知るコト知るコト
新しいコト 2016.10.07

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの夏の名残りへ捧ぐ『Good-bye Hello』~

何の変哲もない日常の風景。
誰かに話すまでもないけれど、湧いては消えていくふと思い浮かぶ気持ち。
「ケミカルボリューム」の音楽は、そんな何気ない毎日の瞬間を切り取って、すこし特別なものに変えてくれる不思議な力を持っています。
とある地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝日で曲作りをしている、ユニークなライフスタイルの宅録ユニット、通称≪ケミボ≫。
独自の生き方を貫く彼らの手から生まれる楽曲を1曲ずつひも解いていけば、ケミボの本質が見えてくるかもしれません。
移り変わる季節を感じながら、『Good-bye Hello』の背景を探ってみましょう。

移り変わる季節に感じる切なさ。でも、終わりは始まりだから。

昔から季節の匂いが好きでした。春には春の、夏には夏の。
季節によって空や木々の色、匂いが変化した瞬間に「あ~夏だ」とか一人黄昏るのが好きでした。そんな人が結構いるんじゃないかと勝手に思っています。夏の終わり。海水浴客が減ってくる時期の夕暮れ。砂浜にはまぶしい夏の残骸がちらほら。花火の跡。マナーの悪い客のゴミなんかも毎年お決まりで一つの景色を作っていたり。子供のころから何気なく見てきた風景の中に自分もいたんだと思いを馳せながら、温くなった風がまた夏の終わりの匂いを運んできて鼻を擽る。

何かとお別れするわけじゃないのに無性に寂しい気持ちになったことを覚えています。理由のない切なさ。いや理由はあるのかもしれないけど理由より切ないことが自分には大事なことのような気がしました。人は常に何かと別れ、また出会い変化していくものなのかもしれませんね。細胞も生まれ変わっているから、昔の自分とは全く別人なのかもしれないですし。

6a1646b7400953c3cf5231ec0f10ffb3_m

「ハローグッバイ」か「グッバイハロー」か。タイトルを決めるとき少し悩みました。一般的には「ハローグッバイ」が主流な気もしましたが、最後が「グッバイ」なのが気になって、最後は「ハロー」にしようと「グッバイハロー」に決めました。終わりはハッピーな方が個人的にいいと思ったからです。変なこだわりですかね(笑)。V6さんの20周年ベストアルバムで提供させて頂いた「HELLO」という曲があります。音楽を作るなら絶対使いたかった言葉の一つが「ハロー」。人と人を繋ぐ最も古くから、そしてたくさん使われてきた素敵な言葉の一つだからです。その一言が誰かと誰かを繋いだり、幸せな気持ちにしたり、気まずい関係さえ修復したり。これからも機会があればハローという言葉は使っていきたいと考えています。また何かと、誰かと繋がりたいと願っているから。ハロー。また明日。

Good-bye Hello

泣いたフリ 舌出してFLYだ かすかな予感 溶け出す氷が薄める かすかな記憶

裸足で 駆け出して 砂の熱さ確かめたら

固まった 思考回路を 取っ払って 飛び込め

流れ出すメロディー 流し込んだ ハイボール

泡みたいに 弾け消えてく この現在位置さえ

笑い飛ばして 未来へ 流し込んだ ハイボール

泡みたいに 弾け消えてく この現在位置さえ 今

高い空 アスファルト ずーっと伸びる影 傍らにそっと健気に 咲いてる花

交わした 約束も 果たせないまま 年とったな

関わった 人達がふっと 横切って 消えた

流れ出す風が 懐かしい匂いを 連れてきたら 僕らは今 季節が変わったって知る

描いた未来とは 違う場所だけど 日々は流れ 人それぞれに 現在を 歩き出してる

流れ出す風が 懐かしい匂いを 連れてきたら 僕らは今 季節が変わったって知る

流れ出すエンドロール もうサヨナラだね 溢れてくる気持ちはほら

朱い空に溶けてった グッバイ ハロー。

39196501722cca6b5065c52514401c1c_m

望んでいてもいなくても、終わってしまったり消えてしまったりするものや人がいる。
人生にはそういうものがつきものです。そういうとき、なんとも言えない寂しさや悲しさを感じることがありますよね。
でも、終わりは始まりだから。そんなときに、ちゃんと「グッバイ」も言って、次のものには「ハロー」を言える人でありたいですね。
この曲を聴きながらそんなことを思いました。

—————————————————
Chemical Volume /Good-bye Hello short ver. /ライフスタイルミュージック


—————————————————

記事・歌詞 / Chemical Volume(ケミカルボリューム)

CMVO_logo_Main のコピー
モットーは「自分たちの力量、環境、機材でできることしかやらない」。
地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝で音楽を作っている宅録ユニット。

公式ホームページ
Faceook
Twitter
ケミボチャンネル(YouTube)

 

header_logo
Unknown

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

2020.11.15

唐揚げに飽きたら…子どももリピート『オーロラチキン』

編集部おすすめ記事

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

2020.11.21

旬野菜でダイエット&アンチエイジング!『冬は大根1本丸ごと食べよう』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』