知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

取材 2016.09.03

100人100色ー古くから伝わる日本の文化を、現代に馴染むように私らしく表現したいー田中麻里さんのお話し

LINEで送る
Pocket

それぞれの立場、個々の考え方によって「働く」ことへのスタンスは異なります。正解なんてありません。
「100人100色」では、100人の「働く女性」に登場いただき、等身大の姿を語っていただきます。
年齢、環境、キャリア全ての背景が異なる人たちの100とおりの『想いや生き方』の中に、きっとあなた自身にとってのヒントが見えてくるはずです。
今回は、西麻布で旦那さんと2人3脚で日本料理店を営む田中麻里さん(28)をご紹介。
世界一周旅行を経て、「非日常」を作る仕事を重ねてきた彼女にどんなエッセンスが加わったのでしょうか。 大きな壁にぶつかった時も常に楽しむ姿勢を大切にする田中さんの仕事観とプライベートのお話を伺いました。

女将という今の仕事に至るまでのキャリアを教えてください。

「非日常」を作る仕事が好きで、学生時代はテーマパークやメイド喫茶などで働いていました。
結婚する前は今とは全く異なる仕事、「舞台衣装プランナー」という仕事をしていたのですが、もっと世界中の民族衣装や舞踊・舞台を観たいと思い、その仕事を辞めて世界一周旅行をしたのです。
P1110785 ke
▸世界一周旅行で訪れたアフリカ・ザンジバル島での一枚

 

その時に主人に出逢いました。 そこから人生が急展開して、今では主人と営む日本料理店の”女将”という、これまでと全然違う仕事をやっています。
一見共通点が無いように見える前職と現職なんですが、「非日常を作る」という点では共通しています。 和服を着て、白木のカウンター越しに客人をもてなす。演出が施された空間でお客様に楽しんでいただくために思いを巡らすのは舞台を作るお仕事と似ています。
IMG_4018 ke

これまでにぶつかった壁はありますか?そしてどう乗り越えましたか?

お店がオープンしたばかりの頃はお客様が全くいらっしゃらない日も多くありました。 確かに大きな壁でした。
そのことによって主人の気持ちが消沈するのです。その様子を見ているとこちらの気も滅入ってしまう・・・そこで「来てくれる人だけがお客さんじゃないよ!応援してくれる人がたくさんいるよ!」ということに気付いてもらうため、お店のインスタグラムを始めました。
料理の写真にたくさんのいいねやコメントがつくのをみて、応援してくれるお客さんがたくさんいるんだ、ということに気づいてからは、その壁は気にならなくなりました。乗り越えられているかは分かりませんが。笑

一番忘れられない仕事のエピソードをお聞かせください。

お店のインスタグラムを見て来店してくれた海外のお客様のエピソードです。
私たち夫婦はそれぞれ、お店を出す前に世界中を旅していたという共通の経験をしてきました。なので、旅行者が訪れた国の印象を決めるのに、出会う現地の人がどれほど重要な役割を果たすのかということを身をもって知っています。
先日お越しになったお客様は、私と主人のたどたどしい英語の対応でも喜んでくださって、食べたことのない懐石料理のコースを楽しみ、和包丁に触れ、日本文化の体験にとても満足してくださいました。
最後に記念撮影をし、お会計も終わった後、お客様はごそごそとカバンの中から母国のお金を取り出し、私たちに差し出しました。それは日本とオランダの通商400年記念コインで、大切に台紙に納められたものでした。 「オランダに来た時にはこれを使って、会いに来てください」というお客様。
そんな大切なものは受け取れない!と一度はお断りしたのですが、お客様は「気持ちだから」とおっしゃってそのコインをくださいました。
旅人をしていた私たちにとってこのエピソードは、日本を訪れたそのお客様に感動を与えることが出来たという大きな自信に繋がりました。

P1330428 ke
▸世界一周旅行をしていた頃の田中さん。友人とレンタカーで旅したグランドキャニオンにて。

あなたご自身を表現する「肩書き」を作るとしたら、どんな肩書にしたいですか?

「女将キュレーター」という感じ。あまりピンと来ないかもしれないですけど。
女将という仕事は代々伝承されるものであったり、「長い時間をかけて体になじませた日本の伝統を守っていく」といったイメージが何となくあるかと思うのですが、私自身は幼少期をニューヨークで過ごし、日本文化に触れずに育ったタイプで、帰国後も母のアメリカかぶれが抜けきらなかったため、実家でお味噌汁を飲んだ記憶もほとんどありません。
2年前に主人から「日本料理のお店を始める」と聞いて「それなら私が女将をやるのかしら」と思い、それから“女将”を学んで今に至るんです。
だから「和」の道に入ってからの日もまだ浅い。
職人仕事と同じように時間をかけて体で覚えていかなくてはいけない女将の仕事を、本やインターネットやほかのお店の女将さんへの聞き取りなどで情報を収集して体得していくようにしています。
古くからある日本の素晴らしい文化を、どうやって現代に受け入れられるスタイルとして馴染ませていくのか。
それを考えられるのは自分が日本文化の外側にいた人間だからなのかな、とも思っています。
だから“女将”というよりは“女将キュレーター”。これが私らしい仕事のやり方なんだと思います。

13076977_1081538415217979_3705297359941692284_n ke
▸お店の営業だけにとどまらず、お客様を連れて食材の生産者を巡るスタディツアーも行っている。

働いている時の貴方を「色」に喩えると?その理由は?

限りなく白に近い灰色。
日本料理の文化は底が見えないほど深いから、私の経験値なんてまだほとんど白紙状態です。
海外から帰って真っ白の状態でスタートして2年ほど。まだほぼ白ですけど、2年前よりか少しだけ年季が入って灰色になりました。

263 ke
‣着付けは独学で学ばれたというお着物姿が板についてきた田中さん

あなたにとって「働く」こととはなんですか?

人生を楽しむためのツールの一つです。旅行や趣味と同じように、働くこと自体が楽しかったら文句なしです。
例えば働くことそのものが楽しくなかったとしても、「この仕事が終わったらケーキが食べられる!」とかでも、働くことが楽しむためのツールと言えますよね?そう考えると、だいぶ気持ちが楽になります。
人生の時間は限られているから、私は与えられた全部の時間を楽しみたいと思うんです。だから仕事が辛い時こそ、楽しむようにしています。
「辛すぎて笑える」とか、9割本気で言っています。

今は割烹の女将という仕事に必要な日本料理や文化の勉強をしているときが特に楽しく感じます。
「からすみ」っていう食べものが豊臣秀吉が呼び始めたなんてこの仕事をしていなければ一生知らなかったと思いますし、まだまだ知らない食べものやマニアックな風習、普段何気なく行っていることの本当の意味などが山ほどあります。
今の仕事はそういった新しい発見の連続で、毎日が楽しく感じられます。

IMG_4001 ke

これからチャレンジしたいこと、チャレンジしたいけれどできないことはありますか?また、その理由も教えてください。

本を書きたいです。ちょっとだけちゃんとした備忘録的なものでいいから、残る形で自分の言葉を綴りたいと思っています。
今までにいろんなことを経験させてもらって、たくさんの価値観に触れて、その時には強く感じたはずのこともすぐに薄れてしまう慌ただしい日常にいると、記憶に残すための記録が必要だなと思って。

自分の人生で一番大切にしていることはなんですか?

どんな環境にあってもポジティブに楽しみ、アイディアを巡らせること。どうしようもないことで悩まないこと。
小学生の時に母が亡くなったのですが、ちょうどその頃聴いていた曲で「どうにもならない事なんて どうにでもなっていい事」っていう歌詞があって、どうにもできないことで悩むのはやめようって思ったんです。
どうしようもない悲しいことは誰にだってやってくる、それをいつまでも辛い悲しいと言っていたって何も変わらないし、何かに失敗したなら「起こったことは仕方ない。じゃあ次どうしようか」って、常に前を見て行動することを大切にしています。
失敗の連続で何度も辛い思いをしていますが、それも楽しんでいます。

 

様々な経験と探求を通して、どんな時も前向きに日本料理店を盛り上げていく田中さんの逞しくも凛とした姿。
日本だけでなく、世界を見ていたからこそ、文化の違いや気づきが人一倍大きく、日本のことをより深く伝えられるのではないでしょうか。 日本料理店という舞台を今後どのように彩っていくのかが楽しみです。

取材・記事/
いろんな女性の働く・暮らすを知ること 『100人100色』は、SAISON CHIENOWAとケノコトの共同記事です。

 

すえよしロゴ

田中麻里さんが女将を務める日本料理店『伊勢すえよし』ホームページ 

chienowaロゴ
セゾンチエノワはこちら
働く・暮らす・子育てなど、クレディセゾンで働く社員が当事者目線で選び抜いたコンテンツを発信。
「新しい働き方と暮らし」をコンセプトにしたキュレーションメディアです。

Facebookページ

(黒文字)100人100色
100人100色記事一覧はこちら
SAISON CHIENOWA ×ケノコト 連載企画
いろんな女性の働く・暮らすを知ること。

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

2019.08.18

暑いからこそ、温活を『じゃがいものポタージュ』

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.14

夏のデザート『とろ〜りマンゴープリン』

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.26

HBで簡単ふわふわ!『チーズクリームのシナモンロール』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2017.03.30

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

2017.04.01

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

2017.04.28

4月のお献立、その4。食欲をそそる香り『メカジキのハーブパン粉フライ』