得するコト得するコト
まめ知識 2016.09.19

幼児にとって砂糖とは?『砂糖とうまく付き合う方法』

みなさんはどんなときに子どもにおやつを与えていますか?
実は子どもにとって、おやつって必要なもの。
幼児は大人と違って胃がとても小さいので、一度で沢山の量を食べることができません。
そのため、朝食と昼食の間と昼食と夕食の間に、おやつを食べさせて、エネルギーを補給する必要があるのです。

ブドウ糖を脳に送ろう

<おやつ>というと、つい甘いお菓子をイメージしてしまいがちですが、幼児のおやつはエネルギーを補給する事が目的なので、スナック菓子などのお菓子は避けたいもの。
それよりもブドウ糖を脳に供給する必要があります。そこで1番最適なのは、手軽に作れるおにぎりです。小さいおにぎりを作ってあげて、お子さまにおやつとして食べさせると良いですよ。

14249035_1237210326367460_467711195_n

砂糖の摂りすぎはキケン?

砂糖の入ったお菓子を食べさせていると、子どもは強烈な甘さに慣れてきてしまいます。
自然界に存在している甘味は、完熟の柿の甘さが実は最高と言われています。
それをはるかに上回る甘さに慣らすことは、とても危険なのです。
砂糖には常習性があります。脳が甘さを覚えて欲しがるのです。
欲しがるものを我慢させることはとても大変ですし、幼い頃から与えていると虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
砂糖は糖質100パーセントですので、おやつ時に与えているとその後のご飯などの良質な糖質が食べられなくなります。
砂糖のとり過ぎは、ぼーっとしたり、イライラしたり、疲れたりと良くない精神症状を引き起こします。
14218053_1237210363034123_115037475_n

コントロールが大切

砂糖は親が与え過ぎないようにコントロールしていくことが大切です。
おやつはエネルギーを補給する為なので、甘いものではなく、おにぎりなどで糖質を摂取させ、時々干し芋やとうもろこしなどで楽しませてあげると味覚も正常に育てることができますよ。

記事/ギフト教育ラボ
乳幼児教育アドバイザー 元吉祐里
ギフト教育ラボロゴ
ギフト教育ラボでは、発達段階に合わせた幼児教育を行うことで、お子様が個々に持っている可能性や才能を引き出す取り組みを行っています。人間の脳は3歳までに約8割が完成すると考えられているため、
乳幼児期にギフトの科学的根拠を持ったトレーニング法を行うことで、個々の能力を大きく高めることができるのです。

ファミリー教室ギフト
ギフト教育ラボHP

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

編集部おすすめ記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.08.04

簡単!ひんやり和デザート『ミルク水ようかん』

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~