得するコト得するコト
まめ知識 2016.10.16

知らぬ間に焼けているかも?『 スマホ・PCとシミの関係』

スマホやパソコンからでるブルーライトが、目によくないことは知られていますが、フランスで行われた研究により、日焼けの原因になることが判明したようです。夏に限らず、通年UV対策をしていても、なぜかシミができてしまったという場合、実はスマホやパソコンを見ているときに日焼けのような現象が起こり、シミにつながっていたのならば、驚きです。スマホやPCとの付き合い方考え直してみませんか?

ブルーライトは肌にも悪影響が

目にも肌にもよくないブルーライトとは、そもそもどのようなものなのでしょうか。
ブルーライトとは、波長が380~500ナノメートルの青色光で、可視光線のなかでもっとも波長が短いです。強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体を通り越し、網膜まで達するといわれています。400ナノメートル以下の可視光線は紫外線となりますが、ブルーライトは紫外線に近い波長を持っています。つまり、スマホやパソコンの画面を見ているということは、ずっと紫外線を見つめ、紫外線を浴びているのと同じような状態だといえるのです。
9e37f2b20b3ab49b8d2627f3971a7286_m

日焼け止め効果なし! 紫外線より怖いブルーライト

ブルーライトを浴びた目は、焦点が合いにくくなったり、物がかすんで見えたりすることが指摘されています。
フランスの研究チームは、波長415ナノメートルのブルーライトと、630ナノメートルのレッドライトが、肌に色素沈着を起こすかどうか実験を行いました。
結果、415ナノメートルのブルーライトを当てた肌は、3ヶ月間継続する色素沈着を起こすことが判明しました。これは紫外線が当たったときよりも強い色素沈着です。しかも紫外線用の日焼け止めを使用してもブルーライトには効果がないこともわかりました。

ブルーライトから身を守る方法はある?

紫外線よりシミの原因となるブルーライトから、身を守るにはどうすればよいのでしょうか。目には眼鏡をかけることができるが、顔を覆うことは難しいですよね。日焼け止めも効かないとなると、ブルーライトを軽減する方法を選択していくほかありません。
たとえば、iPhoneやiPadユーザーには、「ナイトシフト」という機能があります。
画面の色を調整する機能で、少し赤みがかった画面になり目への刺激の軽減とともに、顔への影響も和らげる効果が期待できます。また、Google Playブックスでは、電子書籍を読む際に「読書灯」という機能を選択してみましょう。夕方18時あたりからブルーライトがカットされ始め、徐々に画面が琥珀色へと変わっていくのです。

スマホやパソコンを使わないのは、今の生活においてはほぼ不可能といえるかもしれません。
移動時間や寝る前など、時間を見つけてはスマホを手にとってしまいがちですが、今後は目だけでなく肌のためにも、必要以上にスマホの画面を見つめないほうがいいのかもしれませんね。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料