知るコト知るコト
家のコト 2016.09.28

順位をつけないなんてナンセンス!?『運動会の徒競走、せっかくなら1位になろう!』

今年も運動会のシーズンがやってきました。毎年、子どもも親も盛り上がるのが「徒競走」。
最近は、運動が苦手な子どものことを考慮して、順位をつけないという学校もあると聞きます。競うよりも充実感を…と、ある小学校では、生徒全員が手を繋いで走り、みんな一緒にゴールするのだとか。「みんなで一緒に走れて楽しかった」と子どもたちは満足気だよ、なんて話ですが、これって本当に良いことなのでしょうか?

せっかくなら頑張ろう。一位を目指そう!

今年の運動会を前に、息子に聞いてみました。
「かけっこの練習、どんな感じ?」
「今日も走ったよ!」
「何位だった?」
「2番だった」
「そっか! すごいじゃん! 本番は1位になれるよう、頑張ろうね!」

すると息子は、こう答えたのです。
「うーん、僕、走るの速い方だし、今のままでいいよー」

基本的にマイペース、普段からあまり闘争心がない息子。もちろん彼の個性で、良い面でもあるのですが、もう少し負けん気を持ってくれてもいいなぁと願う、根っからの負けず嫌いの私。
せっかくかけっこに出るなら、1位を目指そうよ!と当然のように思うわけです。もちろん最終的な順位が問題なのではなく、その過程でどれだけ頑張れるかが大切。そこで、こんな話をしてみました。
「今年は◯◯くんに勝ちたくない?」

闘争心を引き出したライバルの存在

◯◯くんというのは、息子と年少のときからクラスが同じお友達。
初めての運動会で同じグループになり、一緒に走りました。そのときは、ゴール目前で息子が◯◯くんを抜いて1位になるという、なかなか劇的な展開に。息子も大喜びでした。
ところがその後、◯◯くんはめきめきと走るのが速くなり、翌年からのかけっこはいつも1位。どうやら、息子に逆転負けをしたことが悔しかったようで、以降走る練習をしているそうなのです。

photo1

そんな彼と、今年は久々に同じグループで走ることになった様子。今のままだと、息子は◯◯くんに負けてしまうでしょう。そこで、彼をライバルとして見ることで、息子の闘争心に火がつかないかと思ったわけです。

その場では、特に何も言わなかった息子ですが、先日こんなことをお願いされました。
「これから公園に一緒に行ってくれない? 走る練習がしたいんだ」
ついに、息子のやる気モードにスイッチが入りました!

ポイントは「スタートダッシュ」!

早速、公園でダッシュの練習が始まりました。
親の私から見ても、走るフォームは悪くない。もっと速く走るには、どうしたらいいんだろう? 昨年までのかけっこの様子を思い出しながら息子の走りを観察していたら、ふと気づきました。問題は、スタートの遅さにあるのでは?と。
ピストルの音が怖いのか、どこか遠慮しているのか、息子のスタートはワンテンポ遅いのです。ここを克服すれば、もっと速く走れるかもしれない!

とはいえ、スタートの姿勢やコツを教えるのはなかなか難しく、そうこうしているうちに日が暮れて家に帰ることに。なんとかしてポイントを教えてあげたい…と考えた私は、学研ゼミの学研チャンネルに体育動画があったことを思い出しました。

photo2

早速、息子とPCの前で【短きょり走】スタート姿勢の動画を何度も見て、スタートのコツを研究。家の中でも、スタートの練習をし続けました。

本番はもうすぐ。今年の順位はいかに?

「今日も2位だったよ。でも、もう少しで抜かせそうだった!」
そう興奮気味に報告してくれたのは、一昨日のこと。スタート姿勢を変えたことが功を奏したのか、◯◯くんを抜かすまであと一歩のようです。この分なら、本番は1位も夢じゃない!? いやいや、きっと◯◯くんのことだから、息子に負けまいとさらに走る練習をしていることでしょう。

もうすぐやってくる運動会当日。息子とライバルの戦いは、どんな結末を迎えるのでしょうか。勝っても負けても、そのときの味わった気持ちと、走る練習をした日々のこと、大切にしてほしいなと思います。

記事/ここるくママライター
logo

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
10/5からリニューアルスタート!(初月無料!)

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.19

5分で作れる!簡単副菜『豆苗と油揚げのにんにく炒め』

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』