知るコト知るコト
家のコト 2016.08.09

うちの子は大丈夫? 『知っておきたい低体温のコトと毎日の過ごし方を考えよう』

最近、大人でも子供でも低体温の人が増えています。
本来、人類は36.8℃前後が平熱のはずなのに、35℃台、中には34℃台の人までいるそうです。
どうして、体温が低くなっている子どもが増えているのでしょう。低体温になることで、どんな影響があるのでしょう。大切な体のこと、きちんと知っておきたいですね。

体温が低下すると…

低体温とは36℃未満の体温の事を言います。
体温が1度下がると免疫力が37%低下し、風邪やアレルギー、花粉症になりやすくなると言われています。また基礎代謝が12%低下して、1日の消費エネルギーが700kcal減って太りやすくなります。体内酵素の働きが50%低下して栄養吸収率が低下して熱エネルギーが作り難くなり、疲れやすくなります。腸内環境も悪化して消化系が弱くなります。ガン細胞やウイルスの活動は35℃台が1番活発になります。

13936871_1208686332553193_742068251_n

なぜ低体温が増えてきているのでしょうか?

50年前の日本人は体温が37℃前後あったと言われています。
50年前は掃除も洗濯も食事の支度も手作業が多く運動量と共に筋肉量もありました。

それに比べて、現代の生活は全てが便利になり、運動量がへり筋肉量が低下したことによる基礎代謝が低下したり、季節に関係なく手に入る野菜や果物を食べる機会が増えました。例えば、冬でも売られているきゅうりやトマト。これら本来は夏野菜ですので、体を冷やす効果があります。
13942162_1208686352553191_1452306365_n

エアコンの部屋ばかりにいませんか?

さらにエアコン環境が整い、体が本来持つ体温調節機能が働きにくくなっているなどの要因があると言われています。
元々人間には恒温動物として、外気温が高くても低くても体温を維持できる機能を持っています。
暑さや寒さを感じると視床下部に伝えられて、血管を収縮させたり汗をかいたりして体温調節をしているのです。

13898365_1208686375886522_2123905175_o
この機能はエアコンの効いた部屋で汗をかいたりする機会がないと育ちません。
できるだけエアコンの使用を減らして、少しずつ暑さや寒さに慣らしていき、体温調節機能を育てていくことが大切なのです。

そして涼しい環境の中、ゲーム機やテレビなどで遊ぶ時間が多いと運動不足になり、筋肉量が減ります。
ですからなるべく身体を使って遊ぶ機会を増やしていきましょう。
そして、食事の中に根菜類など身体を温める効果がある食材をとりいれるようにしましょう。
旬のものを食べる工夫をしていくことや飲み物に氷を入れないなど意識してみるとよいですね。

毎日の暮らしの中でできるちょっとしたことを実践して、身体を慢性的に冷やさないよう低体温から子どもを守っていきたいですね。

記事/ギフト教育ラボ
乳幼児教育アドバイザー 元吉祐里
ギフト教育ラボロゴ
ギフト教育ラボでは、発達段階に合わせた幼児教育を行うことで、お子様が個々に持っている可能性や才能を引き出す取り組みを行っています。人間の脳は3歳までに約8割が完成すると考えられているため、
乳幼児期にギフトの科学的根拠を持ったトレーニング法を行うことで、個々の能力を大きく高めることができるのです。

ファミリー教室ギフト
ギフト教育ラボHP

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

編集部おすすめ記事

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』