知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2016.11.04

収穫の秋!奥が深い『お芋掘りのおはなし』

LINEで送る
Pocket

秋といえば、お芋掘りをはじめ、栗拾い、落花生掘り、紅葉狩り…などなど、いろんな「堀りもの」「狩りもの」などを楽しめる収穫の季節ですよね。
中でもサツマイモ掘りは、多くの幼稚園や保育園(場合によっては小学校でも)で実施されている身近な収穫体験。
例年、お芋掘りから帰ってきた子どもたちのどろんこ服と、大量のお芋の消費対応で「来たか、芋。。。」と言わざるをえない状況でしたが、今年は家族そろっての芋掘りの機会に恵まれ、私自身、新たな発見が多く、子どもだけにやらせるのは少しもったいないなと思う程でした!

よーいどん!で家族総出のサツマイモ掘り

我が家は小学生低学年長男と、幼稚園年中の娘、夫と私の4人家族。
家族総出の芋堀りのきっかけは、先日アットホームなキャンプ場へ出かけた時のこと。オーナーが農場も運営されていて、「無料の芋掘り体験+獲ったお芋はお土産に!」という魅力的なご案内があり、参加させていただくこと。用意してくださったビニール手袋をはめて(軍手だといつも土を触った後に肌荒れしていたのですが、それが無かったのでおすすめです!)、あらかじめ掘りやすいように葉が取り除かれてある畝(うね)に並び、一人一株ずつ、「よーい、どん!」と掘り始めます。

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

いきなり引っ張ると根が切れたり、お芋が折れてしまうので、茎をたぐって当たりをつけ、お芋を見つけたら形と大きさを確かめながら、丁寧に掘り出していきます。オーナーの解説によると、雨が多い年はお芋が縦に深くもぐって育つのだそうで、今年の雨量のおかげで20センチも掘り進んでやっと出てくるお芋もあった程でした。
「あったよ!見て見て!!」
と誇らしげな子どもたちの顔に、私も負けじと夢中になってしまいます。ひんやりとした土の感触、匂い、土やお芋の色合いを感じながら、宝物さがしのように一喜一憂する時間。ひとしきり掘らせてもらって、渡された白いビニール袋はいっぱい!後で数えてみたらなんと28本も!どうりで重かったわけです。

収穫の後の正しい保存方法

オーナーにお礼を言ってお別れをし、うちに帰ると早速、アドバイス通りに処理をします。
長男と大量のお芋を大きなたらい(は無かったので、プラスチックのインテリア用カラーバケツ)に入れて、外の水道でガラガラと洗います。「お芋ってこういう風に洗うから、芋洗いって言う言葉があるんだよ。真夏のプールとかこんな風にいっぱいになってるときは、『芋洗い』って言うんだよね〜」など豆知識を伝授しつつ。
洗った後は新聞紙を広げた上に濡れたお芋を並べて、天日で1日乾かします。1日干すことで味が良くなり、日持ちも良くなるんですって。冷蔵庫に入れずにダンボールか紙袋に入れておけば、数ヶ月は日持ちするということでした。

お芋の生命力

さて、芋掘りを満喫した長男は、オーナーに教えてもらったサツマイモ栽培に興味津々。「つるを適当なところで切って、それを土に植えるだけで根っこが生えて芋が育つ」ってご存知でしたか?
もの凄い生命力ですよね。せっかくなのでその興味を深めるべく、学研ニューワイド百科辞典マルチメディア図鑑(両方に載っていました)でサツマイモの特性について調べて、納得を深めていたようでした。興味を持ったときに、どこにいても気軽にすぐに調べられるのがデジタル辞典の良いところですね!さて、お芋は無事育つでしょうか?
%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-2

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
親子で一緒に盛り上がった秋の収穫体験!同じ時間を共有することで、私自身も子どもの気持ちに帰ることができたと同時に、子どもと同じ目線から改めて子どもの好奇心の強さや集中力、心から楽しむ姿を見つめることができた充実した時間となりました。皆さんもぜひ一度体験してみて下さいね!

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』