知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2016.06.28

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

LINEで送る
Pocket

お手伝いをさせることの重要性は、なんとなく理解しているものの、自分でやったほうが早いから…と躊躇していませんか?
やらせたほうが自立する!とか、やらせたほうが家庭のなかに役割がもてていい!などわかってはいるものの、ちょっとしたコツと注意点を知らないと、余計なストレスになりかねません。
せっかくお手伝いしてもらうなら、ママは嬉しくて子どもも楽しくやらせてあげたいですよね。
e6e534bdd8ded6b20c892d643c89efeb_m

お手伝いさせるメリットは?

0歳から6歳は、自分で靴がはけるようになり、洋服が着れるようになり…と育っていく過程をみてもわかるように、生きていく動作っていう動作を、全て学んでる時期です。
だから、子どものペースに合わせて、ゆっくり順序
だてしっかり見せてやらせてあげれば、なんでもできるようになるのです。

とある教室に来てる○○ちゃんのお兄ちゃんのおはなしです。
小学校2年生で、おうちではお風呂をためるお手伝いの係、なのだとか。
最初は喜んで、ウキウキで嬉しそうにやってたお手伝いだったのに、しばらくするとだんだんやるのを嫌がって、ママがお願いしてもやらなくなってしまったそうです。

何故でしょうか。

そう。
お兄ちゃんにとって、お風呂をためることが、簡単になってしまったんですね。

お手伝いを喜んでやってくれるのは、「ママがやってるかっこいい事」を、ぼくだって、わたしだって、「やりたい!」と感じるので、「お手伝い=ちょっとかっこよくて難しい」ことがコツなんです。
お兄ちゃんには、お風呂を洗うところからお願いすればいいし、それも簡単になってしまったら、
「今度は40℃になるように、お水とお湯をいれて、混ぜながら赤ちゃんのとき使ってたお風呂用の温度計で、調整してね。」
とお願いしてみましょう。
「お風呂をためてね。」は、栓を閉めて、ボタンひとつでもう出来てしまうまで成長したのです。
だから、やらなくなったのではなくて「飽きてしまった」のですね。

今の時代は便利になり、色々なことがボタンひとつで片付いてしまいます。しかし、お風呂を溜めた経験ひとつを例にとっても、「ぬるま湯をつくるにはお湯とお水をどのくらいの割合でいれればいいのか?」「人肌ってどのくらいの温度なのか?」など、自然と自分で気づき、自分で学んでいくことが生きる力を身につけるコトにつながるのです。

家事に巻き込む育児のススメ

ママのお悩みNo.1。それは、家事と育児の両立。

家事をしている時に限って、騒いだり、泣くいたり、つきまとう。
そんなお悩み、子育て中のママならみなさん一度はご経験があるはず。
そんな時におすすめなのが、「家事に巻き込む育児」です。
それは、一緒に育児もしながら家事させてしまおう、という狙いがあります。
うちの子はまだ小さいから無理かな…と感じた方も、小さい子でもできる家事の方法があるのですよ。
b77bc14ba5a6bf3d048e84aade5a84e1_m

巻き込み育児 ”洗濯物編”

0-1歳はどんな事ができるの?

ピンチから洗濯物を引っ張って洗濯物を取り込んでもらいます。
お子さまは今、自分が引っ張ったらどうなるのか。なぜ引っ張ると取れるのか。そのような社会のルールを学んでいます。
たくさん経験させることで、地球の物理原則を学んでいます。
上手にひっぱれるようになったら、洗濯物を揺らしたりして、難易度を高めます。
揺れている洗濯物をキャッチして、ひっぱれるのは、視空間認知力がついている証拠です。
ここが優れたお子さまはボーリングやバドミントンの上手なお子さまになりますよ。

2歳はどんな事ができるの?

自分で洗濯物を干してもらいます。
ピンチに洗濯物を干すその前に、洗濯ハサミでたくさん、遊ぶ機会をつくりましょう。
洗濯ハサミがスムーズに指先で押せないと、ピンチへ干す動作もスムーズに出来ず、嫌がります。
洗濯ハサミをつまむ力は、鉛筆を正しくもつ、そしてお箸をもつ筋力に繋がります。
洗濯ハサミが上手になったら、一ヶ所だけはさめばいいもの【タオルなど】からはじめましょう。
取り込み作業は続けてやってもらうようにしてくださいね。

3歳はどんな事ができるの?

干して取り込み、更には畳んでもらいます。
まずはタオルなどから、はじとはじを合わせて畳むことを覚えてもらいます。
上手になったら、次は下着、次は洋服と、難易度をあげていきましょう!

このように家事を「やってもらっている」あいだに、ママも洗濯物を干してしまえばいいのです。
4歳になったころにはきっと、完璧に洗濯物が干せるようになりますよ。
588d14668d9351ccbc1e3a303064e664_m
そしてお手伝いが終わったら、必ず魔法の言葉「ママとても助かりました、ありがとう。」のお声かけをしていきましょう。
お手伝いをすることで、自尊心も自己肯定感も育ててあげることができます。
早速今日から「家事巻き込み育児」試してみませんか?

記事/ギフト教育ラボ
乳幼児教育アドバイザー 元吉祐里
ギフト教育ラボロゴ
ギフト教育ラボでは、発達段階に合わせた幼児教育を行うことで、お子様が個々に持っている可能性や才能を引き出す取り組みを行っています。人間の脳は3歳までに約8割が完成すると考えられているため、
乳幼児期にギフトの科学的根拠を持ったトレーニング法を行うことで、個々の能力を大きく高めることができるのです。

ファミリー教室ギフト
ギフト教育ラボHP

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2019.07.12

『海の日』は海に囲まれた日本ならではの祝日。海から受けているはかりしれない恩恵に感謝する日。

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』