得するコト得するコト
まめ知識 2016.07.17

食欲コントロールはレプチン!『太るほど満腹感を感じにくい理由とは』

私たちの体は太るほど満腹感を感じにくくなることを知っていましたか?肥満な人ほど多く食べてしまうことは実は自然なことなのです。それでは、なぜ肥満な人ほど満腹感を感じにくくなるのでしょうか。

多くの人にとって「太るのは簡単で痩せるのは難しいこと」ですが、これは自分をコントロールする意志や気持ちだけの問題ではなく、実は体に脂肪が増えるほど満腹感を感じにくい体質になってしまうことにも原因があります。

そうなれば当然、「痩せよう!」と思っていても空腹感でつい食べてしまったり、「昔より食べる量が増えたなぁ」と思うような食事量になったりして、体型を戻すのにとても苦労することになりますよね。

食欲をコントロールするレプチン

あなたはレプチンという名前を聞いたことがありますか?
レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種で、脳に作用して満腹感を生み、食欲を減らす働きを持っています。
肥満というのは身体に脂肪細胞が多くなった状態ですが、脂肪細胞はただ蓄積されているだけでなく、実はホルモンなどの物質を作って分泌しているのです。

このレプチンが増えるほど満腹感を感じ、食欲は減り、痩せやすくなるため「痩せ薬」としても期待されているホルモンです。

4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_m

太った場合、レプチンの量は増えるけど…

先ほど言ったように「レプチンは脂肪細胞から分泌されているホルモン」なので、太って脂肪細胞が増えればレプチンの量も増えています。であれば食欲も減って、痩せやすい体になっているはずです。
しかし、そう都合よくはいきません。なんと肥満になった人は「レプチン抵抗性」という特殊な状態になってしまうのです。
「抵抗性」とは何かというと、体にレプチンが効きにくい状態という意味です。
つまり、太っていると脂肪細胞から分泌されるレプチンは増えますが、それに体があまり反応せず、食欲は減りにくくなってしまうのです。
むしろ、なかなか満腹感が得られないので、痩せたいのについつい多食・過食してしまうことになります。
これはまるでアリ地獄のような負のサイクルです。痩せたいと思っても食事制限がしにくい。我慢しなきゃいけないけどお腹が空くからつい食べてしまう。
“太るほど太りやすくなる”というのはこのためです。。

太ってない人へのアドバイス

解決策は「太ってない人は太らないようにすること」に限ります。
どうしようもない解答ですが、一度太ってから痩せる方が苦労です。であれば今、それよりは軽い「少しの意志」を持って、日頃から「食べる量」と「動く量」に少し気を配り、太らないように予防することが実は一番楽な道でしょう。

太ってるかもと思う人へのアドバイス

精神論になりますが、まずは自分がどうなりたいのかを改めて明確にするのが良いと思います。
やはり義務として痩せるのではなく、「こうなりたい!」という理想に向けて頑張れた方が、前向きな気持ちで健全に努力を続けることができるはずですよね。
「〇〇kgくらいになりたい」「人前でも堂々と脱げるようになりたい!」「痩せマッチョになりたい!」でもなんでもOK!自分がなれたら嬉しい姿を想像してみましょう。
それが決まれば、それを実現するための計画を考え、急がず少しずつ現実のものにしていきましょう。
その際、満腹感が得にくい「レプチン抵抗性」のことも踏まえ、完璧な食事制限ができなくても自分を責めず、少しずつ減量していくことを頑張りましょう。

意外と知られていないレプチンのメカニズム。知識を身につけたら、ダイエットしたいとき、すぐにでも参考になりそうですね。

文/Dr.Note
参考記事:肥満になるほど食べたくなっちゃう?満腹感を感じにくくなるメカニズム
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼