてきました。
目にも涼し気な玄関の打ち水、風鈴の音、軒先の簾から差し込む柔らかい光、肌触りの良い綿や麻素材の着物、線香の香り、縁側で頬張るスイカ。
自然に寄り添って生きてきた日本人ならではの涼の取り方そのものが、風情ある夏の景色ともいえます。
13499453_1141092612621226_1295215280_o
いま一度、昔ながらの生活の知恵を見直して、 自然や環境に優しい「涼」で過ごしてみるのもいいのかもしれませんよ。

記事 /  わたなべ さやか
Processed with VSCO with f2 preset
大学卒業後、BEAMSに10年勤務。店舗開発担当として日本各地に出向き、服やモノを通してカルチャー発信するライフスタイルショップの店づくりに携わる。その後ミシュラン星獲得の日本料理一二三庵が主宰する料理教室アシスタントに転身し和食の世界の扉を開く。2014年に日本橋茅場町に日本酒とおばんざいの店煮炊きや おわん」を仲間と立ち上げ、初代女将を務めた現在は食や日本酒のイベントを開催するほか、ライフスタイルにまつわる執筆活動を行っている。

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』