知るコト知るコト
取材 2016.08.02

働くコト 〜BBQをデザインしてインフラを起こしたい〜井川裕介さん

人によって価値観や人生観などは様々。
色んな人の話を知ることで、新しい価値観に触れたり、共感できる何かを見つけたり。人生がより豊かになるお手伝いができたら嬉しいです。

BBQを通じたコミュニケーションの楽しさに惹かれ、そして魅了され、日本中にBBQインフラを作りたいと会社を設立させた井川さん。その眼差しからは、BBQに対する熱い思いと、深い愛情が感じられました。自らもBBQデザイナーとして活動する井川さんの考える「BBQのデザイン」とはいったいどういうことでしょうか。
DSC09718

BBQデザイナーってどういう仕事ですか?そしてフードデザインとは?

▷井川さん:主にTVや雑誌の企画、BBQをとりまくフードデザインと監修もやっています。
その中で、フードデザインとは、言葉通り「食をデザインする」ことです。文化としての「食」を豊かにすることです。「食」の中でも私たちは「BBQ」というコンテンツなので、BBQの中で、食材の開発だけでなく、もっと盛りつけ方やテーブルコーディネートも含めてトータルで「BBQ」を楽しむことができるようにすることが仕事内容です。

井川さんが代表を務めているREALBBQの中でのBBQデザイナーとはなんでしょうか

▷井川さん:ホームページやPRでの素材となるメインヴィジュアルの構成と、食材の開発、さらには、オシャレで楽しくなるようなメニューのセット組みにもこだわっています。食材自体の美味しさにこだわっているのはもちろん、ちゃんと盛り付けたくなるようなお肉たちで、思わず写真を撮っちゃうような流れも考えています。

今現在行われているBBQデザイナーとしての活動をお聞かせください

▷井川さん:私たちが全てに手を施すわけではなく、お客さんの方でもフォトジェニックになるような「体験」もデザインしています。
・企業のBBQにも、代わり映えのあるBBQにして、今までと違う体験を作っていく
・空間作りも含めたトータルでのBBQの作りかたを提案する
・食材だけじゃなくて体験自体を売っているので、他とは違う体験をデザインしている

BBQをデザインすることによって、他のBBQとどう差別化されるようになるのでしょうか?

▷井川さん:食材以外でいうなら、雰囲気も含めた空間作りも差別化するにあたり、かなり重要だと思っています。
・フォトジェニックになる
・塊肉で焼いたものをみんなで切り分けてシェアする
・盛り付けにこだわる
・紙皿や紙コップもオシャレなものを使う
・テーブルコーディネートもやってみる
messageImage_1468909014117
▲写真は8月11日からREALBBQ PARKで展開する《URBAN BBQ from AMERICA》

今後してみたいこと、やってみたいこと、展望をお聞かせください。

▷井川さん:まずは日本で。日本の地方で、その土地の食材を使って、その土地のストーリーや食文化にあったBBQの提案によってその地域を活性化し、非日常な体験をしてもらいたい。

日本は、イタリアンや中華など、世界の食文化を取り込むのがとてもうまくて、かつ本場よりも美味しくきれいに仕上げることができるのに、BBQという食文化になった途端、かなり雑で代わり映えのないものになってしまっています。BBQも食文化のひとつなので、食材にこだわり、さらにはフォトジェニックで楽しい体験をしてもらって、もっと日本のBBQのインフラが進むといいなと思っています。
DSC09729
「BBQ」というくくりの中で、さまざまな角度からそれを捉え、提案している井川さん。BBQの話をしている彼の瞳の奥からは、燃えるような愛情が感じられました。好きを仕事に、伝えたいから仕事に。
みなさんには、燃えるように伝えたいコト、なにかありますか?

取材・文/ケノコト編集部

スライド1

HP
REALBBQ PARK
REALBBQ MARKET

REALBBQ株式会社代表取締役 / BBQデザイナー
井川裕介 いかわゆうすけ
井川さん
幼少期に父親の仕事の都合でオーストラリアに住んでいて、そこでBBQと出会い、インフラが進んでいる環境に驚く。
BBQを通じたコミュニケションの楽しさに惹かれ、魅了された。
帰国後は美容師になるが、食の分野での仕事をするため食品商社へ転職。
在職中に個人的にBBQのデリバリーを始める。
そして2014年2月9日(肉の日)にREALBBQ株式会社を設立した。
世界各国のBBQ文化を届けながらインフラを高め、日本独自のBBQ文化を創造していきたいと思っている。

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.22

ミキサーで混ぜて焼くだけ!『ブルーベリーヨーグルトケーキ』

2021.06.21

さわやかな辛みが癖になる『実山椒オイル』

2021.06.21

おうち時間を美味しくゆったり♪『旬の真蛸でもちもち鍋炊きおこわ』

2021.06.20

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

編集部おすすめ記事

2021.06.22

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2021.06.20

季節の手しごと『大葉ジェノベーゼ』

2021.06.20

夏を感じる!とっても美味しい『さっぱりチヂミ』

2021.06.19

ガーリック香る!『ホワイトポテトサラダ』

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』