知るコト知るコト
新しいコト 2016.09.02

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの夏の終わりにぴったりの一曲『裸の王様』

何の変哲もない日常の風景。
誰かに話すまでもないけれど、湧いては消えていくふと思い浮かぶ気持ち。
「ケミカルボリューム」の音楽は、そんな何気ない毎日の瞬間を切り取って、すこし特別なものに変えてくれる不思議な力を持っています。
とある地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝日で曲作りをしている、ユニークなライフスタイルの宅録ユニット、通称≪ケミボ≫。
独自の生き方を貫く彼らの手から生まれる楽曲を1曲ずつひも解いていけば、ケミボの本質が見えてくるかもしれません。
冗談半分で書き始めたことから生まれたという夏の終わりにぴったりの曲、『裸の王様』。
この曲ができるまでの背景を、ケミボご本人が語ってくれました。

日々の生活、誰もが裸の王様なのかもしれない

「サマー♪オーサマー♪ナニサマー♪オレサマー♪」・・・いつも姉に小馬鹿にされている。
一応言い訳として「くだらない冗談」で書いただけと言うやりとりが何度あっただろう。
タイトルの「裸の王様」。意味はみなさんご存じと思うので割愛させて頂くが、まさにそれを書いた歌。

人は案外自分のこととなると見えないもので、他人に対して色々言ったりする。
そんなことを何となく書いていたら何故かテンションが上がりサマー♪サマー♪とロックな?メロディやリフが浮かんできた夏の日の午後。
一言で言うと悪ふざけから生まれた楽曲だったりする。音楽は音を楽しむと書く。
なんて当たり前のことを言っているのか俺・・・恥ずかしい。
が恥ずかしいことを表現するのはとても重要なことだと思っている。

出来上がって聞いた時ビールとポテチで祝杯をあげたっけ。
その瞬間誰よりミュージシャンだった気がする。それが始まりの日。
ea84b160023feaf42c05fe82060a8700_m
部屋で曲を流すたびに姉に笑われる日々。
つられて笑うからしばらく歌えなかったっけ。
「かばん中で折れ曲がって出番の無いままの言葉」というフレーズを気に入っている。詩人だ俺。とか勘違いさえしたことを覚えている。

現実の日常生活では自分も裸の王様で、仲間が離れたり、言葉が足りなくて人を傷つけてしまったり。
みんなそうかもだけど、このざまだ。
自分が演じてる自分。他人からは違う感じに見えてるらしい。
気にしすぎたら心が疲れるからほどほどに。でも相手の立場に立って行動することを心がけたい。
サラリーマンの基本だし。

雨上がり、水たまりに映る自分の顔。
今度はどんな顔だろう。
少し疲れてて、でも優しい笑顔だといいね。
そういえば蚊取り線香と団扇ってどこしまったっけ?今年の夏も暑くなりそうだ。
b5afacca8b2489ee1af9b34ed1d77e1e_m

 

裸の王様

あいにく今日は午後からの 降り出した雨のせいで
ぬるくなった缶ビールも テーブルに放り出したまま
かばんの中で折れ曲がって 出番の無いままの言葉
さらさらさら渡す気なんて あるはずもない あるはずもない

誰の力も必要無いって ほら
気付いたら誰も いなくなったよ

SUMMER! OH SUMMER! 裸の王様
ただ そのまま? 何様? 俺 SUMMER

ようやく雲の切れ間から 差し込んで 照らし出した
水に映る顔がちょっと 自分じゃない こんなんじゃない

僕の言葉が足りないなんて 今
気付いたら君が泣いてたんだよ

SUMMER! OH SUMMER! 裸の王様
まだ このまま? このざま? 俺 SUMMER

5751f66116a9a756e6394f9d0f998e68_m
自分勝手な発言や行動が知らぬ間に他人を傷つけてしまったこと、
その時には気づかなかったけれど、後になって冷静になると恥ずかしかった思い出、誰にでもあるのではないでしょうか。
身に覚えがあるような気がして妙に共感できる、日常生活の何気ない瞬間を切り取ったケミカルボリュームらしい一曲です。

—————————————————
Chemical Volume /裸の王様 short ver./ライフスタイルミュージック

—————————————————
記事・歌詞 / Chemical Volume(ケミカルボリューム)

CMVO_logo_Main のコピー
モットーは「自分たちの力量、環境、機材でできることしかやらない」。
地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝で音楽を作っている宅録ユニット。

公式ホームページ
Faceook
Twitter
ケミボチャンネル(YouTube)

 

header_logo
Unknown

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼