得するコト得するコト
まめ知識 2016.09.30

ホントに必要?タイミングが大切『スイミングの習わせ時 』

みなさんは子どもにどんな習い事をさせていますか?
1歳ごろになると、習い事をさせ始める方が増えてきます。そうすると、なんとなくウチの子も何か習わせてあげたいな…と思いますね。
そこでやっぱり人気なのが、親子でできるスイミング。体が丈夫になるからと、習わせるご家庭は多いですね。でもちょっと待って!!

呼吸法が変わっちゃう?

スイミングは、親子のふれあい・身体づくりに、とても良い運動です。
しかし、1つだけ注意してほしいのが、泳ぐことをすると【口呼吸】になってしまうこと。
どうしてもお水の中では、鼻で息ができないため、口呼吸になります。まだ呼吸を整えてる最中の子どもに口呼吸をたくさん経験させていると、そちらが優勢になってしまいがちなのです。

14459116_1251734804915012_2147482505_n

始めるタイミングは?

3歳前の子どもに「口を閉じてね」と伝えても、まだ十分に理解が出来ず、何を言われているのか、わからないことがほとんどです。

3歳を過ぎて、言葉もしっかりとわかるようになってくると、日常生活の中で「口を閉じようね」という言葉を理解できるようになります。
したがって、そのころのタイミングでスイミングを始めると、口呼吸にはなりません。

「口を閉じる」ことが、わかるようになってから、本格的にスイミングをはじめてみるのも遅くはないはずですよ。

理解出来るまで待つ

「口を閉じる」だけに関わらず、実はスイミングの動作そのものも同じなのです。
コーチの言っていることを十分理解して、動作に移すことがわかるようにならないと、なかなか進級もできないでしょうし、毎週同じことを言われるようになると子どものモチベーションも下がってしまいます。
言葉を理解し、動作に写せるようになるまでのスイミングは、家のお風呂で充分なのかもしれませんね。
14459830_1251734851581674_1334647880_n
習い事のタイミングを見極めて、お子さまの本能が伸びるタイミングでグングン伸ばしてあげましょう。
スイミングにも必要な、「理解力」や「行動力」は、3歳までの日常の過ごし方で育っていくのだそうですよ。

記事/ギフト教育ラボ
乳幼児教育アドバイザー 元吉祐里
ギフト教育ラボロゴ
ギフト教育ラボでは、発達段階に合わせた幼児教育を行うことで、お子様が個々に持っている可能性や才能を引き出す取り組みを行っています。人間の脳は3歳までに約8割が完成すると考えられているため、
乳幼児期にギフトの科学的根拠を持ったトレーニング法を行うことで、個々の能力を大きく高めることができるのです。

ファミリー教室ギフト
ギフト教育ラボHP

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』