知るコト知るコト
家のコト 2016.07.02

語り継ぎたい日本の食『”金のいぶき”からはじめるぷちぷち玄米生活』

玄米、と聞くとみなさんはどんなイメージを持っていますか?

白いお米が食卓に並ぶことが一般的かと思いますが、実は白くつややかなご飯を好んで食すようになったのは江戸時代中期ごろ。長い日本の歴史の中で白米を食べ始めたのはつい最近なのです。
それまでわたしたち日本人が主食にしてきたものが、玄米です。玄米は昔から普遍的に食されてきた食品なのです。
健康ブームが漂ういまだからこそ、玄米生活を実践してみませんか?
kinnoibuki_ph5

玄米と白米の違い

ご存知の通り、白米は玄米を精米したものです。
玄米とはお米そのもの。玄米から糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除き、胚乳(はいにゅう)のみ精白にしたお米のことを白米と呼びます。
お米は白いもの?
いえ、もともとお米は茶色いものです。
精白するごとに、玄米→三分つき米→五分つき米→七分つき米→胚芽米→白米の順に精白度合いが大きくなります。そしてお米の色も茶色→白へ変わります。
同時に、精白がすすむにつれてビタミンやミネラル、食物繊維などの体に良い成分が失われてしまうのです。玄米が栄養価が高い、と言われるのはそのためなのです。
13118867_820236008080476_4384076895855916944_n

3倍の胚芽が玄米を変えた

玄米と聞くと思い当たるマイナスなイメージはなんですか?
「固い?ぼそぼそ?甘みがない?食べずらい?」

逆に、プラスのイメージはなんでしょう。
「健康的。ぷちぷち食感が歯ごたえでおいしい。栄養価が高い。よく噛むからダイエットにも」

マイナスなイメージが排除されるなら、白米に代わる理想的な玄米生活を続けられるのかもしれませんよね。
生産者たちが開発に開発を重ねて、生み出された画期的な玄米があります。
炊き上がったごはんが金色に輝くことから名付けられた「金のいぶき」。
栄養の宝庫である胚芽が通常の約3倍もあり、そのためにもっちりとした味わいと、プチッとはじける独特の食感が噛むたびに感じられます。
炊飯時も通常と同じように炊飯ができ、煩わしさがありません。
胚芽部分が大きいので、玄米特有のぼそぼそとした食感ではなくもっちりと。そして冷めても美味しくいただけるのです。
まさに「おいしい玄米食」を実践できる究極の玄米と言ってよいのかもしれません。
kinnoibuki_ph8
健康的になりたいから、ダイエットしたいから、さまざまな理由で玄米を選んでいる方が増えてきています。
しかし、最も大切にしたいのは、わたしたち日本人が古くから主食として食してきた玄米を、その食生活を後世まで語り継ぎたいという想いなのかもしれません。

記事/金のいぶき
footer_logo
株式会社金のいぶきは、国民の豊かで健康的な生活に寄与するために、胚芽が大きく機能性の高い玄米「金のいぶき」の普及を目的として設立されました。
ホームページ
Facebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.03.01

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

編集部おすすめ記事

2021.03.01

【七十二侯のコト】第六侯「草木萌動」

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.14

食物繊維も豊富『知って得するあおさの成分と保存方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』