得するコト得するコト
まめ知識 2016.09.30

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

お散歩したり、家族でお出かけをしたりと外で過ごすのがとても気持ちのいい秋。
そして、季節の変わり目は色々なことを見直すいい時期です。気持ちよく、楽しくお出かけを楽しめるように、子どもの持ち物を見直してみてはいかがでしょうか。

見直していただきたいものの一つが、お出かけするのに必要なお子さんの靴。
そろそろ歩けるようになったので「ファ―ストシュ―ズ」を考えていたり、
裸足やサンダルで過ごした夏が終わり、久しぶりに靴を履かせてみると「あれ?小さい??」ってことありませんか?

靴屋さんに行くと、かわいくておしゃれな靴が並んでおり、どれを選べばいいか悩んでしまいますね。ついついデザインばかりに目がいってしまいますが、成長真っ盛りの子どもの足にはデザインよりも機能の方が重要です。そこで、靴選びに失敗しないポイントを紹介します。

サイズの合った靴を選ぶ

子どもの足は年齢が低いほどサイズの変化は激しく、だいたい3,4カ月のペースで大きくなります。
そのため購入する時に「もったいないし、ちょっと大きめにしておこう」と考えてしまうことも。
しかし足の形に合わない靴は歩きにくく、子どもの行動範囲を狭めてしまうこともあり、更には足の発達に影響が出ることもあるので注意が必要です。子どもの靴は頻繁に変えると覚悟し、足に合った靴を準備してあげてください。

そしてよくありがちなのが靴のおさがり。
履いていない靴なら大丈夫ですが、履いてある靴だと履いていたお子さんの癖がつき、歩きにくいこともあります。
「足の長さ」だけでなく、「足幅」「甲の高さ」も個人差があります。靴が合わなくても小さなお子さんは自分では分かりづらく、教えてもくれません。最近ではお店でサイズを測ってもらえるところも多いので定期的に測ってもらい、サイズの合った新しい靴を履かせてあげてくださいね。

子どもの歩き方・成長を知る

赤ちゃんの歩き方は不安定のため、足をしっかり守ってくれるような厚底でハイカットな靴を、選んでしまいがちです。
実は堅くて頑丈な靴よりも、赤ちゃんの柔軟な動きに対応できるようなやわらかい靴を選んだほうが足を傷つけにくくなります。靴底は薄すぎず厚すぎず、素材は柔らかく曲がりやすく、そして軽いもの。さらに足首や指を曲げやすいようなデザインになっているものを選ぶとよいでしょう。

よく、「家では歩けるのに、外だとよく転んでしまう」というお子さんも多いのではないしょうか。
赤ちゃんの歩き方は指で地面をつかむように、足の指に力を入れて歩く癖があります。
裸足の場合その動きができますが、靴を履くことによってその動きがしにくくなり、転んでしまうことが多くなるのです。
また、足がきちんとあがらないことで、障害物につまずいてしまうことも。つま先の部分が6~7ミリ程度そり上がっているものを選ぶと、転んだりつまずいたりするのを防ぎやすくなりますよ。
pic_1
1、2歳になると運動量も増えて汗もよくかくので、通気性が良く足にフィットするもの、靴底は滑り止めがありゴム製の靴を選ぶのが良いでしょう。

特に小さいお子さんの場合は、デザインがシンプルで履かせやすいもの、自分で履きやすいものが1番です。

子どもの「やりたい」「やってみたい」という気持ちを大事に

2歳ぐらいになると「自分で履きたい!」、「自分でやりたい!!」という気持ちが芽生えてきます。
そんなときは、ぜひお子さんの気持ちを尊重してあげてください。
つい「はやく!」、「できないならママがやる」と言ってイライラしてしまいがちですよね。
そこはぐっと気持ちを抑え、普段よりちょっと早めに準備をして自分で履く時間を作ってあげてくださいね。
つま先が入ってもかかとが入らない、左右が違うなど、子どもよってさまざまな履き方があります。
それも大事な経験のひとつ!
なかなか履けないときは「ママにやらせて!」という言葉ではなく、「ちょっとだけママがお手伝いしてもいいかな?」と聞くことも大事です。
子どもがせっかくチャレンジしているところを「取られた!」と感じるより「お手伝いしてくれた」ということで「自分で~までできた!」という気持ちになり自信にも繋がります。
pic_2
子どもの成長に合わせた靴選びはとても大事です。
ぜひお子さんの歩き方などを見て、正しい靴選びをしてみてくださいね。

記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
ママトコタイムは、赤ちゃんと一緒に美容室や整体院などにいける、イベント型“無料”保育サービスです。プロの保育スタッフが店舗内でお子様をお預かりするので、安心して子連れでご利用いただけます。

女性は出産・育児によって生活スタイルが一変し、子どもが生まれるまでは当たり前であったことが、子どもが生まれた途端当たり前ではなくなります。“ママのお出かけ”はその象徴的なものです。
子育ては1年、2年で終わりません。ママが笑顔で楽しく子育てをしていくためには、自分の時間、リフレッシュの時間はとても大切です。 ママトコタイムは、ママになったら諦めるのではなく、ママになっても”できる!”社会を目指し、ママが笑顔になることで家族の笑顔を増やしていけるよう取り組んでいます。
赤ちゃんと一緒に美容室や整体院などに行ける、イベント型無料保育サービス「ママトコタイム」
ママトコタイムFacebookページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2019.12.19

編集部おすすめ『冬が主役の「大根」を使ったお役立ちレシピまとめ』

2019.12.17

帰宅後すぐ完成♪10分で出来る『どっさりねぎの和え麺』

2019.12.13

大根で作るメインディッシュ「生姜とりそぼろあんかけ大根」

編集部おすすめ記事

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

2019.12.18

切って重ねるだけ!簡単クリスマスに『サンドチョコケーキ』

2019.12.15

クリスマスの食卓に『クリスピーポテト』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~