得するコト得するコト
まめ知識 2016.10.27

一に「リラックス」、二に…『ぐっすり眠るためにすべきコト』

「仕事や育児で睡眠がうまく取れない、でも眠らないと明日がきつい」
こんな心の状態では、寝入ることは難しいですよね。でも、睡眠時間は人それぞれで、8時間が正解とか、短時間だと身体に悪いとかいうわけでもありません。それでは、何に意識を傾ければ良いのでしょうか。

睡眠時間の長短よりも、寝る前のリラックスを

翌日の日中に困らない程度であれば、睡眠時間じゃ許容範囲としましょう。
実際ヒトの身体は、若い時ほど眠りを欲し、歳をとるにつれ睡眠時間が短くなります。熟睡するためには、睡眠時間が短いことに気を遣いすぎるより、眠りにつく前にリラックスを心がけ、睡眠の質を高める方がよいのです。

そのためには、とにかく寝る前は、身体を興奮させないこと。
例えば、就寝1~2時間は、ゆったりとした音楽を聴く、入浴、アロマテラピー、ストレッチなど、刺激のない自分の好きなことをしてみます。また、就寝4時間前くらいからカフェインの摂取は控えるようにしましょう。ほかには、寝具やパジャマを、通気性がよく、快適で気持ちいいと感じるものを選ぶことが大切なのです。

リラックスで心をほぐしたら、次は「光」で快眠を誘う!

ヒトは、朝日を浴びて日中は活動し、食事で栄養を摂り、夜は暗い場所で休息する生き物。これが快眠へもつながるルールなのです。
「光」は、体内リズムを整え、睡眠の質を左右する大切なファクター。まず、朝起きたら日光で体内時計のスイッチを入れます。そして夜は急に照明を落とすのではなく、寝る2~3時間前から調整しておくようにしましょう。
スマホ、パソコン、テレビなどは、画面の光を見ているだけで眠れなくなることがわかっています。習慣づいている場合は思い切ってやめてみてはいかがでしょうか。難しい場合は、せめてブルーライトをカットする眼鏡の着用をしてみるのも◎。

部屋のカーテンを少しだけ開けておいて、朝の光が自然に入り込むようにしておくと、生体リズムに自然なスイッチが入りやすいです。睡眠に重要なホルモンのメラトニンは、光を浴びてから14時間後に分泌されるので、朝7時に光を浴びれば、夜の9時には分泌されることになるので、睡眠時に有効といえます。夜の熟睡には朝の行動が肝心なのですね。
417c8ec941036a65fd6a7792a95f141a_m

「食事」や「運動」も快眠のために必要な習慣のひとつ

朝は、朝食を食べて身体を活動モードに切り替え、一日のスタートをきるようにしましょう。
夜遅い時間の食事は、軽めにし、スープや消化によいものを選びます。量が多かったり、消化に負担がかかったりすると、睡眠の質を下げてしまうので気をつけるようにしましょうね。

朝や昼の運動習慣は、適度に身体を疲れさせ、熟睡を促してくれます。ただし、夜の激しい運動は逆効果になるので控えたいですね。また、寝る時間にかかわらず、起きる時間を変えないことがリズムをとるうえで大事なコツ。身体が覚えてくれるまでには2~3週間かかるので、続けてみると、かわってくるのかも。
それでもぐっすり眠れない場合は、医師に相談し、正しい処方をしてもらうことをおすすめします。なかには、睡眠時無呼吸症候群や、呼吸器系の病気、うつ病や生活習慣病がひそんでいる可能性があるので、早めの対処で気をつけていきたいですね。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

2020.09.15

きのこをたっぷり使って満足度アップ!市販のソースで時短メニュー『きのこのペンネ』

2020.09.14

万能!具沢山の作り置き調味料『旨だれ』

2020.09.14

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2020.09.13

【食育のコト】新米を楽しもう!

編集部おすすめ記事

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

2020.09.08

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

2020.09.07

手こねでシンプル『フワあま!ちぎりパン』

2020.09.06

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』