得するコト得するコト
まめ知識 2016.11.13

意識して噛もう『噛むことで肥満対策・ 認知症予防・美肌効果』

「一口食べたら30回噛みなさい」
小さい頃、そんな風に言われた経験はありませんか?
そんなに噛めないよ…と感じていた方も多いかもしれませんが、実はあながち間違ってはいないようですよ。それよりも意識して噛むことで、いろんな嬉しい効果がありそうです。

早食いは肥満のもと、「ひとくち30回噛む」が理想

食べるのが早いとBMI値(肥満度)も高いという疫学調査があります。さらに、お腹いっぱい食べる習慣のある人はもっとBMI値が高くなると言われています。

早食いや食べ過ぎを防ぐには、ゆっくりよく噛む習慣が療法のひとつです。
脳内には食欲を抑える作用をもつ神経ヒスタミンという物質があり、噛むことで活性化され食べ過ぎを防ぐことができます。さらに神経ヒスタミンは、エネルギーを消費する働きもある優れもの。肥満防止策として、よく噛む行為は有効なのです。
ひとくち30回咀嚼するのが目安だが、常に行うのはなかなか難しいですよね。策をあげると、食事メニューを和食中心にし、食物繊維が豊富な海藻、きのこ、根菜、魚介などを摂ると咀嚼回数が自然と多くなります。また、食事中に飲み物を飲むと、噛まずにすんでしまうので避けたほうがよいのです。
b4d075ed7d0ccae7b4d4dc85724488d0_m

よく噛むと脳の血流が増加! 記憶力やストレスにもよい効果

消化器にとって咀嚼行為が大切なのはいうまでもありませんが、脳にもよいことが分かっています。
顎の動きが脳に伝わると、酸素が脳に送り込まれて血液量が増えます。血流がよくなると味覚をつかさどる孤束核、記憶に関わる海馬、ストレスを判断する扁桃体、自律神経の中枢の室傍核に影響がもたらされ、脳の発達や、認知症で低下する思考や学習にかかわる前頭前野の活性化につながるのです。

ほかには、繰り返し噛むことで自律神経が整って、精神安定作用のあるセロトニンの分泌が高まるなど、咀嚼のもたらす効果は想像以上なのです。ガムを噛むだけでもリラックス効果や、記憶力が向上する研究結果もありますから。

唾液には、活性酸素抑制や老化防止のパワーがあった!

よく噛むことで、唾液が分泌されます。
その唾液には、嚥下、消化を助ける以外にもさまざまな作用があります。たとえば、母乳にも含まれるラクトフェリンや免疫グロブリンという抗菌因子をもっていて、細菌の侵入や増殖を阻止しています。また、唾液中にはオクラや納豆に含まれるムチンもあり、食べ物の細菌をからめとって口のなかから排出させる役割もあります。さらに、唾液には抗がん作用もある。唾液に含まれるペルオキシターゼ、カタラーゼ、アスコルビン酸などの成分が、焦げた食べ物や、タバコのヤニの発がん性物質が発生させる活性酸素を減らしてくれるのです。

ほかにも、筋肉や骨の発達を促したり、白内障の進行を遅らせたりする成分のパロチンや、成長ホルモンの刺激を受けると分泌される成長因子IGF-1も存在し、身体の回復作用を高め、美肌や若さを保つ働きがあるのだから驚きです。よく噛んで唾液を出すことが大切なのです。
e8179a18505267aea79563293f1474c5_m
思った以上に脳や身体に影響している咀嚼。
肥満や免疫力低下を改善するために、まずはしっかりした歯でよく噛むこと。噛むことで病気に強い身体を作り、若さと健康を保てるのだから、いまから早速始めてみませんか?

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』