得するコト得するコト
まめ知識 2016.07.26

筋トレの効果を最大限引き出そう『プロテインはいつどうやって飲む?』

少しでも引き締まった身体になりたい、筋肉て健康的になりたい。
そんな思いから日々の生活を努力している方も多いかと思います。その中でダイエットや筋トレにおいて広く活用されているプロテイン。実は、その飲み方によって筋トレの効果に大きく差が出ると言われているんです。

筋トレの効果を最大限引き出す、プロテインの飲み方

筋肉を増強するには、トレーニングだけではなく、十分な栄養補給が必要です。
その栄養の中でも、筋トレには決して欠かすことの出来ないものといえば、タンパク質があげられます。
今回は、タンパク質を効果的に摂取するための、プロテインの飲み方をご紹介します。

プロテインを飲むべきゴールデンタイムは「筋トレ後30分」

より多くの筋肉を得るためには、より早く疲労を回復させ、より良質なタンパク質を補給することで、新しい筋肉をつけることが重要です。
その効果が最大に高まるのは「筋トレ後の30分以内」と言われています。つまり筋トレを行った直後が、筋肉の成長を最大限に引き出すことのできる“ゴールデンタイム”と言えるのです。

筋トレ後にプロテインを飲むべき2つの理由

そもそも筋トレ後にプロテインを飲むことは、なぜ効果的なのでしょうか。その理由は主に2つあります。

1、タンパク質の分解を抑え、新しい筋肉の生成を促すため

筋肉増強のためには、タンパク質の摂取が重要になります。なぜなら筋肉はほぼタンパク質でできており、筋トレ後はタンパク質の分解と合成の速度が通常よりも速くなるためです。

この時、筋肉の合成が分解を上回らないと、筋肉は増強されません。筋トレ後にプロテインを摂取すると、筋肉のタンパク質の分解が抑えられ、筋肉の合成が促されるのです。

2、身体のエネルギー源を補充するため

筋トレ後は、身体を動かすためのエネルギー源である「グリコーゲン」が大きく減少します。
グリコーゲンが低い状態が続くと、代わりに身体は筋肉中のタンパク質を分解することで、エネルギーを補おうとします。

糖質入りのプロテインを摂ることで、糖質がグリコーゲンとなって補充されるので、筋肉が分解されることなく、筋肉の成長と疲労回復につながります。
糖質が含まれていないプロテインを摂取する場合は、別で糖質を摂るよう心掛けましょう。

ゴールデンタイムにどれくらいプロテインを飲むべき?

筋トレ後30分以内にどれくらいの量のプロテインを摂るのが、最も効果的なのでしょうか。
プロテインの摂取量は、全体重から体脂肪を除いた体重(除脂肪体重)1kg当たり約0.5gが推奨量とされています。

プロテインの摂取量=体重(kg)×(100-体脂肪率)(%)÷100×0.5g

<男性 65kg 体脂肪17%の場合>
体脂肪を除いた体重 54kg
プロテインの推奨摂取量 約27g

<女性 52kg 体脂肪率23%の場合>
体脂肪を除いた体重 40kg
プロテインの推奨摂取量 約20g

プロテインの摂取量は「脂肪を除いた体重」×0.5(g)で決める】

ちょっとでも健康に、プロテインの力を借りているのならすこしでも意味のある取り入れ方をして、その生活の手助けとなってほしいですね。

監修者/理学療法士 糸魚川 卓哉先生

首都大学東京を卒業後、聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション科に勤務。そこで人の命を救うためには“予防”が最も重要であることに気付く。大学病院を退職後、訪問リハビリテーションの現場で健康づくりの指導をしながら、パーソナルトレーナーとしても病気にならないための心構え・身体づくりのサポートも実施中。健康の正しい知識を発信していきたいと思っております。

文/Dr.Note
参考記事:筋トレの効果を最大限引き出す、プロテインの飲み方
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.12.06

旬のゆずで自家製調味料レシピ『ゆず塩』と『ゆずポン』

2020.12.05

材料4つ。シンプルで華やか『レモン大根』

2020.11.29

暮らしのレシピ『みかんの皮の万能洗剤』

2020.11.27

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

編集部おすすめ記事

2020.12.06

大掃除は家族総動員『掃除をゆる~く楽しむアイディア』

2020.12.03

『旬食材』白菜ー旨味たっぷり、加熱も生食も美味しい冬の野菜ー

2020.12.03

旬の大根で作る簡単晩ご飯『豚バラのみぞれ煮』

2020.11.30

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2020.11.27

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2020.11.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』