得するコト得するコト
まめ知識 2016.11.20

美容・健康・女性の味方『ミドリムシのもつすごいちから』

最近、サプリメントや飲み物、だけでなく、お菓子やパンなどで見かけるようになった「ミドリムシ」。
「え?食べ物にムシ?」と感じている方、小学生の頃の記憶を辿って、今一度「ミドリムシ」について知ってみませんか?

ミドリムシは59種類もの栄養素をもっている!

最近、サプリメントや飲み物、お菓子やパンなどで見かけるようになった「ミドリムシ」。学名をユーグレナといい、その正体は、5億年以上前からある「藻」の一種です。
もちろん食べても問題はないのでご安心を。淡水に生息し、植物のように光合成をしているが、動物のように動くことができる珍しい微生物なのです。
わずか0.05mmの全長ながら、多くの働きと可能性をもっている「ミドリムシ」。では、ヒトが体内に取り入れることで、どんなメリットがあるのでしょうか。

注目すべきは、なんと言っても栄養価の高さ。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など59種類の栄養素を持っており、これは、人が生きていくうえで必要な栄養をほぼ満たしています。仕事が忙しくて食事が偏りがちな現代人にとっては、これひとつで栄養バランスをサポートとしてくれるという、心強い存在なのです。

栄養価が高いだけじゃない、ミドリムシなら吸収率がスゴイ!

本来、植物は細胞壁から、動物は細胞膜からなりますが、ミドリムシは植物の栄養素をもちながらも、細胞壁ではなく細胞膜でできている珍しい生き物です。

ヒトは、植物から栄養を摂取するとき、細胞壁に対する分解酵素をもっていないため、消化効率が悪く、栄養を吸収しづらくなる。しかし、細胞膜で形成されている動物の栄養素ならば、効率的な吸収を行える。そこで、細胞膜でできているミドリムシを身体に取り込めば、植物性栄養素であっても、吸収率の高さを実現できることになります。ちなみに、植物性栄養素の消化率は40%程度だが、ミドリムシで摂取すれば、なんと93.1%にもなるのです。植物性、動物性の二種類の栄養素を、高い吸収率で摂取できるのは、大きな特徴でありメリットなんですよ。

また、ミドリムシには、不要物を排出してくれるデトックス作用、尿酸値を上げるプリン体の吸収抑制、オリゴ糖より乳酸菌を活性化するなどの作用が認められています。ミドリムシの持つパワーは、知れば知るほどスゴイの一言に尽きますね。

女性の味方!お肌ぷるっぷる、髪はツヤッツヤ

ミドリムシは、サプリメントや食べ物だけでなく、肌に塗ることができる化粧水、クリーム、頭皮用美容液などとしても商品化されています。
紫外線防御効果、肌にハリをだす皮膚の繊維芽細胞の増殖、コラーゲンやヒアルロン酸の助成、アミノ酸による髪の修復作用などの効果があり、これらを応用した開発が進んでいます。さらに、血糖値コントロールや脂肪燃焼、筋線維や骨量の増加にかかわるアディポネクチンというホルモンの分泌を促すことが分かっており、アンチエイジングの面からいっても魅力的なのです。
d83dbed6c463c66cae9e50608c668c7c_m
サプリメントや食品、化粧品や頭皮・毛髪ケアなど、さまざまな形で健康維持に役立つミドリムシ。東京大学をはじめ、国内の大学研究機関で研究や開発も行われており、その効果はお墨付き。
「え?ミドリムシ?!」から、「すごい!ミドリムシ!」と感じましたか?

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類