知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2016.07.17

暑ければきゅうりで涼をとる『質素な食卓から感じるやさしい暮らし方』

Pocket

質素な食事、質素な食卓、そして質素な暮らし。
みなさんはそう聞いてどんな風景を思い浮かべますか?質素な食事というのは、穀物や野菜、海藻などを中心とした、日本の伝統食ではないでしょうか。自然と調和をとりながら育む健康的な暮らし方。
いろんなものが溢れている世の中だからこそ、あえて質素に暮らしてみるのもいいかもしれません。
fe1ab91adbc6b0fa3c60b88da5be12b2_m

身土不二と一物全体

健康的で質素な食生活を実践するひとつとして、マクロビオティックという考え方があります。

暮らしているその土地の旬のものを食べること(身土不二)には、四季のある日本で、季節ごとの旬の食材をとることで、本来のカラダのバランスがとれるという意味があります。例えば、暑い地域でとれる果物には体内の熱を下げる働きがあります。一方で、寒い地域でとれる野菜には体内を温める働きがあるのです。

自然の恵を残さず丸ごといただくこと(一物全体)とは、食材そのものを全てを摂ることでカラダのバランスがとれるということです。食材そのものは、皮などもすべて丸ごと食べることで栄養のバランスを余すところなく摂取できます。穀物なら精白していない玄米、野菜なら皮や葉に栄養が詰まっているのです。

目印は茶色い食べもの

わたしたちが一番食べる量が多いものといえば、お米です。毎日食べ、そして食べる量も多いからこそ優しい食生活を送る上で意識したい食材でもあります。

当たり前のように食べている白いお米は、もともとは茶色いもの。籾(もみ)から取り出した状態の玄米は糠(ぬか)がついたままなのでで茶色い色をしています。そこへ玄米を白米にする作業、いわゆる精米をして白くなります。

この精米によって、玄米の7~10パーセントが削り落とされ、白米は元の玄米の90~93%の大きさになります。同時にビタミンやミネラルなどの多くの栄養素がそぎ落とされているのです。白米が悪いわけではありませんが、ほんのすこし、玄米に置き換えてみるのもいいかもしれません。

お米に限らず、小麦粉もそう、白砂糖も本来は茶色いもの。自然の恵みを丸ごといただくで、わたしたちが必要としている栄養を得られるのです。

暑ければきゅうり、寒ければごぼう

食材は「陰」と「陽」にわけられる、ということを聞いたことはあるでしょうか。実は理にかなった効果があるのです。

陰性の食材とは上に向かってのび、からだを冷やす作用があります。キュウリを例に挙げると、キュウリは夏場のほてったカラダから熱をとってくれる作用があります。「暑かったらきゅうりでもかじってなさい!」と言われてきたのには訳があるんですね。
一方で、陽性の食材とは地中に向かってのび、からだを温める作用があると考えられています。土の中で大きく伸びる冬のゴボウは、冷えたからだを温め、カラダのバランスをとる手助けをしてくれるとされています。

暑いな!と感じたら、太陽の恵みをさんさんと受けて育った夏野菜をかぶりついてみるのも、自然な「涼」のとり方なのかもしれません。
3a93de1eccd9bc36e433aacdd3d8d88b_m
わたしたちが住んでいる土地でとれた野菜を食べることで、その野菜が新鮮でおいしいだけでなく、物流時に排出されるCO2の削減、地域の活性化、生産者とのつながりなど、暮らしを良くする要素がたくさんあります。
日本の伝統的な食卓から感じられるのは、自然に感謝した自然に優しい暮らし方。
質素な暮らしこそが、本当の贅沢な暮らし方なのかもしれませんね。

 

記事/金のいぶき
footer_logo
株式会社金のいぶきは、国民の豊かで健康的な生活に寄与するために、胚芽が大きく機能性の高い玄米「金のいぶき」の普及を目的として設立されました。
ホームページ
Facebook

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』