作るコト作るコト
料理 2016.10.23

牛乳より多いカルシウム?!『小松菜をつかった作り置きおかず』

江戸時代、将軍に気に入られ、献上する際に土地の名前を冠したことから名前がつけられたと言われている小松菜。東京の小松川(現在の江戸川区)がその名の由来なのだそうです。
そんな小松菜がおいしい季節を迎え始めました。
いろんな食べ方で、おいしさも栄養もたっぷり食べていきたいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

女性や子どもに嬉しい「小松菜」の栄養と保存方法

全国各地でさまざま呼び名ある小松菜には栄養もたくさん含まれています。中でもカルシウムと鉄分が豊富なのが特徴で、100gあたりのカルシウム量は、牛乳よりも多く含まれています。特に妊娠中の女性や育ち盛りの子どもには積極的に食べてもらいたい緑黄色野菜なんですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ただ、傷みやすくすぐに葉がしおれてくるのでなるべく早め使うようにしましょう。湿らせた新聞紙やペーパータオルで包み、冷蔵庫に立てて保存するのがポイントです。

【基本】小松菜の韓国風ナムル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
緑色のおかずのレパートリーはお弁当にあると重宝するもの。小松菜をさっと湯がいて和えるだけだからお手軽にできるのが嬉しいところ。そのまま食べてもおいしい韓国のりを使って旨味をプラス!野菜が苦手な方でも、韓国風に仕上げることで食べやすくなりますよ。

【材料】(2人前・3日分)

・小松菜 1束
・韓国のり1P(8枚分)
・ごま 大さじ1(すっておく)
・にんにく 1片
[A] 塩 小さじ1/2
[A] 砂糖 小さじ2
[A] ごま油 小さじ1
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【作り方】

【1】沸騰したお湯の中に分量外の塩を入れ、茎部分と葉部分に分けた小松菜を、茎部分→葉部分の順に時間差でさっと茹でる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【2】冷水にとり、水気を絞って食べやすい大きさに切る
【3】包丁の背でつぶしたにんにくと、[A]調味料、手でちぎった韓国のりを入れ全体を和える

【ポイント】

・にんにくは刻まずにそのまま入れることで調理時間を短縮します。味を全体に馴染ませるものなので、器に盛り付けるときは取り除きましょう

小松菜の韓国風ナムルでアレンジレシピ①
味付けなしでできる〜小松菜のふんわりボール〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
はんぺんの材料である白身魚の旨味があるから、味付けをしなくてもOK!フードプロセッサーがない場合は、ボウルの中でギュッギュッとそのまま手でつぶしても大丈夫ですよ。

【材料】(約ピンポン球6個分)

【基本】小松菜の韓国風ナムル 1人前
・はんぺん 1枚
・揚げ油 適量

【作り方】

【1】すべての材料をフードプロセッサーに入れ攪拌する

<フードプロセッサーがない場合>
〈1〉【基本】小松菜の韓国風ナムルを細かく刻む
〈2〉ボウルの中に【1】とはんぺんを入れ、手でつぶしながら全体を混ぜる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【2】油を180度に熱し、こんがりするまで揚げる

小松菜の韓国風ナムルでアレンジレシピ②
余ったらこれ!〜カリカリチキングリルの小松菜グリーンソースで〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鶏肉をグリルで焼くことで余分な脂が落ちてヘルシーに。更に、しいたけに含まれるビタミンDが小松菜のカルシウムの吸収を促してくれるので、効率良く栄養を摂取できますよ。野菜の旨味がつまったグリーンソースをかけて、お肉を罪悪感なくいただきましょう。

【材料】(2人前)

・鷄もも肉 1枚
・塩 適量
【基本】小松菜の韓国風ナムル 2人前
・しいたけ 2枚
・醤油 小さじ1
・みりん 小さじ1
・ごま油 小さじ1

【作り方】

【1】しいたけを500Wの電子レンジで1分加熱する
【2】すべての材料をフードプロセッサーに入れ攪拌する

<フードプロセッサーがない場合>
〈1〉【基本】小松菜の韓国風ナムルを細かく刻む
〈2〉すべての材料を混ぜ合わせる

【3】鶏肉を半分に切り、お肉を軽く叩いて平らにする(火の通りを均等にするため)
【4】魚焼きグリルで両面焼く(約9分)
(両面焼きのグリルの場合は、皮目を上にして焼く。片面焼きグリルの場合は、最後に皮目を焼くと綺麗に仕上がります)
【5】【4】を食べやすいようスライスし、【2】のソースをのせる

レシピ/OZmall

header-pc_logo

今年20周年を迎えたOZmallは「私の好きと出会う場所」をテーマに、グルメ・旅・ビューティ&暮らしのヒントを日々紹介します。

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

2020.09.15

きのこをたっぷり使って満足度アップ!市販のソースで時短メニュー『きのこのペンネ』

2020.09.14

万能!具沢山の作り置き調味料『旨だれ』

2020.09.14

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2020.09.13

【食育のコト】新米を楽しもう!

編集部おすすめ記事

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

2020.09.08

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』