知るコト知るコト
新しいコト 2016.07.21

自分をさらけだすと相手が受け入れる『人を育てるために大切なコト』

会社というのは組織として、利益をあげることが大きな目的のひとつです。業績を上げ、売上をアップさせること目標に、皆が一丸となって現場スタッフは働いています。
その目標を達成するために大切なことの一つに、「人を育てること」が挙げられます。
とある企業の、とある店舗のおはなしです。
11205991_746873075425634_6985193521904613983_n

ほめてやる気を伸ばすはずが

会社が実施した研修会で「ほめ育のノウハウ」を学んだ店長。早速自店にて実践しようと、研修で教えられたとおりにスタッフ一人ひとりのことを思い浮かべながら時間をかけてほめシートを作成した。そして、教えられたとおりに一人ずつ呼び出して読み上げ、渡した。
「ありがとうございます、店長!」
と笑顔を浮かべ喜んでくれるスタッフがほとんどだった。

でも、一番の古株で信頼をおいていたスタッフの一人から、
「店長、今のうちの店はほめ育なんてやってる場合じゃないでしょ?」
店長は、どうしてそんなことを言われるのかわからなかった。
23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_m

相手の痛みに共感を

店長は悩み続けた。
何がいけないのかわからないまま、たまたま同期の店長と話をしていた時に気づくことがあった。
「自分の人生の底って何だったかな、ってずっと考えてるんだよ。相手の痛みに共感しないといけない、って先生が言ってからさ。」
「人生の底?」
「相手の痛みに共感するためには、自分の痛みを相手にカミングアウトしなきゃいけない、って言ってたじゃないか。だからさ」
「でも、それがスタート地点なんだって、やってみてわかったよ。スタッフは上司にわかって欲しいんだよ、自分ががんばっていることを。わかってもらえたら、認めてくれた人のために自分もがんばろう、ってなるのが人間だろ?」

その後の店長の行動

店長はハッと気づかされた。
実際スタッフをほめてみたものの、それらは上辺だけの言葉だったのかもしれない。スタッフのことをもっと理解しなくてはと、履歴書を読んだ。
履歴書からは、スタッフ個人個人の性格や家族構成、いろんなことが読み取れた。結局スタッフのことを何も知らなかったと、店長は気が付いたのだ。
初めて、スタッフへの申し訳ない気持ちが生まれてきた。誰がこんな店長に付いていきたいと思うだろうか。自分ばかりがいつも主語になっていて、人件費をコストとしてしか見ていなかった自分。

それからは、ミスをしたスタッフがいても頭ごなしに怒るのではなく、まず話を聞いた。
そして指導をしながらも、自分にも同じような経験があったことを伝え、励ますようにした。
シフト上がりのスタッフには「おつかれさま、明日もよろしくね」の一言。相手が返事を返さなくても、めげずに続けた。
194424ea881ccf82c2b04cbf6f077808_m

売上なんてあとからついてくるもの

一ヶ月が過ぎた頃、これまで埋まりづらかったシフトが埋まるようになった。
二ヶ月が過ぎた頃、店長自身がスタッフの良いところを見つけるのがずっと簡単になった。
そして三ヶ月が過ぎたある日、横ばいを続けていた売上が上がった。シフトの穴もなくなり、ライン不足がなくなった。
なにより、スタッフが今までよりもイキイキと、笑顔で接客をするようになり店全体の雰囲気が良くなった。
「今までより店の雰囲気が良くなったから、また来ようと思うようになったんだよ」
と話までしてくれるお客さんまで現れた。

そこからはまるで波に乗ったかのように店は良くなっていった。売上は昨年対比を常に上回るようになり、店の雰囲気やスタッフ同士のコミュニケーションの機会が増えた。
11203086_745464682233140_4075380209312513438_n

これは実際にあったおはなしです。
仕事をしていると、いつかは立場が上になり部下を指導する機会が増えていきます。そんなとき誰しも悩むのが、人の育成の仕方。
店長が気づいたことに、みなさんも気づけましたか?

仕事というものは価値を生産することも大切です。ですが、仕事を通じて得られる気づきや人との対話には、もっと価値があるのかもしれませんね。

記事/ほめ育財団
スライド1
世界中の人たちを輝かせる!をミッションに、日本だけでなく世界にほめ育(Ho-Me-Iku)を発信している。
ほめ育財団 ホームページ
「ほめ育のススメ」ブログ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』