知るコト知るコト
家のコト 2016.10.26

和漢の恵み『100%い草の粉末で健康な暮らしを』

野菜は大切。だからたくさん食べたい。
といことはわかっていても、なかなか料理の時間が取れなかったり、外出先してもほとんどのお店が野菜が少ない外食になってしまったりしませんか?
毎日の食卓の中で、無理なく野菜を意識してとっていきたい気持ちはきっと誰しもがもっているのではないでしょうか。

1日350g

健康を維持するために必要な野菜の量は、1日350gと言われています。その中でも、淡色野菜、緑黄色野菜、きのこや海藻、根菜類など種類によって野菜のもつ栄養はさまざま。だからいろんな野菜をまんべんなく摂取することが推奨されていますね。
575cecb9020ccca8e59ff80ed6a969b9_m

たっぷり野菜を食べるためには、3食の食事から

野菜を効率的に摂るには、まずは3食きちんと食べることが大切です。
「お味噌汁の中に具だくさんの根菜類を入れてけんちん汁のようにしようかな」
「たくさん食べられるように鍋物にしてかさを減らちゃおう」
そんな風に工夫してみると、案外しっかり食べられてしまったりするものです。

調理する時間がない場合は、野菜の煮物を買ったり、サラダ用のカット済み野菜を利用したりするのも手軽に摂る方法です。
それから、あまり知られていませんが、粉末状になった野菜のパウダーを利用してみるのもおすすめです。
13820592_943002302474905_360837078_n

野菜の粉末100%

<粉末にすることのメリット>
● 原料の持つ栄養素をあますことなく摂取することができる
● 食物繊維を最も多く残すことができる
● 消化吸収が早い
● 保管も、携帯にも簡単

100gあたりの食物繊維の量が77.6gも含まれている、粉末状の「いぐさ野菜」。い草と聞くと、畳の原料としてイメージが思い浮かぶと思いますが、実は昔から食用されてきた緑黄色野菜のひとつ。
食物繊維をはじめ、ポリフェノール、葉酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり含んでいるのです。

ほのかな甘い風味の国産い草100%

安全でおいしい野菜づくりをコンセプトに、有機肥料を主体とした、人にも自然にも優しい栽培法で育てられたい草。い草のもつほのかな甘い風味のほかに、ほっと心を和ませてくれるのは、そんな安心感や日本人が好きな畳の空間を思わせてくれるからかもしれません。

さらに、細かい粒のパウダーが体への消化吸収が良いのも嬉しいところ。食べる食物繊維と言っても過言ではないのかもしれません。
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3-01
牛乳やお茶に少し混ぜてみたり、ホットケーキや蒸しパンづくりに加えてみたり、今の食生活に少し加えてみると、不足しがちな野菜の摂取を無理なく助けてるはずです。

「野菜を食べなくちゃ!」
と気負いせずにのんびりと、まるで当たり前のように暮らしの中に溶け込んでいた畳のように、健康な暮らしをサポートしてくれるかもしれませんよ。

文/株式会社 モノフィールド
13150024_1010117755733895_320089512_n
ホームページ
私達は株式会社モノフィールドを、本当に良いモノやサービスを提供できる会社に育てていきたいと考えております。
この情報が溢れている現代社会に “価値あるものに正当な評価を” 得れるようにして行くことが使命であると考えています。
これからも沢山の方々と交流を持ちながら、発展して行きたいと思います。
IMG_2466

コメント

  1. Bucky より:

    Thanks for stopping by and thank you for all of your hard work to support me and other teachers in the classroom, my school has a very active pae-ctetranher organization and I feel incredibly supported and appreciated by them, life would terribly bleak without their support! Thanks! I too, I stopped by Susie’s place today and a few weeks ago, I read her post about her dad and advertising. have a great day and keep making your days count!

コメント欄


人気の記事

2021.03.07

ねぎたっぷり『万能!香味だれ』

2021.03.07

乳・卵フリー『桜と抹茶のスノーボール』

2021.03.05

新鮮な魚をおいしく豪快に!『カンパチのごま醤油和え』と『漁師丼』

2021.03.04

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2021.03.03

レンジで簡単!ひなまつりにも『いちごミルクプリン』

2021.03.01

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

編集部おすすめ記事

2021.03.07

食べるだけで腸活&エネルギ―補給もできちゃう『簡単甘酒ピクルス』

2021.03.06

【七十二侯のコト】第七侯「蟄虫啓戸」

2021.03.05

簡単!ふわふわ!栄養たっぷりな『納豆焼き』

2021.03.05

新鮮な魚をおいしく豪快に!『カンパチのごま醤油和え』と『漁師丼』

2021.03.04

ふんわり香る『桜のシフォンケーキ』

2021.03.03

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2021.03.03

「一人の人と添い遂げられるように」の願いを込めて。はまぐりを自宅で味わおう

2021.03.02

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2021.03.02

春を呼ぶ野菜、かき菜を美味しく手軽に食べよう『かき菜のペペロン炒め』

2021.03.01

【七十二侯のコト】第六侯「草木萌動」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類