得するコト得するコト
美容 2016.11.10

今日は完全に食べ過ぎたかも『そんな次の日にやりたいこと』

いつもはちゃんとセーブしているのに、ついうっかり食べ過ぎてしまった…
そんな事ありませんか?
ストレスが溜まってつい食べ過ぎた、友達が美味しそうに食べていたからつい自分も…。なんて、ことあるかと思います。
その時は食べても、食べ過ぎてしまった次の日は後悔してしまいますよね。

食べ過ぎてしまった時はしょうがない…
でも、そんな食べ過ぎた次の日でもこれだけはやっておきたいポイントに気を付けて、食べ過ぎてしまっても後悔しないライフスタイルにしましょう。

「食べ過ぎた次の日は食べない」はNG!?

「食べ過ぎた次の日は食べない」はNG!?|「今日は完全に食べ過ぎた…。そんな次の日にやりたいこと」の1枚目の画像
前日にたくさん食べ過ぎてしまったけど次の日は朝や昼を抜けば大丈夫だろうと思っていませんか?
実は次の日の食事を減らしたからといって意味が無いのです。

むしろ食べないことが逆効果になってしまう可能性があります。
基本的に物を食べてからそれが脂肪に変わるまでには48時間、およそ2日間もの時間が掛かります。

鍵をにぎるのは肝臓

脂肪に変わるまでの2日間、脂質や糖質はどこにいるのか?
それは肝臓です。

食事を抜いたところで肝臓にいる脂質や糖質はどうすることもできず、そのまま2日後に脂肪として体についてしまうのです。
また、食事を抜いてしまうことで代謝が悪くなったり、空腹時間が長引いてしまったりすることによって血液中の血糖値が上がりやすくなります。
血糖値は低下することで脂肪を燃焼しやすくするので食事を抜くことは止めておきましょう。

食べ過ぎた次の日にオススメの食材は?

食べ過ぎた次の日は食欲があまり無いという方もいらっしゃいますが、ここで食事を抜いてしまうと上記のように、逆に代謝を低下させることにつながってしまいます。
そのため、朝食は抜くのではなく野菜中心にしてカロリーを抑えた食事にすることが大切です。
02ded6b5b5fdfdd530169b9051863eca

食物繊維、カリウム、EPAを重視した食材を

食べ過ぎた次の日にオススメの食材は?|「今日は完全に食べ過ぎた…。そんな次の日にやりたいこと」の4枚目の画像
野菜にはカリウムや食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維が多く含まれていることで咀嚼数が増え、満腹感も十分得られ、さらに排便のサポートもしてくれます。

カリウムは体内の水分を調整し不要な分は排出を促すため、むくみにも効果的です。

野菜以外にも代謝をアップさせる食材を一緒にとると良いでしょう。
例えばマグロやカツオ、アジ、サバといった青魚は脂肪燃焼を助けるEPAを豊富に含んでいるためオススメです。

焼き魚なら油を使わずヘルシーなので、カロリーを抑えながら代謝アップにつなげることができますよ!

代謝促進にストレッチやヨガを

脂肪がつかないようにするには代謝をアップさせることはとても重要。
代謝を促進させるためにはストレッチやヨガなどがオススメです。
ストレッチやヨガなどは呼吸法と合わせることにより、体の代謝をアップさせることができます。
食べ過ぎのせいかお腹が痛くてあまり動けない、運動があまり得意ではないという方は、ストレッチやヨガといった軽い運動だけでも十分代謝アップにつなげることができるので、ぜひ試してみましょう。
51396ec79d2435ab7d2f1f483dcfce08
今回ご紹介したように食事を抜いてしまうと代謝低下につながり余計に脂肪が蓄積されてしまう場合があります。
食べた分を脂肪に変えないためにも、野菜や青魚を使った食事、代謝促進のためのストレッチやヨガといった軽い運動を行なうようにしましょう。
そして何よりも、食べ過ぎないように気を付けていきたいですね。

記事/Me times
13020475_908061889304828_2064966987_n
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

編集部おすすめ記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.08.04

簡単!ひんやり和デザート『ミルク水ようかん』

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~