知るコト知るコト
新しいコト 2016.09.02

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの夏の終わりにぴったりの一曲『裸の王様』

何の変哲もない日常の風景。
誰かに話すまでもないけれど、湧いては消えていくふと思い浮かぶ気持ち。
「ケミカルボリューム」の音楽は、そんな何気ない毎日の瞬間を切り取って、すこし特別なものに変えてくれる不思議な力を持っています。
とある地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝日で曲作りをしている、ユニークなライフスタイルの宅録ユニット、通称≪ケミボ≫。
独自の生き方を貫く彼らの手から生まれる楽曲を1曲ずつひも解いていけば、ケミボの本質が見えてくるかもしれません。
冗談半分で書き始めたことから生まれたという夏の終わりにぴったりの曲、『裸の王様』。
この曲ができるまでの背景を、ケミボご本人が語ってくれました。

日々の生活、誰もが裸の王様なのかもしれない

「サマー♪オーサマー♪ナニサマー♪オレサマー♪」・・・いつも姉に小馬鹿にされている。
一応言い訳として「くだらない冗談」で書いただけと言うやりとりが何度あっただろう。
タイトルの「裸の王様」。意味はみなさんご存じと思うので割愛させて頂くが、まさにそれを書いた歌。

人は案外自分のこととなると見えないもので、他人に対して色々言ったりする。
そんなことを何となく書いていたら何故かテンションが上がりサマー♪サマー♪とロックな?メロディやリフが浮かんできた夏の日の午後。
一言で言うと悪ふざけから生まれた楽曲だったりする。音楽は音を楽しむと書く。
なんて当たり前のことを言っているのか俺・・・恥ずかしい。
が恥ずかしいことを表現するのはとても重要なことだと思っている。

出来上がって聞いた時ビールとポテチで祝杯をあげたっけ。
その瞬間誰よりミュージシャンだった気がする。それが始まりの日。
ea84b160023feaf42c05fe82060a8700_m
部屋で曲を流すたびに姉に笑われる日々。
つられて笑うからしばらく歌えなかったっけ。
「かばん中で折れ曲がって出番の無いままの言葉」というフレーズを気に入っている。詩人だ俺。とか勘違いさえしたことを覚えている。

現実の日常生活では自分も裸の王様で、仲間が離れたり、言葉が足りなくて人を傷つけてしまったり。
みんなそうかもだけど、このざまだ。
自分が演じてる自分。他人からは違う感じに見えてるらしい。
気にしすぎたら心が疲れるからほどほどに。でも相手の立場に立って行動することを心がけたい。
サラリーマンの基本だし。

雨上がり、水たまりに映る自分の顔。
今度はどんな顔だろう。
少し疲れてて、でも優しい笑顔だといいね。
そういえば蚊取り線香と団扇ってどこしまったっけ?今年の夏も暑くなりそうだ。
b5afacca8b2489ee1af9b34ed1d77e1e_m

 

裸の王様

あいにく今日は午後からの 降り出した雨のせいで
ぬるくなった缶ビールも テーブルに放り出したまま
かばんの中で折れ曲がって 出番の無いままの言葉
さらさらさら渡す気なんて あるはずもない あるはずもない

誰の力も必要無いって ほら
気付いたら誰も いなくなったよ

SUMMER! OH SUMMER! 裸の王様
ただ そのまま? 何様? 俺 SUMMER

ようやく雲の切れ間から 差し込んで 照らし出した
水に映る顔がちょっと 自分じゃない こんなんじゃない

僕の言葉が足りないなんて 今
気付いたら君が泣いてたんだよ

SUMMER! OH SUMMER! 裸の王様
まだ このまま? このざま? 俺 SUMMER

5751f66116a9a756e6394f9d0f998e68_m
自分勝手な発言や行動が知らぬ間に他人を傷つけてしまったこと、
その時には気づかなかったけれど、後になって冷静になると恥ずかしかった思い出、誰にでもあるのではないでしょうか。
身に覚えがあるような気がして妙に共感できる、日常生活の何気ない瞬間を切り取ったケミカルボリュームらしい一曲です。

—————————————————
Chemical Volume /裸の王様 short ver./ライフスタイルミュージック

—————————————————
記事・歌詞 / Chemical Volume(ケミカルボリューム)

CMVO_logo_Main のコピー
モットーは「自分たちの力量、環境、機材でできることしかやらない」。
地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝で音楽を作っている宅録ユニット。

公式ホームページ
Faceook
Twitter
ケミボチャンネル(YouTube)

 

header_logo
Unknown

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』