知るコト知るコト
家のコト 2016.10.15

秋のお散歩を楽しもう!『公園で宝物探し!』

さわやかな秋空が広がり、虫たちの声が涼しさを運ぶ心地よい季節となりました。
気持ちよく晴れた日は、秋の公園にお散歩や遊びに行ってみませんか?

秋の公園は、子どもたちにとっては宝の山です!
どんぐりや松ぼっくりなどの木の実や、赤や黄色に色づいた落ち葉は遊び道具になり、遊んでる間も、そして帰り道もずっと、宝物のように大事に持っていることもありますよね。
公園で体をいっぱい動かしたあとは、秋だからこそできる落ち葉遊びやどんぐり遊びを楽しんでみてください。

色とりどりの落ち葉で遊んでみよう

まずは落ち葉の上を歩いてみてください。
「カサッ、カサカサ」ととても良い音がしたり、たくさん落ち葉が固まっているところはふかふかの感触も楽しめます。大人も落ち葉の音が心地よくて、ついつい落ち葉を蹴りながら歩いてしまう・・・なんてことありますよね。

そしてたくさんの落ち葉は、集めてビニ-ル袋にいれると簡単クッションの出来上がり!
「これと同じ葉っぱがあるかな?」と一緒に落ち葉のカルタとりをしても楽しいですね。綺麗な色の葉っぱを見つけたら家に持ち帰り、紙に貼って落ち葉アートにするのもいいでしょう。
pic_1

色んな大きさのどんぐりで遊んでみよう

子どもたちに大人気のどんぐり。
小さいどんぐりから大きいどんぐりと、葉っぱの下や木の隙間から上手に何個も何個もみつけて、両手いっぱいになることも。たまに帽子がついたどんぐりをみつけると大人でもちょっとうれしくなりますね。

見つけたどんぐりは空き缶やゼリ―カップなどに入れるとガラガラやマラカスになったり、穴を開けてコマにしたり、たくさんのおもちゃに変身します。宝探し名人の子ども達にたくさん見つけてもらい、どんぐりを使った製作を一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。
pic_2

どんぐりから出る虫の殺虫・駆除方法

どんぐりは、子どもにとっては宝の山でも、虫嫌いの親にとってはちょっと困ってしまうことも。
拾ってきたどんぐりを空き瓶やビニ-ル袋に入れてそのままにしていると、白いイモ虫が湧いていた!ということはありませんか?
それは「ゾウムシ」の幼虫です。

どんぐりが青い頃に卵を産み付け、幼虫が中でかえるとどんぐりの実を食べ、出てくるのです。
穴が空いたどんぐりは、ゾウムシが出た後になりますのでもうゾウムシはいませんが、穴が空いていないのは注意が必要です。
だからと言ってどんぐりをすぐに捨てる必要はありません。
煮沸消毒をすれば大丈夫といいますが、もっと簡単な方法がありますよ!

1番簡単な方法は、どんぐりをきれいなビニ-ル袋に入れて1週間冷凍し、その後天気が良い日に袋から出して天日干しをします。冷凍死滅するので簡単に虫がいなくなりますよ。
その方法でわが家では一度も虫が湧いたことがなく、冬に雪が降った時には子どもたちが雪だるまの目や飾りに使用しています。
pic-3

それでもまだ気になるという方は、乾燥させてから木工用ニスで塗ると防虫対策は完璧になります。
ただし煮沸消毒と言っても電子レンジやオーブントースターで行うと、どんぐりの皮が爆発する恐れがあるので絶対に止めましょう。

秋の公園には子どもたちの宝物がいっぱい。
小さいビニ-ル袋を1枚持って、お散歩に出かけてみてくださいね!
集めた落ち葉やどんぐりを使ってのおままごと、お買い物ごっこなど、お子さんの好きな遊びを一緒にみつけてみてください。

記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
ママトコタイムは、赤ちゃんと一緒に美容室や整体院などにいける、イベント型“無料”保育サービスです。プロの保育スタッフが店舗内でお子様をお預かりするので、安心して子連れでご利用いただけます。

女性は出産・育児によって生活スタイルが一変し、子どもが生まれるまでは当たり前であったことが、子どもが生まれた途端当たり前ではなくなります。“ママのお出かけ”はその象徴的なものです。
子育ては1年、2年で終わりません。ママが笑顔で楽しく子育てをしていくためには、自分の時間、リフレッシュの時間はとても大切です。 ママトコタイムは、ママになったら諦めるのではなく、ママになっても”できる!”社会を目指し、ママが笑顔になることで家族の笑顔を増やしていけるよう取り組んでいます。
赤ちゃんと一緒に美容室や整体院などに行ける、イベント型無料保育サービス「ママトコタイム」
ママトコタイムFacebookページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』