作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.09.26

秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』

目次

LINEで送る
Pocket

少し肌寒さを感じる季節、秋が近づくと果物売り場にズラリと並ぶりんご。
最近では種類も豊富でさまざまな品種が売られていますね。その品種によってりんごの味の違いもそれぞれ全く違っています。シャキシャキとした食感のものから、酸味の強いもの弱いものなど特徴があるので、食べ比べしてお気に入りの品種を見つけるのも、秋の味覚の楽しみ方ですね。

腸からきれいに「りんご」に含まれるペクチンとは―『りんごをつかった作り置きおかず』

りんごの栄養として代表的なものの一つが「ペクチン」。これは水溶性の食物繊維で、体内でコレステロールなどを包み排泄させやすくする働きがあり、便秘の改善や高血圧予防、コレステロール値の改善などに効果があることがわかっています。
さらに、腸内の乳酸菌の生育を促して悪玉菌の活動を抑え、善玉菌を増やしてくれるので、下痢にも有効なのです。便秘にも下痢にも有効な果物「りんご」を食べて、腸からきれいになりましょう。

【基本】りんごのカラメル煮―『りんごをつかった作り置きおかず』

秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』りんごのカラメル煮
この時期につくりたい季節の手仕事。りんごのカラメル煮は料理だけでなく、定番のお菓子作りやヨーグルトに入れたり、パンにのせたりあらゆる料理に活用できます。たくさん作っても、きっと美味しくてあっという間になくなってしまうはずですよ。バター入りなので、冷蔵庫で4、5日を目安に食べ切りましょう。

【材料】りんごのカラメル煮(2人前・2日分)―『りんごをつかった作り置きおかず』

・りんご 2個
・砂糖 50g
・バター 10g

【作り方】りんごのカラメル煮―『りんごをつかった作り置きおかず』

【1】りんごの皮をむき種の部分を除いて1個を12等分に切る
【2】鍋に砂糖を入れ火にかけ、砂糖が飴状になりカラメル色になったところで【1】を入れる
【3】火にかけながら飴を絡めていくと、りんごから水分が出るので、透き通ってくったりするまで煮る
【4】最後にバターを入れて全体に絡める
秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』りんごのカラメル煮作り方

【ポイント】りんごのカラメル煮―『りんごをつかった作り置きおかず』

・ヨーグルトに入れたり、お菓子作りの材料としても◎
・そのままパンにのせたり、シナモンを振っても◎
秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』りんごのカラメル煮完成

りんごのカラメル煮でアレンジレシピ①

マイルドな甘酸っぱさが食べやすい〜フルーティーなドライカレー〜『りんごをつかった作り置きおかず』

秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』ドライカレー
甘くしたりんごを入れるので、子どもにも食べやすい甘口のドライカレーです。大きめにカットしたカラメル煮を入れると、シャキシャキとした食感と甘みが感じられてフルーティー。冷めても美味しいのでお弁当にももってこいです。

【材料】フルーティーなドライカレー(2人前)―『りんごをつかった作り置きおかず』

【基本】りんごのカラメル煮 1人前
・合挽き肉 200g
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1片
・生姜 薄切り2枚分

[調味料]
・カレー粉 小さじ2
・ケチャップ 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・胡椒 適量

【作り方】フルーティーなドライカレー―『りんごをつかった作り置きおかず』

【1】フライパンにみじん切りにしたにんにく、生姜、玉ねぎを油をひかずに炒め、蓋をしめて弱火で焦げないよう火を通す
【2】合挽き肉を入れ、中火にして炒める
【3】調味料を全て入れ全体を炒め、お好みの大きさに切った【基本】りんごのカラメル煮を入れ、更にとばすように炒める

【ポイント】フルーティーなドライカレー―『りんごをつかった作り置きおかず』

・合挽き肉を入れたときに多めの脂が出るので、玉ねぎを炒めるときは油をいれずにヘルシーに仕上げます
・大人向きにはクミン・コリアンダー・ガラムマサラなどのスパイスと唐辛子をいれると奥深い味わいになります
・りんごのカラメル煮は、大きめに切るとりんごの食感を楽しめます

りんごのカラメルソテーでアレンジレシピ②

甘い+しょっぱいは最強コンビ〜りんごと生ハムの春巻き〜『りんごをつかった作り置きおかず』

秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』春巻き
そのままの組み合わせでも十分においしいけれど、お弁当向きの春巻きレシピ。くるくるっと巻いて揚げるだけだからコツも必要なし!なおかつ食べやすいので、お弁当だけでなく、ホームパーティーなどおもてなしの機会にもおすすめですよ。お好みでチーズを加えても相性抜群!

【材料】りんごと生ハムの春巻き(春巻き3本分)―『りんごをつかった作り置きおかず』

【基本】りんごのカラメル煮 1人前
・春巻きの皮 3枚
・生ハム 6枚
・揚げ油 適量

【作り方】りんごと生ハムの春巻き―『りんごをつかった作り置きおかず』

【1】春巻きの皮を広げ、中央よりも少し手前に、生ハムと【基本】りんごのカラメル煮を2切れ置き、くるくるとたたむように巻く
【2】水で溶いた小麦粉のりで巻き終わりをとめる
【3】180度に熱した油できつね色になるまで揚げる
秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』春巻き作り方

【ポイント】りんごと生ハムの春巻き―『りんごをつかった作り置きおかず』

・中身のカラメル煮の量はお好みで増やしても良いでしょう
・中身が出ないように小麦粉のりでしっかりとのり付けしましょう(中身が出ると油がはねて危険なので注意しましょう)

レシピ/OZmall

header-pc_logo

今年20周年を迎えたOZmallは「私の好きと出会う場所」をテーマに、グルメ・旅・ビューティ&暮らしのヒントを日々紹介します。

その他のおすすめ記事

りんごの甘みと酸味が食べやすい『りんご入りキャロットラペ』

りんごの甘みと酸味が食べやすい『りんご入りキャロットラペ』

お弁当をもってピクニックに『さつまいもを使った作り置きおかず』

お弁当をもってピクニックに『さつまいもを使った作り置きおかず』

お弁当アレンジもできる『かぼちゃをつかった作り置きおかず』

お弁当アレンジもできる『かぼちゃをつかった作り置きおかず』

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.09

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』