知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2016.08.27

衣類の手洗いをマスターして洗濯上手に『手洗いのHow to』

LINEで送る
Pocket

みなさん、洗濯は洗濯機にまるごとおまかせですか?
生活がとても便利になった今の世の中、洗濯機もただ回るだけではなく、汚れが多いコース、おしゃれ着コース、つけおきコースなど、用途に合わせて使用できるようになりました。
でも大切な洋服をそのまま洗濯機にポーンとするのは、すこし不安。大切な洋服だからこそ、自分の手できちんと洗って、また気持ちよく着たいですよね。
そんな手洗いにまつわる手洗いのあれこれを、洋服の専門家であるスタイリストさんにお聞きし、Q&A形式でお伝えしていきます。

a71ff609d00664e5be53c09f6f935add_m

Q:そもそもなんで手洗いってするの?

A: 衣類全般、水につけること自体がストレスのもと。型崩れ、色落ち、ヨレなどが発生してしまいます。
大切に着たい洋服だからこそ、痛みを最小限にできるように、すこし手間をかけて手洗いするようにしましょう。
手洗いすることは、極力「洗濯機で洗うことによる、型崩れやのび」といったダメージをふせぐため。ナイーブな素材は、洗濯機に入れてはならないというタグ表示がある通り、洗濯をかける中で素材の劣化や色落ち、型崩れになりやすいので、やさしく押し洗いなどでメンテナンスすることが大切なんですよ。
※タグにドライマークのものを洗う場合は、そもそも素材自体が弱いためごしごししないようにしましょう!

Q:ちゃんとすすげてるのか心配です

A: 洗濯機で洗うのとは違い、すすぎ・脱水機能があるわけではないので、洗剤の量を入れすぎないことがポイントです。すすぎは2回以上、洗剤のこりを防ぐため、丁寧にすすぎましょう。
※すすぎ用で洗面器や桶などにためた水に泡がたっていると、まだすすぎたりていない証拠です。洗剤の適量目安は、お使いいただく洗剤の用法用量をご確認ください。

Q:色落ちしないの?

A: するものもあります。ですが洗濯機でも同様に色落ちはしてしまうので、そのダメージを「最小限」におさえるためにも、水洗いを選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

Q:しぼり方がわかりません(ちゃんと乾くの?)

A: ぞうきんしぼりは絶対に避けましょう!しわにならないようやさしくロール状にまいて、上から押しながら水を出しましょう。(ねじる、ひっぱるなどは避けてくださいね)
洗濯機の脱水機能を使う場合は、たたんでネットに入れた状態で入れます。なるべく脱水時間は少ないメニューを選びましょう。この時のポイントは、
(1)折りたたんだサイズぴったりの大きさのネットを選ぶこと。
(2)折りたたむよりもロール状でネットに入れること。
ヨレないようにバスタオルに挟んでネットに入れる、もしくははじめからネットに入れた状態で洗うという裏技もありますよ!

Q:素材はどんなものが向いてるの?

A:特に天然素材(綿、ウール、麻など)やシルクといったような、ナイーブ素材のものが向いています。

Q:必要な道具は?

A: 最低限以下の3つを用意すれば、早速チャレンジできますよ!
・水が貯められる大きさの洗面台
・洋服を入れるネット
・手洗い専用の洗剤や手洗い用の石鹸

Q: プロのスタイリストって、どんな時に水洗いするの?

A: 特に今の時期、汗をかきやすいので家に帰ったら、今日着た服をすぐに水洗いすることが多いです。すぐ水洗いすることで、汗ジミも防げますからね。
ファンデーションも中性洗剤でピンポイントに手洗いするのが一番落ちるので、首回りは特に手洗いをおすすめします。

手洗いの手順

1:水、もしくはぬるま湯に、専用洗剤を入れ、溶かしておく
2:崩れないように畳んだ衣類(ネットにいれておいてもOK)を1の水に入れる
3:やさしく押し洗いをする
※ 軽い汗よごれなど、汚れがひどくない場合は2のまま15分前後放置してもOKです。
4:洗剤が残らないようロール状になった衣類を押しながら脱水(場合によっては、洗濯機の脱水機能を使っても良い)
5:干し方は平げて干す
※水が残りすぎていると、重さですぐ生地が伸びてしまったり、ハンガー型が残ってしまうので、平干しがおすすめです。
※アイロンをかけられる素材の場合は、乾かす前に低温のアイロンをまずかけてしわをのばしてから干すと乾きも仕上がりもよくなります。(素材やプリントによってはダメージになるものもあるので要注意)
※生乾きが強い場合は除湿機をうまく活用しましょう。

d33d6aef9ed8d2519b9cf2c7981c1771_m
時間をかけて、自分の目でみて、自分の手で洗濯する。
洗濯物を手洗いすることが当たり前だった時代は、いったい家族1日分の洗濯にどれくらいの時間をかけていたのだろう…とふと思います。でも、そんな暮らしこそが、「丁寧にいまを暮らす」一歩なのかもしれません。
大切な洋服だから手洗いして、手洗いしたからこそ、また大切に着る。
素敵なサイクルだと思いませんか?

 

※配送料金の一部 (税込324円)をお客様にご負担いただくこととなりました。

文/ エアークローゼット
ac_logo-b-2

エアークローゼット 企業概要

これまでにない、新しいファッションとの出会いを。
エアークローゼットは、月額制の「期限なし」で「何度も」新しい洋服との出会いを楽しめる、ファッションレンタルサービスです。
新しい”あたりまえ”をつくろう(Creating new lifestyles for smiles :)
時代の流れとともに変化し続ける人々のライフスタイル。
慣れ親しんだ世界観に新しいものが取り入れられ、それがあたりまえになっていくことで作られていくライフスタイル。
一過性のトレンドではなく、長く人々に愛され、ライフスタイルに溶け込んでいくようなサービスを作ることで、この世界にひとつでも多くの笑顔を生んでいきます。

airClosetホームページ
airCloset Facebookページ

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.05.24

もっと簡単に!美味しく!『にんにく角煮(改良版)』

2019.05.22

簡単!自家製『レモネードの素』

2019.05.21

二十四節気の暮らし方『小満』日差しが強くなってくる頃。暮らしの中での日焼けケア

2019.05.20

日本の言葉『五月晴れ』晴れやかな空の青さと夏の訪れ

2019.05.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『36 そとごはん』

2019.05.11

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

編集部おすすめ記事

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

2019.05.13

初夏の香り広がる『にんじんの葉のナムル』

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』