知るコト知るコト
家のコト 2016.10.05

アウトドア好きのお部屋を拝見!『暮らしとアウトドア道具 原口奈々恵さん』

アウトドアと聞くと、非日常的だと思いますか?
アウトドアを嗜む人たちは、日々の暮らしの中でも好きなものと生活しています。そんな彼らの「部屋と暮らし」にフォーカスを当て、「アウトドア」との心地よい暮らし方をすこしのぞいてみましょう。

東京都世田谷区に引っ越して1年目の原口奈々恵さん。植物とのふれあいを大事にしているという原口さんの日々の暮らしや、お家のこだわり、賃貸ならではのDIYのコツなど、いろいろなお話を伺ってきました。

<お部屋データ>
【場所】東京都世田谷区  【築年数】10年  【居住歴】1年目  【間取り】1LDK

<住んでいる人>
原口奈々恵さん(28歳) 職業:ボタニカルアドバイザー
旦那さま(35歳) 職業:会社員

賃貸ならではのDIYを施し、限られた空間を最大限に活用する

ーーまずは、原口さんのアウトドア歴を教えてください。

登山をはじめ、ランニング、ヨガ、キャンプが好きです。わたしの父が山好きだったので、小さい頃から週末土日のどちらかは山へ行っていました。でも、当時はあまりにも山に行きすぎて嫌になっちゃって(笑)

で、しばらくは山から離れていたんですけど、大学生のとき、ゼミで筑波山に登ったんですね。そこで再び山の楽しさに目覚めちゃって。それからは一人で、もう一度筑波山に足を運んだり、友人を誘って箱根の金時山や富士山へ登ったりするようになりました。
798f0d0ad4456d954e78aaba830f976d

5212344be02bdcb1a1adfb44fdf3d12f
勤めていた会社を辞め、植物を学ぶため単身でニュージーランドへ留学したという原口さん。向こうで過ごした1年間は、手つかずの自然に囲まれアウトドア三昧の日々だったとか

ーーこの家には、誰といつから暮らしていますか?

今年に入ってから、旦那さんと一緒にお引っ越してきました。当時はまだ籍を入れる前だったので、いわば同棲ですね。

ーーこの家に引っ越しを決めた理由はなんだったんでしょうか?

db7f2491fb946f288f85cd8e16b18f06
わたしは植物が大好きで、「日ごろから多くの植物に囲まれていたい!」という思いがあって。なので、庭つきの家というのが条件のひとつにありました。すぐ近所に緑豊かな公園があるのも決め手でしたね。ランニングも好きなので、しょっちゅう走りに行っています!

46cbbab221004b1bcc157ce5d49c22ec
毎日植物の手入れは欠かさないという原口さん。ちいさな空間ながらも、彼女らしい世界観が広がる

ーーお部屋でこだわっている部分はありますか?

4ea5da011ad26ec234e1d53c0752f19a
自作の棚と、テーブルですかね?

ーーこれ自分で作ったんですか?

はい、そうなんです。家は賃貸なんですが、賃貸でもできる範囲のDIYがしたいなって思って。棚は4本の柱を立てて、木材にステインを塗り、ピラーブラケットというアイテムを使って、床と天井を突っ張るような形で固定しています。

ちいさな植物って、床に置くと目につかないんです。だから、高いところに置きたいなって思って、植物を置く棚が欲しかったんです。段は好きな高さに変えられるので、置きたい物に困らないし、とても気に入っています。

d4ff50d9080ccf75522d0dfbb3a3d01f
作業用デスクには、有孔ボードを設置。小物をかけたり写真を貼ったりして上手に空間を活用

ーーテーブルも素敵ですね。

a2aa80cd46e630118db1b95feb603c98
テーブル板には、吉野の杉の一枚板を使っています。ちなみに脚は、水道管に使う配管(パイプ)を応用してるんですよ。インテリアとして配管を使うワザを知って、取り入れてみました。

6e4d89951355aa2ea38fcd4e0169a2fd
「あえてナチュラルな杉の板に、無骨な配管を組み合わせました」と原口さん。こなれたDIY感が出せるそう

アウトドア用品は、あえて“見せる収納”をしない

ーー山やキャンプ道具の収納はどうしていますか?

ここにはこれと言って語れるようなこだわりは無いんですが、クローゼットのなかにひとまとめにしていますね。わが家では、素朴な植物を主役にしたいなと思っているので、アウトドア用品は“見せる収納”じゃないんです。
4782c204396e328e9ed74c3d7f1c67f3
あちこちに散らばらせず、アウトドア用品はすべて同じ場所に。「同じカテゴリーのものは同じ場所に収納しておく。これで準備も楽になります」

ーー確かに、お部屋にもかわいい植物がいっぱい! しかも、この空間をうまく利用して美しく飾られている気がします。原口さんにとって、植物の魅力ってどんなところなんでしょうか?

132aaa49840167c48ca9ea3e76c386c0
とにかく、日々の成長を見守るのがとっっっても楽しいんです!山登りなどで3日間とか家を空けていると、「アイツがどれだけ成長しているかな~?」って、帰宅するのがものすごく楽しみで楽しみで。植物は、生きている。観察していると、彼らがもつ生命力をすごく実感するんですね。それに、グリーンは気軽にインテリアにもなりますし。

eac4492a405c8d2d7aa23ea9b54ce29c
b1c966233bc2c1649dba375c2b256ade
植物のアレンジもお手の物。このボタニカルボールは原口さんの作品で、「kerikeri(ケリケリ)」という名義で活動中。ウェブサイトで販売も行っているそう

f22a112199bc74ac7b9c73329a24f10f
サボテンには“魔除け”としての力を発揮する効果があるそうで、お守りとして飾ることも

8144ba13d9bf450487f362c1d69c749d
ときには、看板のボタニカルデコレーションを請け負うこともあるという

植物がもつ生命力の素晴らしさを、もっと多くの人に知ってもらいたい

ーーこれからやりたいことってありますか?

fc3c6a341eeb5e36d9b3b0413caaaa3c
もっと多くの人に、植物がもつ生命力や、植物の活用方法を知ってもらいたいと思っているので、積極的にワークショップを開催したり、イベントに出展したりして、ボタニカルアドバイザーとしての活動を行っていきたいですね。

まずはインテリアとして気軽に取り入れるのが一番だと思うので、ワークショップではいっしょに植物をアレンジして、植物とふれあってほしいです。

ーー「kerikeri(ケリケリ)」という名義で活動されているんですよね。

はい。直近だと、10月15日(土)・16(日)に静岡の大野路ファミリーキャンプ場で開催される「Feel EARTH 2016」という野外イベントに出展します。部屋やテントにも飾れるようなボタニカルボールを作るワークショップや、ちょっとした販売も考えているので、ぜひ遊びに来てほしいです!

それと、少し先の話にはなりますが、2、3月頃に、とあるジャンルの作家さんとコラボレートして面白いワークショップを構想中です。興味のある方は、ぜひわたしのウェブサイトをチェックしていただけたら嬉しいです。

日々、大好きな植物に囲まれ、成長を見守りながら、心地よい空間で生活している原口さん。
原生林が残る山を歩き、ニュージーランドの大自然を旅してきた彼女だからこそ、生み出せるボタニカルアートの数々。
今後も原口さんの活動に注目です。

「kerikeri(ケリケリ)」

Instagram:keri2plant

記事/.HYAKKEI
スライド1
.HYAKKEIは「自然を楽しもう!」をコンセプトに、暮らしと自然を楽しむ自然指向のライフスタイルプラットフォームです。日常の暮らしから休日のアウトドアまで、自然に触れる楽しさをお届けします。
ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.19

5分で作れる!簡単副菜『豆苗と油揚げのにんにく炒め』

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』