知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

得するコト 2019.07.29

面倒だからって包丁でそぎ落とさないで!軸に残っているその部分に栄養ぎっしりトウモロコシのコト

LINEで送る
Pocket

焼いて醤油を垂らしたり、蒸したり、茹でたり丸ごと食べるのに調理法も様々。
手でちぎる派、ガブリとかぶりつく派、包丁でそぎ落とす派など、食べ方も様々。
どの食べ方も良いけれど、かぶりついた後の皮や包丁でそぎ落とした後の軸についている部分、少しもったいないと感じませんか?
実はそこにも、たくさんの栄養が詰まっているんですよ。

010-re

食物繊維でバランスを整えるトウモロコシ

トウモロコシは、日本では穀類ではなく、主に野菜として親しまれていますね。
たんぱく質や脂質のほか、カリウム、ビタミンB1、B2、Cなどを含んでおり、食物繊維も非常に豊富です。
食物繊維は腸の働きを活発化させ、有害物質を体外に排出させながら便通を整えることで大腸がんの予防に役立ちますし、コレステロール値を下げ、食後の急激な血糖値上昇を抑える役割も果たします。
糖質を豊富に含みますが、この食物繊維のお陰で上手くバランスが整えられています。

175-re

栄養豊富な皮や胚芽部分

普段食べるのは粒(種実)の部分ですが、実は皮やヒゲにも効用があり、ヒゲは漢方で利尿や血糖値を安定させる薬として用いられています。
粒のうち、軸に密着しているのが胚芽で、ここに動脈硬化予防に役立つリノール油や、ビタミンB1、B2、Eなどが集中しています。
包丁でそぎ落とすと、胚芽部分が軸に残ったまま廃棄されるので、残さず食べたい場合は手で粒をむしって料理するとよいでしょう。

b77cd34465d6a3ddaa640e3fe0641aa5_m-re

鮮度が命!収穫したらお早めに

美味しいトウモロコシの特徴は、皮の色が濃く、ヒゲが褐色のものです。
皮が白茶けたものは、鮮度が落ちている証拠。皮をむいてあるものは、実が詰まっているものを選びましょう。
収穫して数時間で糖度が半分に落ちるほど劣化が早いので、出来るだけ、取れたてを皮つきで選びましょう。

皮つきとうもろこし、お家ではどのようにして食べていますか?
皮をむくとき最後の2、3枚を残し、皮で実を包み込むようにして電子レンジにかけると、甘く、シャキッとした食感に仕上がるので試してみてください。

300-re

ガブリとかぶりつく食べ方、包丁でそぎ落とす食べ方がNGなわけではありません。
しかし、残ってしまった皮や胚芽部分にも実は栄養が豊富だということを頭の片隅に入れていただけると嬉しいです。

文・写真/影山奈々恵

プロフィール

食未来リンク 副代表
影山奈々恵

a

管理栄養士×フォトグラファーとして幅広く活動。
保育園で活きた食育や給食・おやつを通して「なんでも食べる子ども」を育んでいるだけでなく、生産者と消費者の架け橋となる食未来リンクの副代表を務め、様々な食に関わることや音楽家による演奏会にて、「ありのまま」や「日常」を大切にし、その瞬間を切り撮る。

影山奈々恵Facebookページ
食未来リンクFacebookページ

その他のおすすめ記事

お店の味!とうもろこしの優しい甘み『コーンポタージュと手作りクルトン』

お店の味!とうもろこしの優しい甘み『コーンポタージュと手作りクルトン』

茹でたとうもろこしを漬けるだけ『とうもろこしのお浸し』

茹でたとうもろこしを漬けるだけ『とうもろこしのお浸し』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

夏太り解消!オーガニック料理『青のりのスイートコーンスープ』

夏太り解消!オーガニック料理『青のりのスイートコーンスープ』

クリームイエローでとうもろこしのやさしい甘さがやみつき『コーンすりすりプリン』

クリームイエローでとうもろこしのやさしい甘さがやみつき『コーンすりすりプリン』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』