得するコト得するコト
まめ知識 2016.10.20

内臓脂肪を分解&免疫力アップ! 『ラクトフェリンの体にうれしい効果』

赤ちゃんが好きな母乳には栄養がたくさん詰まっています。
ラクトフェリンとは母乳に含まれるタンパク質のことで、ヒトの初乳には100ml中600mgほど含有されています。実は涙、唾液、粘膜液や血液中にも存在し、免疫力の向上、炎症抑制やがん予防など、その働きは健康維持に不可欠なんですよ。そんなラクトフェリンの体にいいこと、解説していきます。
811cc8f7e96786a1734df1c202a3d71a_m

母乳に含まれるラクトフェリンとは?

とりわけ、ラクトフェリンの効果は、ビフィズス菌を増殖させて腸内をよい環境へと導くことで有名です。チーズや牛乳などの乳製品から摂ることもできますが、熱や胃酸に弱いため、食べ物からの摂取は少々困難であるともいえます。
1日の摂取量の目安は150~300mgといわれ、300mg摂取するには非加熱の牛乳を1リットル飲まなければならない計算になります。とはいえ、市販の牛乳は加熱殺菌されているので、サプリメントで摂るのが賢明なのかもしれませんね。

ラクトフェリンが内臓脂肪を減らす! ポイントは腸まで届かせること

ライオン(株)が、ラクトフェリンの有用性についての研究結果を発表しました。
ラクトフェリンのサプリメントを8週間摂取し続けたところ、内臓脂肪の面積が12.8平方センチメートル減少したという結果が報告されたのです。
腹部のぜい肉が気になる年齢層には、耳寄りなデータでもありますね。内臓脂肪とは、腸の周りにある脂肪細胞のことで、食べ過ぎ、飲み過ぎなど、無駄な栄養が脂肪になって蓄積されたもの。つきやすくもあるが、落としやすくもあるので、あきらめずに早めの改善が功を奏すのだとか。
ラクトフェリンは、脂肪を分解する酵素のリパーゼの働きを高め、脂肪が貯まることも防いでくれる優れもの。結果、内臓脂肪を落としやすく、つきにくくしてくれるのですね。

重要なポイントは、腸にきちんとラクトフェリンが届いているかということ。食べ物から摂取すると胃酸で分解されてしまうので、腸まで届くようにコーティングがされているサプリメントや食品を選ぶ必要があります。

ラクトフェリンが腸内環境を改善し、抗酸化力までアップさせる!

ラクトフェリンは、便秘、貧血、リウマチ、歯周病、花粉症、アレルギー、ドライアイ、インフルエンザ、ピロリ菌感染予防など、実に多くの身近な症状に有効性があります。
老化防止、美肌、うつ病の改善にも役立っており、腸内環境を整え、免疫力を上げる作用がこれらの効果につながっているのです。

またラクトフェリンには、抗酸化力に優れ、紫外線や電磁波、ストレス、加齢などによって生まれる活性酸素から身体を守ってくれる力もあります。摂取に際しては、副作用はほとんどないが、摂りすぎると腸の活動が活発になりおなかが緩くなることがあるのです。
乳アレルギーがある人、妊娠中や授乳中は医師に相談してから摂取するようにしましょうね。

腸内環境が整うと、新陳代謝が活発化して血流がよくなり、免疫力の向上や十分な栄養吸収によってさまざまな病気の症状が改善されることが、なにより嬉しいですよね。
ラクトフェリンは、現代人が健康を維持するうえで、意識したいもののひとつであるといえるでしょう。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類