得するコト得するコト
まめ知識 2021.02.23

朝にやること『いつもの食事にプラスαでダイエットの近道に』

ダイエットのために、無理な食事制限をしていませんか?
キレイにダイエットするためには、正しい食生活を送ることが大事です。いつもの3食に簡単な工夫をして、健康的なカラダをつくるための食習慣を心がけていきましょう。

朝一番に、コップ一杯の水を飲む-『いつもの食事にプラスαでダイエットの近道に』

目が覚めたらまずコップ一杯(約200ml)の水を飲むこと。人は寝ている間に、コップ1杯程度の汗をかくと言われています。
朝一杯の水は、不足した身体の水分を補い、腸の動きを活発にして、便通を良くする効果が期待できます。一気飲みはせず少しずつゆっくり飲むよう心がけてください。
また、冷たすぎる水は避けましょう。
腸で吸収されるのに最適な温度は5〜15度と言われています。水を飲むことで目覚めも良くなるので、1日の良いスタートを切れるでしょう。

朝食は「パンよりお米」を「9時まで」に食べる-『いつもの食事にプラスαでダイエットの近道に』

適当にすませてしまいがちな朝食ですが、朝の食事は1日の大切なエネルギー源になります。
人間は脳を活性化するためには糖分が必要になるので、脳のエネルギーとなるのブドウ糖が含まれている炭水化物を朝に摂るのが良いとされています。

エネルギー源となるブドウ糖を効果的に補給するには、パンなどと違って脂質の少ない「お米」が、健康的でダイエットに良いと言われています。特に玄米や十六穀米であれば、GI値も低いのでよりオススメです。

お米は通常3時間程度で消化されます。お昼を食べる12時までの3時間前の「9時まで」に朝食を食べることが望ましいです。
朝食は身体を速やかに覚醒させ、体温を上げることで代謝アップの効果も期待できます。

栄養士さんのひとこと-『いつもの食事にプラスαでダイエットの近道に』

忙しい朝に手軽なフルーツグラノーラですが、グラノーラは揚げてあり、ドライフルーツは砂糖でコーティングされているので、毎日食べるのはダイエットには逆効果です。
ドライフルーツは栄養としては優れているので、ヨーグルトに少し入れるなどで摂るのはおすすめです。

缶コーヒーは、加糖でなくブラックを-『いつもの食事にプラスαでダイエットの近道に』

朝の目覚めの一杯に、コーヒーが欠かせないという人も多いのでは。苦いコーヒーを甘くするには大量の砂糖が必要で、つい砂糖を多く入れがち。
また市販のコーヒーも砂糖が多く含まれているものが多いので、無糖か、せめて微糖にしましょう。
朝にやること『いつもの食事にプラスαでダイエットの近道に』ブラックコーヒー
いつもの習慣を、すこし気をつけてみるだけで、ダイエットにつながることがあるんです。ぜひ実践してみてくださいね。

昼と夜の習慣もチェック!

【昼編】明日からできる!いつもの食事で痩せ体質をつくる昼の習慣

【夜編】明日からできる!いつもの食事で痩せ体質をつくる夜の習慣

文/Dr.Note
参考記事:【朝編】明日からできるダイエット!いつもの食事で痩せる朝のワザ
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

その他のおすすめ記事

管理栄養士直伝!『理想的な朝ごはん』のすすめ

管理栄養士直伝!『理想的な朝ごはん』のすすめ

日中の食欲を抑えてくれる?『朝ごはんがもたらす効果』

日中の食欲を抑えてくれる?『朝ごはんがもたらす効果』

一日に摂っていい塩分ってどれくらい?『塩分量の正しい知識を知ろう』

一日に摂っていい塩分ってどれくらい?『塩分量の正しい知識を知ろう』

コメント

  1. すー より:

    いつもの食事で痩せ体質をつくる。夜編、昼編が見れません。
    気になります!

コメント欄


人気の記事

2021.03.01

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

編集部おすすめ記事

2021.03.01

【七十二侯のコト】第六侯「草木萌動」

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.14

食物繊維も豊富『知って得するあおさの成分と保存方法』